萩尾 望都

作品1(萩尾望都作品集・第1期)




1.ビアンカ <初期短編集(1)>

オススメ度:★★★

 初期短編集.デビュー作『ルルとミミ』(1969年2月),『すてきな魔法』(同年3月),『クールキャット』(同年11月),『爆発会社』(同年10月),『ビアンカ』(1970年5月),『ポーチで少女が子犬と』(同年8月),『ベルとマイクのお話』(同年12月),『雪の子』(1971年1月),『千本目のピン』(1973年1月)の9編収録.
 一読して,デビュー年の1969年の作品と翌 '70年の作品とでは,作者の力量が急速に上がっている事が感じられます. '69年の作品はまさに少女漫画然としたコメディ・タッチのもので,この時期の少女マンガの多くがそうであったように,正直言って,読んでいて少々退屈してしまうのですが, '70年以降の作品では,後の『ポーの一族』・『トーマの心臓』にも通ずる作者独特の世界の構築が始まった事が感じられます.このセンスの良さは,従来の少女マンガ家たちにはなかったもので,まさにこの時期に,作者の才能が花開いた事を如実に物語っています.特に『ビアンカ』と『雪の子』の2編は,後の作者の作品の原点とも言うべきもので,ぜひ読んでおきたい作品であると思います.

2.塔のある家 <初期短編集(2)>

オススメ度:★★★

 初期短編集.『モードリン』(1969年5月),『かたっぽのふるぐつ』(1970年12月),『ジェニファの恋のお相手は』(1971年1月),『塔のある家』(同年2月),『花嫁をひろった男』(同年3月),『かわいそうなママ』(同年3月),『小夜の縫うゆかた』(同年6月),『プシキャット・プシキャット』(1974年4月)の8編収録.
 同じく初期作品集ですが,今回は少々毛色の変った作品が収録されています.『モードリン』や『花嫁をひろった男』,『かわいそうなママ』のようなミステリ・タッチの作品では,作者の力量が十二分に発揮されているような気がするのですが,コメディ・タッチの『ジェニファの恋のお相手は』などは,やはり何となくありふれているというか,凡庸さを感じてしまいます.また,『かたっぽのふるぐつ』と『小夜の縫うゆかた』は,この作者にしては珍しく日本を舞台にした作品ですが,舞台設定を日本にしただけで,なんでこんなにごくあたりまえの少女漫画っぽくなってしまうのでしょう? 結局,この作者,もちろん絵やストーリー作りも上手なのですが,それ以上にシチュエーションやキャラ設定に,独特のセンスを発揮していると思うのです.

3.ケーキ ケーキ ケーキ 

オススメ度:★★

 比較的低年齢層の読者をターゲットとした作品だと思われますが,特筆すべき事は何もない平均点的な作品だと思います.よくあるひと昔前の典型的な少女漫画って感じです.

4.セーラ・ヒルの聖夜

オススメ度:★★★

 初期短・中編集.『ケネスおじさんとふたご』(1969年8月),『秋の旅』(1971年8月),『白き森白き少年の笛』(同年9月),『11月のギムナジウム』(同年9月),『セーラ・ヒルの聖夜』(同年10月)の5編,ならびに,『イラストメルヘン』,『ヨーロッパ便り』収録.
 デビュー年の『ケネスおじさんとふたご』については,やはり発展途上といった感じで可もなく不可もなくという感じ.また,名作『トーマの心臓』の前身である『11月のギムナジウム』に関しても,当然と言えば当然なのですが,キャラの性格等,まだ未完成の感はぬぐえません.残りの3編,『秋の旅』・『白き森白き少年の笛』・『セーラ・ヒルの聖夜』,少年の死とか出生の秘密とか,深刻なテーマを取り扱った作品ではありますが,この時期のこの人,こ〜ゆ〜の好きだったみたいね? それぞれの作品の出来はかなり良いですが,今ひとつのめり込む事が出来ないよ〜な.... でも,考えて見ればこ〜ゆ〜のって,少女マンガ独特のテーマだよね.... 否定はしません.

5.3月ウサギが集団で

オススメ度:★★

 初期短・中編集.『ごめんあそばせ』(1972年1月),『毛糸玉にじゃれないで』(1971年12月),『3月ウサギが集団で』(1972年1月),『もうひとつの恋』(1971年8月),『妖精の子もり』(1972年3月),『10月の少女たち』(1971年8月),『みつくにの娘』(同年11月)の7編,ならびに,『ラブ・ポエム』収録.
 この作者の場合,ここに収録されているようなコメディ・タッチの作品や学園生活を描いた作品では,正直言って魅力が半減いたします.要するに,そんなもんは他の少女漫画家にまかせておけば良いのでは....などと,つい感じてしまうのでした.




6.ポーの一族 1

オススメ度:★★★★★

7.ポーの一族 2

8.ポーの一族 3

9.ポーの一族 4

 『ポーの一族』(1972年10月),『ポーの村』(同年5月),『グレンスミスの日記』(同年6月),『すきとおった銀の髪』(同年1月),『はるかな国の花や小鳥』(1975年7月),『メリーベルと銀のばら』(1973年12月),『エヴァンズの遺書』(1974年11月),『ペニー・レイン』(1975年3月),『リデル・森の中』(同年4月),『一週間』(同年10月),『小鳥の巣』(1973年5月),『ピカデリー7時』(1975年6月),『ホームズの帽子』(同年9月),『ランプトンは語る』(同年5月),『エディス』(1976年4月)の15編,ならびに,『ポーの一族名場面』,『小学館漫画賞受賞のしらせをうけて…』,『とってもしあわせモトちゃん<番外編>』収録.
 作者の出世作にして代表的傑作.バンパネラ伝説に対する作者ならではの独自の解釈がエドガー・アラン・メリーベルといった強力なキャラクターを中心に,独自の世界を構築しています.魅力的なキャラクター設定という点においては,小説より漫画・劇画の方が数倍威力を発揮するわけですが,そういった漫画の総合芸術性をフルに生かしきった好例だと思います.当然の事ながら,想像上の生物(と言っていいのか?)であるバンパネラに関する設定等には,かなり矛盾点等が見られるのですが,ま,それは不問という事で.ひとつ注文をつけるとしたら,作品を年代順に収録してほしかったような気がします.

