Movies

Alcohlism

 でらちゃんが罹ったアルコホリズム,アルコホーリクに関する映画の DVD コレクションです.



1
失われた週末
THE LOST WEEKEND
1945年 アメリカ
モノクロ 101 min
★★★★★
監督:ビリー・ワイルダー
製作:チャールズ・ブラケット
原作:チャールズ・R・ジャクソン
脚本:ビリー・ワイルダー/チャールズ・ブラケット
撮影:ジョン・サイツ
音楽:ミクロス・ローザ
出演:レイ・ミランドジェーン・ワィマン/フィリップ・テリー/ドリス・ダウリング/ハワード・ダ・シルヴァ/フランク・フェレイン
 1945年度アカデミー賞 作品賞/主演男優賞/監督賞に輝くアルコホリズム・ムービーの金字塔.ラストの明るさはちょっと安易すぎるような気がしますが,アルコホリズムという病気の本質,何故人はアルコホーリクになって,それがどのように進行していくのか,を良く描いた作品だと思います.また,アルコホーリク収容施設の描写がちょっと甘過ぎる感じがしますし,有名な幻覚シーンは今見るとそれほどのものではないような気がしますが,アルコール自体の持つ巧妙さ,恐ろしさを上手に表現した原作・脚本は素晴しいと思います.でも,でらちゃんが一度だけ経験した幻覚症状は,幻視・幻聴・幻触・幻味・幻臭のすべてが出て来ましたが,何故かよく言われる小動物の幻視はありませんでした.キャスティングでは,主演のレイ・ミランドさんのアルコホーリクも見事でしたが,ジェーン・ワイマンさんが共依存の恋人を上手に演じています.
2
欲望という名の電車
A STREETCAR NAMED DESIRE
1951年 アメリカ
モノクロ 122 min
★★★★★
監督:エリア・カザン
製作:チャールズ・K・フェルドマン
原作・脚本:テネシー・ウィリアムズ
撮影:ハリー・ストラドリング
音楽:アレックス・ノース
出演:ヴィヴィアン・リー/マーロン・ブランド/キム・ハンター/カール・マルデン
 アルコホーリクの元女教師という設定がでらちゃん身につまされました.しかもどうもセックス依存症とのクロス・アディクションみたいだし.依存症の最後は死か発狂しかないのです.マーロン・ブランド氏の性格破綻者はどうも地でやってるような印象ですが,ヴィヴィアン・リーさんの狂いっぷりは見事の一言に尽きます.現代じゃこんな映画作るの無理でしょうね?
3 愛しのシバよ帰れ
COME BACK, LITTLE SHIBA
1952年 アメリカ
モノクロ 98 min
★★★★★
監督:ダニエル・マン
製作:ハル・B・ウォリス
原作:ウィリアム・インジ
脚本:ケティ・フリングス
撮影:ジェームズ・ウォン・ハウ
音楽:フランツ・ワックスマン
出演:バート・ランカスター/シャーリー・ブース/テリー・ムーア/リチャード・ジャッケル
 今回のアルコホーリクはバート・ランカスターさんですが,シャーリー・ブースさん扮する妻・ローラが主役で,アルコホーリクの家族って大変なのよってお話です.その一方で,些細なことがきっかけで再発してしまうアルコホリズムという病気の恐ろしさを見事に表現しています.スリップってこうして起こるのね? もちろんAAの人も精神病院もしっかり登場します.
4
居酒屋
GERVAISE
1956年 フランス
カラー 115 min
★★★
監督:ルネ・クレマン
脚本:ジャン・オーランシュ/ピエール・ポスト
原作:エミール・ゾラ
音楽:ジョルジュ・オーリック
出演:マリア・シェル/フランソワ・ペリエ/シュジ・ドレール/アルマン・メストラル/マチルド・カサドジュ
 アル中がメインのお話ではありませんが,アルコホーリクに共依存すると,女はこうして不幸になって行く....の見本みたいなお話.薄幸の主人公と狂い死にしていくアルコホーリクの旦那をマリア・シェルさんとフランソワ・ペリエさんが好演していますが,脇を固めるキャストも粒ぞろいの名作だと思います.ラスト,リボンをつけて男の子たちと戯れながら走り去る少女ナナの姿が彼女の将来を暗示しているあたり,しっかりした原作とシナリオの奥深さを感じさせます.
5
リオ・ブラボー!
