Movies

Sexuality

でらちゃんのセクシュアリティ(GID MtF)関連の DVD コレクションです.



1
オルランド
ORLANDO
1992年 フランス・ベルギー・イギリス
カラー 84 min
★★★★
監督・脚本:サリー・ポッター
原作:ヴァージニア・ウルフ
製作:クリストファー・シェパード
音楽:サリー・ポッター/デヴィッド・モーション
撮影:アレクセイ・ロディオノフ
編集:ハーヴ・シュナイド
美術:ベン・ファン・オス/ヤン・ロルフズ
衣装:サンディ・パウエル
出演:ティルダ・スウィントン/ビリー・ゼイン/シャルロット・ヴァランドレイ/ロテール・ブリュトー/ジョン・ウッド/クウェンティン・クリスプ/ヒースコート・ウィリアムズ/ジミー・ソマーヴィル
 原作は,性同一性障害ではありませんが,セクシュアリティのトランスをテーマとしたジェンダー文学の傑作です.『女でもなく,男でもない』って,人間として理想的な形だと思います.でらちゃんはこの映画の主人公と違って永遠の生命はいただいてませんが,一般人の少なくとも2倍の人生を経験してきたような自覚はあるので,とっても得してる気分なのです♪
2
ぼくのバラ色の人生
MA VIE EN ROSE
1997年 イギリス・ロシア・イタリア・フランス・オランダ
カラー 89 min
★★★★★
監督:アンリ・ベルりネール
脚本:アンリ・ベルりネール/クリス・ヴァンデル・スタッペン
製作:キャロル・スコッタ
音楽:ドミニク・ドルカン/ザジ
撮影:イヴ・カープ
編集:サンドリーヌ・ディーガン
出演:ミシェル・ラロック/ジャン=フィリップ・エコフェ/エレーヌ・ヴァンサン/ジョルジュ・デュ・フレネ
 でらちゃん実はこどもが主役の映画って好きじゃないので,あまり期待しないで観たのですが,久しぶりに1時間半目が離せない作品でした.というか,実はこの映画の主役はトランスジェンダーのこどもじゃなくて,周囲の人間の差別と偏見に追い詰められて正気を失っていく両親とくに母親なのよね.でも,あまり残酷なシーンがなかったのは,よかったと思います.あと,でらちゃんの場合は性指向が女性(MtF レズビアン)だったので,性自認が女性であることを自覚できるのが遅れたのですが,その代わりこの映画の主人公ほど悲しい思いもしなくて済んだので,これでよかったんだと最近は思えるようになりました.
3
ニューハーフ物語
わたしが女にもどるまで
1997年 日本
カラー 84 min
★★★
監督:山岡 隆資
脚本:井川 耕一郎
プロデューサー:千葉 好二/鶴 英次
出演:春菜 愛/三橋 貴志/長曽我部 蓉子/今泉 浩一/木立 隆雅/渡辺 謙 (特別出演)/山本 健翔
 パッケージに『ニューハーフアイドル はるな愛 第1回主演作!』とある通り,20世紀のまだ『性同一性障害』と『ニューハーフ』,あるいは,性自認の問題と性指向の問題とが一般的に混同されていた時代の作品であるため,『おかま』.『ホモ』といった差別用語,あるいは『性転換』といった性同一性障害者の治療には使われない用語が頻出しているのが気になりました.但し,出てくるキャラクターの多くもどちらかというと性同一性障害者というよりも職業的ニューハーフや同性愛者であるような印象を受けますが,主人公であるユキと,自殺をはかるレイコのキャラクター設定はまぎれもない性同一性障害者であり,そういった意味では,性同一性障害を正面から取り扱った作品として評価することができると思います.『ずいぶんと重い荷物を背負ってきなさったようだね』という初老の男(渡辺謙)のセリフが性同一性障害者が抱えている問題を示しているようで印象的でした.
4
ロバート・イーズ
SOUTHERN COMFORT
2002年 アメリカ
カラー 90 min
★★★★★
監督・撮影・編集・製作:ケイト・デイビス
録音・共同制作:エリザベス・アダムス
