HOMENewジュエリーの豆知識KenWest

ピルケース・ジュエリー通販のKenWest-Jp.Com

ジュエリーの豆知識

目次 金属アレルギー ジュエリーのケア モース硬度表 弱点別の宝石分類 お手入れ表
backジュエリーの豆知識へ戻る

金属アレルギー

金属アレルギーって? 普段身につけているジュエリーや日用品に使われている金属が、汗や体液でわずかですが溶けて、体内にイオン化した金属が入り、次に、同じ金属が接触すると拒絶反応を起こし、皮膚がかぶれる状態を言います。
どんなとき起こるか? 一番起こりやすいのは、ピアスを初めてつけるときです。指輪は厚い表皮で体内に入りにくいのですが、ピアスは皮膚を貫いて皮下組織に金属が直接触れるので、拒絶反応を起こしやすいのです。
金属アレルギーは誰でもかかるというわけではありません。
 まず金属が、汗や体液で溶け出しやすい金属かどうか。
 着けている人がどれくらいの頻度でその金属に触れるか。最初の接触でアレルギーがでる場合もありますが、何十年にもわたって繰り返しているうちに起こることもあります。
 その金属に触れる条件。汗を多量にかく夏は冬よりも起こりやすいと言えます。また、その人の体質、汗をかきやすいとか、角質層の厚いとか薄いとかによっても違います。
 これらが複雑に組み合わさって、アレルギーが引き起こされます。全く引き起こさない人もいるのです。
アレルギーを起こしやすい金属
アレルギーを引き起こしやすい金属



引き起こしにくい金属
ニッケル、コバルト、クロム
亜鉛、マンガン、銅
銀、プラチナ、金
チタン
金は溶けにくい金属です。指輪やネックレスのように、普通に皮膚に接触するくらいではアレルギーは起こりにくいのです。
ピアスは皮膚に穴を開け、金と皮下組織が直接接触し、体液にさらされる条件が揃っています。
金属アレルギーにならない方法。 @アレルギーを疑われる人は身につけない。(医者でバッジテストをしてみる)
Aピアスを不衛生な環境で使用しない。
 清潔と消毒を間違えて、消毒しすぎによるかぶれなどの炎症もあり、さらに悪化させる場合もある。
Bピアス素材の選択にも気をつける
 金、銀、プラチナもアレルギーを引き起こさない金属ですが、チタンが一番安全と言われています。
 ピアスポストの長さも重要で、耳たぶの厚い人が短いポストのピアスを使うと常に圧迫されてアレルギーを引き起こす原因を作ります。
TOPへ

ジュエリーのケア

@ 傷を付けないために宝石箱への収納は細心の注意をして!
硬いと思われる石も、種類によっては硬度も異なり、割れやすかったり、かけてしまうこともある。
宝石箱の中でコツコツぶつかり合うようなことは絶対にさけたい。
硬い石と軟らかい石がぶつかれば、軟らかい方に傷が付く。
高度の低い石は、ドアの取っ手や電車、バスなどの金属部分にふれあうことで傷が付くこともある。
スポーツなど活動的な行動の際は宝石を身につけない。
A 宝石の弱点を知って汚れをためないお手入れを!
身につけたジュエリーは脂じみたり汗で汚れるので、はずしたらしまう前に、シリコンクロスやセーム革で汚れを拭き取る。
長い間には汚れがたまるので家庭で出来る手入れをする。
 洗面器に中性洗剤を2,3滴垂らし、軽く振り洗い、汚れが目立つところは歯ブラシで軽くこする。
 洗剤を洗い流すときも必ず洗面器の中で行う。うっかり排水溝に宝石を流す危険があることに注意。
 最後に軟らかい布で丁寧に水分を拭き取る。
宝石の中には水分を嫌う性質のものがあることに注意。(オパール、真珠、トルコ石など)
特に真珠は注意が必要。汗、果汁、酢、ソースなどの食品、香水、マニキュア、除光液などの化粧品、漂白剤、トイレ用洗剤など十分注意が必要。
ダイヤも脂になじみやすいので指紋をつけたままにしておくと、とれにくくなる。
オパールやトルコ石は多孔質でそれ自体水分を含んでいるため乾燥は大敵である。
B 石だけでなくチェーンや細工のケアも忘れずに!
ゴールドのチェーンを使ったネックレスは、汗やホコリで表面が酸化して色つやが悪くなる。これを家庭でケアするには、市販されているクリーナーを使えばよい。
ただし、パールなどは水で洗えないし、ネックレスなどは糸でつないであるので水洗いは厳禁だ。
超音波洗浄機など便利なものもあるが、高度の高い宝石でも希にヒビが入ることがあるので注意を要する。
硬度の低いものはもちろんのこと、内包物の多いエメラルド、多孔質のオパール、トルコ石、トパーズは超音波洗浄は厳禁だ。
TOPへ

