【ヤ行】


YA(ヤングアダルト)スター 予告編(トレーラー)
大人びた若手スターのことで、’80年代のブラット・パックに代わって、’90年代に登場してきた若手スターの総称。レオナルド・ディカプリオやウィノナ・ライダーなど。 映画のハイライト・シーンやいつから上映されるのかといった情報を入れた抄編。ロードショー公開前や、ビデオリリース前に、プロモーション用としてつくられる。通常1分足らずで、テレビ用やビデオ用など数パターンが用意される。

【ラ行】


ライン・プロデューサー ラッシュ
プロデューサーが複数存在する場合、金の出入りを総括する立場にある人のこと。主に製作費の調達と現場での金の使い道をコントロールする。 撮影されたフィルムを現像してすぐの未編集のフィルムのこと。通常、このラッシュを見てシーンのよしあしを判断し、必要があれば撮り直しなどを決める。
リーレコ リテイク
整音のこと。撮影中に同時録音された音や後から加えられた音を調整し、サウンド・トラックに録音し直す。 撮り直しのこと。あるシーンを撮影したものの、ラッシュを見たり、本編集の段階でどうしても気に入らず、同じシーンを再び撮るということ。
リメイク ルビッチ・タッチ
同じ物語(題材)を使って、異なったスタッフ&俳優で新たに映画を製作すること。誰もが知っているタイトルなどの名作をリメイクすることで、宣伝費を安く抑えられるなどの利点がある。映画監督によっては、若いときに撮ったのが気に入らず、後年、撮り直すパターンもある。 ’30年代から’40年代に艶笑コメディの名手とうたわれたエルンスト・ルビッチ独自の演出法。ソフィスティケイテッド・コメディとも呼ばれ、あからさまにセックス・シーンを見せることなく、男女の情愛をゴージャスかつエロティックに描いて見せた。
レイトショー ロードショー
一般に、映画の上映は午後7時台で最終回を迎えるが、都会人の生活リズムに合わせ、夜9時ごろから1回だけ上映するスタイル。日本で発明され、定着した独自の公開方式。 ヒットが見込まれる大作映画が行なう上映方式。たくさんの劇場を使って、1本の映画を一挙に同時上映する。ミニシアターと異なり、日本では全国9大都市などで一斉公開する。
ロード・ムービー ロケーション
ある地点から他の地点への旅を描く映画。途中でめぐり会う人や、発生する物語が描かれる。 映画の背景となる場所のこと。撮影場所を選ぶことをロケーション・ハンティング、通称ロケハンと呼ぶ。
ロング・ショット
人物などを撮影する際、ひざ上から頭までがフレーム内に収まるようにオーソドックスに撮るのではなく、はるか遠くから、人物の全身からそれ以上が入るように撮ること。遠景。


BACK