Movies

Addiction

 でらちゃんの持つアディクションに関する映画の DVD コレクションです.あ〜.はずかし.

1
セックス依存症の私!
     
2003年 韓国
カラー 85 min
★★
監督:ノ・ヒョンジン
出演:ウン・ビッ/ナ・ヨン/ヤ・ダ/ヒョン・ウ/ウ・ジン/イム・フン/スン・ア
 とりあえず『セックス依存症』というタイトルだけで購入して観ましたが,官能ドラマならではのどうでもいいストーリーは予想通りだったのはともかくとして,韓国官能映画のスター(らしい)の3人の女優さんが,いずれも顔も身体も10人並みだったのは期待外れでした.ま,こんなもんでしょ.
2
セックス依存症の女たち
NAKES AND SEXUAL
2004年 アメリカ
カラー 92 min
★★★
監督:カッパー・ヘッドリー
脚本:ヴィンセント・デュプレ
出演:シャイラ・ラボー/スティーヴン・クロックス/エリック・キャリントン/アラナ・エヴァンス/オーガスト/TJ・ハート/ジャック・ケチャマーク
 この手の映画では,よくありそうな話,スト−リ−展開,予想された通りの結末というごくごくあたりまえと言えばあたりまえすぎる作品なのですが,最後まで面白く見ることができたのもお約束?
3
恋愛依存症
COME EARLY MORNING
2006年 アメリカ
カラー 97 min
★★★★
監督・脚本:ジョーイ・ローレン・アダムス
出演:アシュレイ・ジャッド/ジェフリー・ドノヴァン/ローラ・プリポン/ダイアン・ラッド
 いわゆる恋愛依存症とセックス依存症の関係については,恋愛依存症が対人依存であるのに対してセックス依存症はプロセス依存であるとか,あるいはセックス依存症は恋愛依存症のひとつの種類であるとか,いろんなことが言われていますが,この映画の主人公の場合は,恋愛依存症というよりセックス依存症の傾向が強く,しかもでらちゃんと同じでアルコホリズムとのクロス・アディクション入ってる感じで,とても共感できました(笑).「酔っていなけりゃ, キスもできない!」.
4
ブラック・スネーク・モーン
BLACK SNAKE MOAN
2006年 アメリカ
カラー 115 min
★★★★★
監督・脚本:クレイグ・ブリュワー
製作:ステファニー・アレイン/ジョン・シングルトン
製作総指揮:ロン・シュミット
音楽:スコット・ボマー
撮影:アメリア・ヴィンセント
編集:ビリー・フォックス
出演:サミュエル・L・ジャクソン/クリスティーナ・リッチ/ジャスティン・ティンバーレイク/S・エパサ・マーカーソン/ジョン・コスラン・Jr/マイケル・レイモンド=ジェームズ/キム・リチャーズ/サン・ハウス(記録映像)
 実はこの作品,あんまり期待しないで観たのですが,実のところすご〜く難しいセックス依存症の治療と回復を見事に描いた佳作でした. Blues ってセックス依存の音楽だと思ってたのですが違うのね?
5
セックス依存症だった私へ
BORDERLINE
2008年 カナダ
カラー 99 min
★★★★
監督・脚本:リン・シャルボア
出演:ジャン=ユーグ・アングラード/イザベル・ブレ/ピエール=リュック・ブリアン/アンジェル・クトゥ/シルヴィー・ドゥラポ/マリー=シャンタル・ペロン/アントワーヌ・ベルトラン
 鬱病, AC ,境界性人格性障害,アルコール依存症,そしてセックス依存症,なんでもありの精神病ムービー.でらちゃん自身,アルコール依存症とセックス依存症のクロス・アディクションを持っているので,思い当たるエピソードがたくさんあります.「愛とは脚を開くことだと思ってた....」,実感.
6
セックス依存症の私
DIARIO DE UNA NINFOMANA
2008年 スペイン
カラー 101 min
★★★★★
監督:クリスチャン・モリーナ
脚本:キュカ・カナルス
原作:ヴァレリー・タッソ
出演:ベレン・ファブラ/ジェラルディン・チャップリン/レオナルド・スバラグリア/アンヘラ・モリーナ
 この映画が多分現在のところ,性への依存がつまるところ生への執着に起因するものであるという,セックス依存症の本質を最も深く掘り下げた作品であるような気がしています.良くできたエロティック・サスペンスであると同時に,実は感動的な人生ドラマだったりして.印象的なセリフがところどころに散見されます.実際のところ,最近のスペイン映画のこの手の作品って傑作が多いと思います.
「男が何人も相手にすれば男らしいと言われ,女が同じことをすれば淫乱と言われる」
「女子淫乱症は男が作り出した概念よ.女に罪悪感を与えるために」
「娼婦を買う男が誠実になることはない」
7
セックス・クラブ
CHOKE
2008年 アメリカ
カラー 93 min
★★★★
監督・脚本:クラーク・グレッグ
原作:チャック・パラニューク
製作:ボー・フリン/トリップ・ヴィンソン/ジョナサン・ドーフマン/テンプル・フェネル
製作総指揮:マイク・S・ライアン/デリック・ツェン
ナレーター:サム・ロックウェル
音楽:ネイサン・ラーソン
撮影:ティム・オアー
編集:ジョー・クロッツ
出演:サム・ロックウェル/アンジェリカ・ヒューストン/ケリー・マクドナルド/クラーク・グレッグ/ブラッド・ウィリアム・ヘンケ/ジョエル・グレイ/ジョナ・ボボ
 自己評価が低く,人を愛せなくなる病気である,セックス依存症の持つ本質をかなり適格に捉えた作品だと思いますが,そういった意味で日本語のタイトルは NG だと思います. SA ミーティングの描写と,認知症の母親を見事に演じているアンジェリカ・ヒューストンさんがいいです.
8
セックス依存症の容疑者たち
LIES
2009年 アメリカ
カラー 80 min
★★★
監督:フランシス・クルーソー
脚本:メリッサ・モネット
出演:アレクトラ・ブルー/クリステン・プライス/ジェシカ・ドレイク/レイヴェネス/パレット・ブレイド/エリック・マスターソン
 『エロティック・サスペンス』の最高傑作だそ〜ですが,確かにマジメに観てないとうっかり騙されてしまいます.もちろん,最初から意識して観ていれば,騙されるよ〜な話ではないのですが....

