懐かしの名看板のトップを飾るのはこの人しかいないでしょう。
あの、「巨人の星」のCMに必ず登場していた大村崑さんです。ミルクセーキがどんな飲み物か知らない少年たちに向かって、「オロナミンCでミルクセーキを作るととてもおいしいですよ」と言っていてちょっと無理がありました。(^。^)
期間限定:オロナミンC特別展開催中!
                       撮影 静岡県静岡市

私は、このおばあちゃん(浪花千栄子さんです。)にとっても会いたかったのです。しかし、残念ながら静岡県中を探し回ってもどこにもありません。はっきり言ってあきらめてました。
ところが、この夏、佐久市のそれはもう細い細い路地で運命の出会いをしてしまいました。涙が出るくらい嬉しかったです。(T_T)(ちょっとオーバー!)
今は、オロナインH軟膏の時代ですから、ただのオロナイン軟膏は、もう売っていないですね。
  由美かおるさんのアース渦巻です。丸版と四角版がありました。
子供心に、この、おみ足が妙になまめしかったのが記憶にあります。
                       撮影 静岡県静岡市
故水原弘さんが、シューと吹いていた、ハイアースです。レコード大賞も受賞した大歌手ですが若い方はご存知ないかもしれません。だいたい、上の由美かおる丸型バージョンと、で飾られていることが多かったようです。
                       撮影 静岡県静岡市
時の流れとともに、古い看板は姿を消していく良い例がこれです。上に並んでいる大塚食品グループの一つである、ボンカレーの看板ですが、看板の前の植木がすっかり成長してしまい、真冬の葉のない時期でさえ、これだけで精一杯です。きっと夏場は何も見えなくなってしまっているのでしょう。このボンカレーの看板は静岡県内で、見つけることがかなり困難になってきています。右は、清水市で発見した、きちんと写っているバージョンです。一番右は、お店に貼ってあるステッカーです。王選手の若さが眩しいですね。
                        撮影 静岡県三島市
ご存知、ぺこちゃんのかなり古いヴァージョンです。現在のぺこちゃんが右のものですから、時代とともに顔かたちが微妙に変わってきているのがわかりますね。
そう言えばミルキーは、無理矢理かんでよく奥歯に引っかかって困ったものでした。でも、今食べてもとても懐かしい味ですね。
                        撮影 岐阜県高山市
金鳥の蚊取り線香の看板は、結構どこへ行っても目にすることができましたが、このライオンの看板は有りそうでないのですね。形も金鳥と
同じひし形で、蚊取り線香界では王者の金鳥にライオン(こっちは動物の王者だ!)が真っ向勝負してやろうという意気込みが感じられる看板です。ところで、私はまだ静岡県内で金鳥の看板を発見することができません。とほほ・・・。どなたかご存知の方がおられましたらぜひお知らせください。                     撮影 静岡県三島市
これは、花王シャンプーのかなり前のころのものです。右読みの看板なんて、もう見つけることはほとんど不可能ですね。
福助でございます。足袋ならやっぱり福助でございますう。


ご意見・ご感想はこちらまで
  jsbar@ny.thn.ne.jp