モース硬度

硬度 標準鉱物 宝石例
10 ダイアモンド
9 コランダム ルビー、サファイア
8.5 アレキサンドライト、クリソベル、キャッツアイ、
8 トパーズ スピネル
7.5 ガーネット、エメラルド、アクアマリン、ジルコン、トルマリン
7 水晶(石英) アゲート、オニキス、カーネリアン、ブラッドストン、硬玉(ジェーダイト)
6.5 軟玉(ネフライト)、(ナイフの刃)
6 正長石 トルコ石、オパール、ムーンストーン
5.5 ラピスラズリ、(板ガラス)
5 燐灰石(アパタイト)
4 ホタル石(フローライト) マラカイト(孔雀石)
3.5 アズーライト
3 方解石(カルサイト) 真珠、さんご
2.5 ジェット、貝殻、象牙、こはく
2 石膏(ジプサム)
1 滑石(タルク)
TOPへ

弱点別の宝石分類

キズに注意したい宝石 割れやすい宝石 火に近づけたくない宝石 汚れがたまりやすい宝石 果汁、薬品、化粧品に注意したい宝石 水が内部に染み込み変色しやすい宝石 光線に弱い宝石 虫に弱い宝石
エメラルド エメラルド すべての宝石が当てはまる ダイヤモンド
オパール オパール オパール
トルコ石 ムーンストーン トルコ石 トルコ石 トルコ石 トルコ石 トルコ石
真珠 トパーズ 真珠 真珠
べっ甲 マラカイト トルマリン マラカイト アマゾナイト
アマゾナイト 象牙 象牙
クンツァイト クンツァイト べっ甲
タンザナイト アメシスト
など など など など など など など など
TOPへ

宝石貴金属のお手入れ表   ◎効果的な洗い方 ○安全 ▲避けた方がよい ×避ける

お手入れ方法 熱湯 35度C温湯 ベンジン・シンナー類 中性洗剤 超音波洗浄 刷毛洗い 乾拭き
宝石貴金属名
ダイヤモンド
ルビー
サファイア
アレキサンドライト
クリソベルキャッツアイ
スピネル
トパーズ ×
エメラルド × × × ×
アクアマリン ×
ジルコン
ガーネットグループ ×
アメシスト ×
シトリン ×
めのう ×
ストーン・カメオ ×
トルマリン
ペリドット ×
ゾイサイト ×
ジェーダイト(ヒスイ) × ×
ネフライト(ヒスイ)
クンツァイト × ×
アンダリュサイト
アマゾナイト × × ×
ムーンストン × ×
ロードナイト ×
トルコ石 × × × ×
ラピスラズリ ×
オパール × ×
真珠 × × × × × × ×
さんご × × ×
こはく × × ×
象牙 × × × × × × ×
べっ甲 × × × × × × ×
マラカイト × ×
ホワイトゴールド
プラチナ
熱湯 35度C温湯 ベンジン・シンナー類 中性洗剤 超音波洗浄 刷毛洗い 乾拭き
TOPへ