音楽:ジョエル・ハリソン
歌:The DCvers
製作プロダクション:キュー・ポール・プロダクション
出演:ロバート・イーズ/ローラ・コーラ/ロバートの家族と2人の友人たち
 『性同一性障害』を抱えたひとりの人間の苦悩と愛を迫ったドキュメンタリー.この方はでらちゃんと逆の FtM ですが,本質的には同じ仲間なのでその心情はとてもよく理解できます.「男か女かなんてくっついている性器とは無関係さ.何よりも優先すべきなのは心と頭だ」.
5
ビューティフル・ボーイ
SOUTHERN COMFORT
2003年 タイ
カラー 114 min
★★★★
監督:エカチャイ・ウアクロンタム
脚本:エカチャイ・ウアクロンタム/デスモンド・シム・キム・ジン
製作総指揮:パイブーン・ダムロンチャイタム/ブッサバ―・ダーオルアン/チューボン・ラッタナバンテゥ―ン/エカチャイ・ウアクロンタム
撮影監督:チューチャート・ナンティタンヤタダ―
編集:デゥッサニー・パヤノンポー
出演:アッサニー・スワン/ソラポン・チャートリー/オラノン・パンヤウォン/シティポン・ニヨム/ケイガン・カン/井上 京子
 トランス先進国・タイで製作された実話の映画化で,2004年のベルリン国際映画祭正式出品作品.でらちゃんは,2011年にSRSを受けるためにタイに行ったのですが,本当に綺麗なMtFや凛々しいFtMの方が街中にいっぱいいらしたのが印象的でした.井上さん可愛い.
6
トランスアメリカ
TRANS AMERICA
2005年 アメリカ
カラー 103 min
★★★★★
監督・脚本:ダンカン・タッカー
製作:セバスチャン・ダンガン/リンダ・モラン/ルネ・バスティアン
製作総指揮:ウィリアム・H・メイシー
音楽:デヴィッド・マンスフィールド
主題歌:ドリー・パートン
撮影:スティーヴン・カツミアスキー
編集:パム・ワイズ
美術:マーク・ホワイト
衣装デザイン:ダニー・グリッカー
出演:フェリシティ・ハフマン/ケヴィン・ゼガーズ/フィオヌラ・フラナガン/エリザベス・ベーニャ/グレアム・グリーン/バート・ヤング/キャリー・プレストン
 性別適合手術(SRS)を控えた性同一性障害者(GID)の主人公(トランスセクシュアル)が,父親であることを隠したまま,実の息子と大陸横断(トランスアメリカ)の旅に出るストーリー.でらちゃんの場合は息子ではなく娘ですが,やはり子供がひとりいて,ず〜っと逢っていなくてその間に手術を受けているのですが,やっぱりもしかしたらいつか再会することもありえるわけで,複雑な心境です.
7
私が私であるために 2006年 日本
カラー 106 min
★★★★★
監督:上川 伸廣
脚本:川嶋 澄乃/上川 伸廣
プロデューサー:前田 伸一郎/黒沢 淳/佐藤 敦
協力:山本 蘭(gid.jp代表)
製作協力:テレパック
医療監修:岩尾 光浩 (西新宿メンタルクリニック)
出演:相沢 咲姫楽/橋爪 功/竹下 景子/浅見 れいな/中村 俊介/鳥羽 潤/雛形 あきこ/中村 中/原 日出子/名高 達男 (特別出演)/青山 草太/益岡 徹/竹内 亜美/磯野 貴理子
 感動しました.でらちゃんは,ひとりっきりになれて初めて自分の生き方を手に入れる事ができたけど,家族がいたらできなかったかもしれないです.ひとりっきりになるって,実は素敵な事なのです.
8
男から女に変身 いちごのHappy Move 2008年 日本
カラー 60 min
chapter
1.いちごのいちじかん
2.いちごちゃんとゆかいな仲間たち -Lunch Party-
3.いちごのDress Up
特典映像:いちご×HARISU(from韓国)
 でらちゃんと同じ MtF の方らしいです.でらちゃんは離婚してから自分のこどもには会ったことがないのですが,この方は子育てされてるらしいです.えらいです.でも,このDVD,音声が非常に聞き取り辛くて,作品としては最悪です.