RIO BRAVO
1959年 アメリカ
カラー 115 min
★★★
製作/監督:ハワード・ホークス
脚本:リー・ブラケット/ジュールズ・ファースマン
音楽:ディミトリ・ティオムキン
出演:ジョン・ウェイン/ディーン・マーチン/リッキー・ネルソン/アンジー・ディッキンソン/ウォルター・ブレナン/ワード・ボンド/ジョン・ラッセル/クロード・エイキンス
 これもいわゆるアルコホリズム・ムービーではありませんが,実生活でもアルコホーリクだったディーン・マーチンさんが,物語のキー・パーソンとなるアルコホーリクの保安官助手を見事に(地のまま?)演じています.でもアルコホリズムって,この話のように簡単に罹ったり立ち直ったりできるもんではありません.なめんなよ.
6
酒とバラの日々
DAYS OF WINE AND ROSES
1962年 アメリカ
カラー 117 min
★★★★★
監督:ブレイク・エドワーズ
製作:マーティン・マヌリス
脚本:J・P・ミラー
作詞:ジョニー・マーサ
音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:ジャック・レモンリー・レミック/ジャック・クラグマン/チャールズ・ビックフォード
 あまりにも有名なアルコホリズム・ムービーの代表作で,いろんなアルコール病棟で治療に使われています.主演のジャック・レモンさんもかつてアルコホリズムから回復した経験があったらしいですが,鬼気せまる演技を見せてくれています.また,相手役のリー・レミックさんはほとんど飲めない人だったらしいですが,だとしたら,この映画での演技はほとんど奇蹟的と言っていいと思います.『失われた週末』同様,隠した酒を捜す場面が作品のクライマックスとなっていますが,この映画の温室のシーンは,たいていのアルコホーリクは似たような経験をしているので.どんな映画のどんなシーンより怖いのです.
7
何がジェーンに起こったか?
WHAT EVER HAPPENED TO BABY JANE?
1962年 アメリカ
カラー 134 min
★★★★★
製作・監督:ロバート・オルドリッチ
製作総指揮:ケネス・ハイマン
脚本:ルーカス・ヘラー
原作:ヘンリー・ファレル
音楽:フランク・デ・ヴォール
撮影:アーネスト・ホーラ―
編集:マイケル・ルチアーノ
出演:ベティ・デイビス/ジョーン・クロフォード/ヴィクター・ブオノ/メイディー・ノーマン/アンナ・リー/マージョリー・ベネット
 こちらはアルコホリズム・ムービーとして語られることはほとんどないサイコ・サスペンスの傑作ですが,アルコホリズムの持つブラックアウトや,怒りや恨みそして怖れといった感情のコントロール障害といった典型的な症状が物語の大きな要素となっているあたり,見事なアルコホリズム・ムービーだと思います.もしかして,この監督さんアルコホーリクだったのじゃないかしらん?
8
鬼火
LE FEU FOLLET
1963年 フランス
カラー 104 min
★★★★
監督・脚本:ルイ・マル
原作:ピエール・ドリュ・ラ・ロシェル
撮影:ギラン・クロケ
音楽:エリック・サティ
出演:モーリス・ロネ/ジャンヌ・モロー/レナ・スケルラ/ベルナール・ノエル/アレクサンドラ・スチュワルト/イヴォンヌ・クレシュ/ユベール・デシャン/ジャン−ポール・ムリノ/モナ・ドール
 鬱を持った観念論的なアルコホーリクのお話で,その理屈っぽさに途中少々疲れを感じましたが,やっぱり最後には主人公に共感するところ大でした.つまりのところこちらも負けないくらいに病んでいるわけですが,「人を愛せなくなった云々」はすべてのアディクションを持つ人が共通して感じるところだと思います.



9
評決
The Verdict
1982年 アメリカ
カラー 129 min
★★★★
監督:シドニー・ルメット
製作:リチャード・D・ザナック/デイビッド・ブラウン
製作総指揮:バート・ハリス
脚本:デイビッド・マメット
原作:バリー・リード
撮影:アンジェイ・バートコウィアク
音楽:ジョニー・マンデル
出演:ポール・ニューマン/シャーロット・ランプリング/ジャック・ウォーデン/ジェームズ・メイスン/ミロ・オーシャ/リンゼイ・クローズ/エドワード・ビンズ/ジュリー・ボヴァッソ/ロクサーヌ・ハート/ジェームズ・ハンディ/ウェズリー・アディ/ジョー・セネカ/ルイス・スタッドレン/ケント・ブロードハースト/コリン・スティントン/バート・ハリス
 アルコホーリクの弁護士が主役の法廷ミステリーの傑作ですが,アルコホリズムを主題に捉えた作品ではありません.実は,この映画,今回25年ぶりに DVD を入手して観たのですが,ずいぶん内容を間違えて覚えていたことがわかりました.多分,同時期の『スクープ 悪意の不在』との混同があったと思うのですが,この作品の公開当時,でらちゃんもアルコホリズムの最盛期を迎えていて,いつも飲みながら映画観に行っていたもんですから(恥).