10.キャベツ畑の遺産相続人

オススメ度:★★★

 初期短・中編集.『ママレードちゃん』(1972年4月),『キャベツ畑の遺産相続人』(1973年4月),『オーマイ ケセィラ セラ』(同年4月),『ハワードさんの新聞広告』(1974年3月),『ユニコーンの夢』(同年4月),『温室』(1975年5月)の6編,ならびに,『ハローイングランド』収録.
 『5』と同様の理由で,最初の4編については可もなく不可もなし,といった感じか.個人的にはやはり,後の2編,『ユニコーンの夢』・『温室』の幻想的な世界に惹かれてしまうのでした.この時期に,作者としても,その作品の方向性が定まってきたのではないかとゆ〜よ〜な気がいたします.勝手な思い込みかもしれませんが....

11.トーマの心臓 1

オススメ度:★★★★★

12.トーマの心臓 2

 1974年度作品.『ヴィオリータ』(1976年10月)併録.
 『ポーの一族』シリーズと並び称される作者の代表作.また,竹宮恵子氏の『風と木の詩』と並んで,少年愛を描いた少女マンガとして,一部で根強い支持者を持つ作品でもありますが,竹宮さんの作品は残念ながらまだ読んでいないので,その比較論を展開する事はここではできません.ただ,私自身の体験としては,実は私,中学・高校の6年間を静岡市内の某私立校で過ごしまして,その内中学の3年間は寮生活なども体験したわけですが,男子校の寮生活なんて,ポジティヴな考え方しかできない大人にとっては,『集団生活の規律を通して社会生活の基本を身につける』などと考えられがちですが,実際はそんなもんじゃなく,悪意と嫉妬の渦巻く中,学んだのは酒と煙草と男同士の Sex だけ,などという状況に下手をすればなりかねない世界であることも,一面真実ではあるよ〜な.そういう意味で,この作者,思春期の少年の複雑な感情の動きを見事に描写していると思います.解説の村上知彦氏が問題提起しているこの作品の主人公ですが,やはりエーリクでもユーリでもオスカーでもなく,物語の冒頭数ページに登場するだけのトーマ・ヴェルナーであるとするのが正解では....? ところで,サイフリートってキャラ,どっかの RPG にゲスト・キャラみたいな形で出ていたよね,何だっけ....?




13.11人いる!

オススメ度:★★★★

 『11人いる!』(1975年7月),『精霊狩り』(1971年5月),『ドアの中のわたしの息子』(1972年2月),『みんまでお茶を』(1974年2月)の4編収録.
 本格 SF の表題作については言う事なし,かなり良質のミステリーでもあります.この作者の最も偉大な点として,それまでどちらかと言えば敬遠されがちだった SF というジャンルを,まったく異質な少女マンガの世界に持ち込み,確立した事であると思います.『精霊』をモチーフにしたコメディー・タッチの残り3作のシリーズについては,可もなく不可もなくっていった感じ.

14.続・11人いる! 東の地平 西の永遠

オススメ度:★★★★

 『続・11人いる! 東の地平 西の永遠』(1976年12月),『6月の声』(1972年4月),『左ききのイザン』(1978年),『スペース ストリート』(1977年7月)の4編収録.
 前編に登場した個性豊かなキャラクターたちが,さらにそのキャラを確立している感のある続編.と言っても,設定自体は前編の後日談であるものの,全く異なったストーリーを持つ,独立した作品であると言っても良いと思います,同じく,『11人いる!』のキャラクターたちをギャグ・タッチで描いた『スペース ストリート』は,珍しく作者のギャグ ・センスが光る作品群となっていると思います(実は,私,ギャグに関してはあまりこの作者評価してないもんで....).

15.この娘売ります!

オススメ度:★★★

 『この娘売ります』(1975年3月),『ミーア』(1972年7月)の2編,ならびに,『ヨーロッパ便り・パリ』収録.
 表題作は,作者のコメディー・タッチの作品群の中では,最高に面白い作品だと思いますが,やはり,この人が本領を発揮するのはこういったジャンルではないような気が....

16.とってもしあわせ モトちゃん

オススメ度:★★

 1972年4月より執筆された作品らしいです.
 ま,それなりにかわいらしくて,ギャグも面白いけどね.... ただ,それだけ.これ以上のコメントは控えさせていただきます.

17.アメリカン・パイ

オススメ度:★★★★

 『アイロス』(1975年6月),『アメリカン・パイ』(1976年1月),『白い鳥になった少女』(製作・発表年度記載なし),『赤ッ毛のいとこ』(1976年8月)の4編収録.
 二重人格をモチーフに少々サイコ入っている『アイロス』と,ドン・マクリーンさんの名曲をモチーフにした表題作の2編が秀逸.解説の斎藤次郎さんが書かれていると〜り,まさに『合わせ鏡に写った孤独』を感じさせる秀作だと思います.