Movies

Lesbianism3 (1981〜1990)



21
ベストフレンズ
RICH and FAMOUS
1981年 アメリカ
カラー 117 min

★★★★★

監督:ジョージ・キューカー
脚本:ジェラルド・エイヤーズ
製作:ウィリアム・アリン
出演:ジャクリーン・ビセット/キャンディス・バーゲン/ハート・ボックナー/メグ・ライアン
 この映画はまだ DVD でリリースされていなかったので,ビデオを購入して観ました.でらちゃんの大好きな2人の女優さんが,羨望,嫉妬,疑惑,反感が渦巻く女の友情を演じる名作です.でらちゃんはもちろん女性なのですが,男性と女性の両方をやってみて,やはり女性同士の友情の方が信じられます.男同士って,お互いに見栄の張り合いが強くて,決して心を開いていないような感じがして.... ところででらちゃんは,タイトルも作品の一部であると思っていますので,外国の映画に日本の配給会社が原題とは無関係なタイトルつけるのって,昔からどうかな?って思っているのですが....
22
濡れた心
〜レズビアン殺人事件〜
1981年 日本
カラー 92 min

★★★

監督:瀬川 昌治
脚本:山浦 弘靖
原作:多岐川 恭
製作:広瀬 清
出演:大場 久美子/太川 陽介/一ノ瀬 康子/谷川 みゆき/左 幸子/賀原 夏子/岸田 森/南條 弘二/飛鳥 裕子
 もともとTVドラマなので,レズビアン・シーンに関しては全く期待しないで観ましたが,ドラマそのものは結構面白かったです.個人的には女子高生役の3人よりも母親役の左幸子さんが中心のレズビアンの話だったら,もっと面白かったのにな〜などと思ってしまいました.
23
アナザウェイ
ANOTHER WAY
1982年 ハンガリー
カラー 107 min

★★★★

監督:カーロイ・マック
原作:エリザベート・ガルゴ―ツィ
撮影:タマース・アンドルー
出演:ヤドヴィガ・ヤンコフスカ=チェースラック/グラヅィナ・シャポウスカ/ヨゼフ・クローネル
 この作品も DVD が見つからなかったので,ビデオを入手して観ました.社会主義社会とレズビアニズムという全く異質のモチーフを見事に融合した,社会派レズビアンムービー? レズビアニズムの哀しさを正面から捉えたこの作品は,日本では興味本位のオヤジどもの評判を得られなかったため全くヒットしなかったらしいですが,とても良くできた作品だと思います.事実,同性愛者って異性愛者に比べてプラトニックな面が強く,植物的だと思うのです.
24
ハンガー
THE HUNGER
1983年 アメリカ
カラー 96 min

★★★★

監督:トニー・スコット
原作:エリザベート・ガルゴ―ツィ
製作:リチャード・シェファード
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ/デヴィッド・ボウイ/スーザン・サランドン
 吸血鬼と同性愛の共通性って萩尾望都さんの『ポーの一族』を読んだときに感じてました.この映画に関しても,ヴァンパイア・ムービーとして観ても,レズビアン・シネマとして観ても,かなりの作品だと思いました.二人の女優さんはさすがに綺麗で,ボウイさん影薄いです.
25
卍 MANJI
JUNICHIRO TANIZAKI
1983年 日本
カラー 98 min

★★★

監督:横山 博人
原作:谷崎 潤一郎
脚本:馬場 当
企画:伊藤 俊也/中西 宏
撮影:中島 徹
音楽:林 光
出演:樋口 可南子/高瀬 春奈/鹿内 孝/高月 忠/中島 ゆたか/梅宮 辰夫/小山 明子/原田 芳雄
 2と同じ谷崎潤一郎原作の文芸作品の2度目の映画化ですが,今回は前作に比べてかなり原作から離れた独自のストーリーとなっております.でらちゃんとしては,主演の樋口可奈子さんもよろしかったのですが,それ以上に高瀬春奈さんと原田芳雄さんの演技がより印象的でした.
26 美しさと哀しみと
TRISTESSE ET BEAUTE
1985年 フランス
カラー 100 min

★★★★★

監督:ジョイ・フルーリー
原作:川端 康成
脚本:ジョイ・フルーリー/ピエール・グリエ
製作:ピエール・ノヴァ/ヌレディーヌ・ベンフェルハット
撮影:ベルナール・リュティック
音楽:ジャン=クロード・プティ
出演:シャーロット・ランプリング/ミリアム・ルーセル/アンジェイ・ズラウスキー/ジャン=クロード・アドラン/ベアトリス・アジェニン/イザベル・サドヤン
 この映画もまだ DVD でリリースされていなかったので,ビデオを購入して観ました.3と同じ川端康成原作の文芸作品のフランスによる映画化です.シャーロット・ランプリングさん,でらちゃんは 1974年の『未来惑星ザルドス』を中学生のときに観たとき,すご〜く印象に残った女優さんだったのですが,今回この作品を観て,その理由がはっきりいたしました.日本版の八千草薫さんがレズビアンのイメージ薄かったのに対して,この方の場合はすごくハマってます.まだ自分が男の子だと思っていた中学生の頃のでらちゃんは,やっぱり女の子だったからすご〜くこの女優さんが気になったのです.
27 カラー・パープル
THE COLOR PURPLE
1985年 アメリカ
カラー 152 min
★★★
製作総指揮:ジョン・ピータース/ピーター・グーバー
製作:スティーブン・スピルバーグ/キャスリーン・ケネディ/フランク・マーシャル/クインシー・ジョーンズ
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ダニー・クローバー/ウーピー・ゴールドバーグ/マーガレット・エブリー
 このストーリーの大きなテーマのひとつがレズビアニズムであることは疑いのない事実ですが,スピルバーグ監督は何故かその部分を意図して希薄にしてしまっているのが残念です.
28 櫻の園
THE CHERRY ORCHARD
1990年 日本
カラー 96 min
★★★
製作:岡田 裕
原作:吉田 秋生
監督:中原 俊
出演:中島 ひろ子/つみき みほ/白鳥 靖代/宮澤 美保/岡本 舞
 女子高演劇部を舞台に少女同士の淡い恋(しかも三角関係?)を描いた佳作.この年のキネマ旬報ベスト・ワンを受賞したほか,各方面で高い評価を受け,興業的にもヒットを記録したらしいです.個人的にはレズビアン映画としてはまあまあの出来だと思いますが,原作コミックをまだ読んでいないので,映画化が成功と言えたのかどうかは判断できません.