10
ジェームズ・ウッズの ドランカー
MY NAME IS BILL W.
1989年 アメリカ
カラー 98 min
★★★★★
製作・監督:ダニエル・ペトリ
脚本:ウイリアム・G・ポーシャー
撮影:ニール・ロウチ
編集:ポール・ルベル/ジョン・ライト
音楽:ローレンス・ローゼンサル
出演:ジェイムズ・ウッズ/ジョベス・ウィリアムス/ジェイムズ・ガーナーゲイリー・シナイス/ジョン・インスコウ
 実はこの映画はまだ DVD でリリースされていないので,ビデオを購入して観ました.アルコホーリクの自助グループ A.A.(アルコホーリクス・アノニマス)創始者ビル・Wの物語.『霊的な体験』を通じて気付きを得られるアルコホーリクは,逆説的ではありますが一般人よりある意味恵まれている存在だと思えてくるから不思議です.神様は必要なものは与えて,いらないものは取り除いてくださるということを,真のアルコホーリクには実感できるのです.
11 男が女を愛する時
WHEN A MAN LOVES A WOMAN
1994年 アメリカ
カラー 125 min
★★★★
監督:ルイス・マンドーキ
製作:ジョーダン・カーナー/ジョン・アヴネット
脚本:ロナルド・パス/アル・フランケン
製作総指揮:サイモン・マスロー/ロナルド・パス/アル・フランケン
出演:アンディ・ガルシア/メグ・ライアン/エレン・バースティン/ティナ・マジョリーノ/メイ・ホイットマン/ローレン・トム
 でらちゃんが自分自身や周りの仲間のアルコホーリクたちに関して知る限りにおいては,結婚生活がアルコホリズムの原因である場合,発病と共にその結婚は破綻しているというのがほとんどなのですが,そういった意味においては,この映画は綺麗すぎる,理想主義的すぎるという感じがするのです.実際のところ,アルコホーリクは発病時においてもそうですが,その後回復が進めば進む程一般人とは別種の人間になっていくような気がします.そうなると両者の分かち合いも難しくなるので,夫婦関係の復旧は難しいのではないかと思われるのです.やはり,ちょっとアルコホリズムを甘く見ている感は否めません.
12
リービング・ラスベガス
LEAVING LAS VEGAS
1995年 アメリカ
カラー 107 min
★★★★★
監督/脚本/音楽:マイク・フィギス
製作:リラ・カゼス/アニー・スチュワート
製作総指揮:ペイジ・シンプソン/スチュワート・リージェン
原作:ジョン・オブライエン
出演:ニコラス・ケイジ/エリザベス・ショー/ジュリアン・サンズ/リチャード・ルイス/スティーヴン・ウェバー
 行き着くところは不毛の愛と死.... 明るい未来など全く予感させない絶望的なストーリーが,アルコホリズムという病気の本質を見事に表現している作品だと思います.われわれアルコホーリクにとっては明日への希望などは望むべくもなく,ただ現在を生き続けることだけが残された生き方なのですが,それは生命を失うまで飲み続けてアルコホーリクとしての生き方を全うするか,あるいはアルコホーリクとしての人生を諦めて飲まない生き方に歓びを見い出すか,ふたつにひとつの選択肢しか残されていません.そういった意味でアルコホリズム・ムービーにいわゆるハッピーエンドなど期待するのは間違っているのです.なんとチョイ役でジュリアン・レノンさんが出ていますが,あのジュリアン・レノンさんですよね?
13
クレイジーハート
CRAGY HEART
2010年 アメリカ
カラー 112 min
★★★
監督・脚本・製作:スコット・クーパー
製作:ロバート・デュヴァル/ロブ・カーライナー/ジュディ・カイロ/T=ボーン・バーネット
音楽:スティーヴン・ブルトン/T=ボーン・バーネット
出演:ジェフ・ブリッジス/マギー・ギレンホール/ロバート・デュヴァル/コリン・ファレル
 ストーリーも面白いし,良くできている作品だとは思いますが,正直言って主人公のアルコホリズムの描写がなまぬるい.アルコホリズムの恐ろしさが全く伝わってこないのは残念です.