9
愛しのカノジョはセックス中毒!?
GROUP SEX
2010年 アメリカ
カラー 92 min
★★★★
監督:ローレンス・トリリング
脚本:ローレンス・トリリング/グレッグ・グランバーグ
出演:ジョシュ・クック/グレッグ・グランバーグ/オデット・ユーストマン/トム・アーノルド/ヘンリー・ウィンクラー
 現在はやりのグループ・セラピーを舞台にセックス依存症の女性に心を奪われた男性の奮闘を描くロマンティック・コメディ.セラピーに集まる患者さんの面々が魅力的に描かれています(笑).
10
シェイム
SHAME
2010年 アメリカ
カラー 101 min
★★★
監督:スティーヴ・マックイーン
脚本:スティーヴ・マックイーン/アビ・モーガン
製作:イアン・カニング/エミール・シャーマン
製作総指揮:テッサ・ロス/ロバート・ウォラク/ピーター・ハンプデン/ティム・ハスラム
音楽:ハリー・エスコット
撮影:ショーン・ボビット
編集:ジョー・ウォーカー
出演:マイケル・ファスベンダー/キャリー・マリガン/ジェームズ・バッジ・デール/ニコール・ベハーリー/ルーシー・ウォルターズ
 正直言ってわかりにくい話であまり理解できませんでした.ただ,女性の自分を取り戻してわかったんですけど,ほとんどの男の人って女の眼から見るとセックス依存症みたいなもんで大変そうです.
11
恋人はセックス依存症
THANKS FOR SHARING
2012年 アメリカ
カラー 112 min
★★★★
監督・脚本:スチュアート・ブルムバーグ
脚本:マット・ウィンストン
製作総指揮:エドワード・ノートン
撮影:ヤーロン・オーバック
編集:アン・マッケイブ
出演:マーク・ラファロ/ティム・ロビンス/グウィネス・パルトロウ/ジョシュ・ギャッド/ジョエリー・リチャードソン/パトリック・フュジット/アリシア・ムーア(PiNK)/キャロル・ケイン
 セックス依存症の3人の男性の挫折と回復を描いたロマンティック・コメディ.コメディですが,依存症という病気の恐ろしさや自助グループによるセラピー等,よく描けていて勉強になります(笑).そういった意味からこの日本語のタイトルは,作品の内容を誤解させてしまうので NG だと思います.
12
ニンフォマニアック
NYMPH()MANIAC
2013年 デンマーク・ドイツ・フランス・ベルギー・イギリス
カラー 240 min
★★★★★
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:シャルロット・ゲンズブール/ステラン・スカルスガルド/ステイシー・マーティン/シャイア・ラブーフ/クリスチャン・スレイター/ジェイミー・ベル/ユマ・サーマン/ウィレム・デフォー/ミア・ゴス/ソフィ・ケネディ・クラーク/コニー・ニールセン/マイケル・バス/ジャン=マルク・バール/ウド・キア
 『自らを色情狂と認める女性ジョー 8つの章で綴られる「性」の旅路」とゆ〜ことで, Part 1 & 2,全編240分に及ぶ超大作.ヒロインの「私にとって色情症は無感覚と同じ」という台詞が性依存症者の本質を表していると思いました.実はとってもしんどいことなのだよ(哀).