Movies

Andy Warhol

 10代の頃から関心のあった人ですが,そのきっかけとなったのはやはり Lou Reed さん率いる Velvet Underground や, David Bowie, Mick Jaggar といった ROCK 界のミュージシャンとの交友関係でした.



1

フレッシュ
FLESH

1968年
アメリカ
90 min

制作:アンディ・ウォーホル
監督・脚本・撮影・編集:ポール・モリセイ
出演:ジョー・ダレッサンドロ / ジェラルディン・スミス / パティ・ダルバンヴィル / キャンディ・ダーリング / ジャッキー・カーティス / ジョン・クリスチャン / ジェリ・ミラー

★★★

 21世紀の現在観ても,不思議と1960年代という時代の古さを感じさせないのは,ヴィヴィッドな画像の色調のせい? 内容は,生活のため男娼をして稼ぐジョーの生活を中心に,様々な“FLESH”(肉体)にまつわるエピソードが綴られています.アンディ・ウォーホル制作/ポール・モリセイ監督/ジョー・ダレッサンドロ主演として最初の劇場公開作.2003年,『トラッシュ』,『ヒート』と共に,カンヌ国際映画祭“DVD ヘリテージ賞”を獲得.

2

トラッシュ
TRASH

1970年
アメリカ
110 min

制作:アンディ・ウォーホル
監督・脚本・撮影・編集:ポール・モリセイ
出演:ジョー・ダレッサンドロ / ホリー・ウッドローン / ジェリ・ミラー / マイケル・スカラー / アンドレア・フェルドマン / ジョン・パットナム / シシー・スペイセク

★★★

 ジャンキーで性的不能者のジョーと廃品あさりのホリー,ニューヨークの底辺で生活する "TRASH" (クズ)たちの生態をリアルかつクールに描いた作品.何と言っても,女優さんたちのメイクが, 1970年という時代を象徴しています.いい時代だったよね?

3

ウーマン・イン・リヴォルト
WOMEN IN REVOLT

1971年
アメリカ
99 min

制作:アンディ・ウォーホル
監督・脚本:ポール・モリセイ
撮影:ジェド・ジョンソン,ポール・モリセイ
出演:キャンディ・ダーリング / ジャッキー・カーティス / ホリー・ウッドローン / ジョナサン・クレーマー / マイケル・スカラー

★★★★

 フェミニスト・グループに加入した3人の女性達の生活と周囲の人たちとの関係をクールに描いて,当時世界的なブームだった女性解放運動を風刺した作品ですが,『フレッシュ』・『トラッシュ』でお馴染みのウォーホル映画常連の3人の女優さん達が,それぞれの魅力を発揮している作品でもあると思います.個人的には,めでたく初体験を迎えたジャッキーさんのVサインが印象的でした(笑).

4

ヒート
HEAT

1972年
アメリカ
100 min

制作:アンディ・ウォーホル
監督・脚本・撮影:ポール・モリセイ
原案:ジョン・ハロウェル
音楽:ジョン・ケイル
出演:ジョー・ダレッサンドロ / シルビア・マイルズ / アンドレア・フェルドマン / パット・アスト

★★★★

 元子役スターでロック・シンガーのジョーイをめぐって,かつての大女優サリーとその娘でレズビアンのジェシー,そしてジョーイが滞在中のモーテルの女主人が繰り広げる愛欲絵巻.ひとり覚めているジョーイの表情が印象的でした.「赤ん坊をバッグで運ぶな」(笑).

5

フレッシュ・フォー・フランケンシュタイン / 悪魔のはらわた
FLESH FOR FRANKENSTEIN

1973年
イタリア・
フランス合作
95 min

監修:アンディ・ウォーホル
制作:カルロ・ポンティ
監督・脚本:ポール・モリセイ
撮影:ルイジ・クヴェイレル
音楽:クラウヂオ・ジッツィ
出演:ウド・キアー / ジョー・ダレッサンドロ / モニク・ヴァン・ボーレン / アルノ・ジェエギング / ダリア・ディ・ラザロ

★★★★★

 でらちゃんが14歳のときに初めて見に行った成人映画で,公開当時は 3D 立体映画でした.目の前に生々しい臓物や刃物がせまってきて迫力ありました.「腎臓…,胆嚢…,肝臓…」と女性の改造人間の内臓の名を口にしながら恍惚とするフランケンシュタイン男爵,その胆嚢へのファックシーン,オルガを襲って殺してしまうオットー,ウド・キアー氏とアルノ・ジェエギング氏の変態演技が見事です.

6

ブラッド・フォー・ドラキュラ / 処女の生血
BLOOD FOR DRACULA

1974年
イタリア・
フランス合作
92 min

監修:アンディ・ウォーホル
制作:カルロ・ポンティ
監督・脚本:ポール・モリセイ
撮影:ルイジ・クヴェイレル
音楽:クラウヂオ・ジッツィ
特殊効果:カルロ・ランバルディ
出演:ウド・キアー / ジョー・ダレッサンドロ / ヴィットリオ・デ・シーカ / アルノ・ジェエギング / ロマン・ボランスキー

★★★★★

 『悪魔のはらわた』と『処女の生血』,この2本に関してウォーホル氏は名前を貸しているだけで,実際には制作には関わっていないので,厳密にはウォーホル映画とは言えないのですが,でらちゃんは好きなのです.さて今回は処女の生血しか吸えない可哀想なドラキュラ家の末裔のお話.前作のやたら内臓が画面にせまってくる悪趣味なスプラッタ大会とはちょっと趣を異にしたホラー・ムービーで,血を吸う度にゲーゲー戻すドラキュラさんが気の毒なのですが,これってコメディだよね.ウド・キアー氏の情けない演技が見事すぎて,前作同様ジョー・ダレッサンドロ氏の影薄いです.あと,エスメラルダ,サフィリア,ルビニア,ベルネの4姉妹を演じる女優さんたちが,みんな綺麗でした.特に3女・ルビニアを演じたステファニア・カッシーニさんは,後に『サスペリア』のサラ役を演じる,でらちゃんお気に入りの女優さんです.

7

アンディ・ウォーホルの BAD
ANDY WARHOL'S BAD

1977年
アメリカ
103 min

制作:ジェフ・トーンバーグ
監督:ジェド・ジョンソン
脚本:パット・ハケット / ジョージ・アバグナーロ
撮影:アラン・メッツガー
音楽:マイク・ブルームフィールド
出演:キャロル・ベイカー / ペリー・キング / スーザン・ティレル / ステファニア・カッシーニ / シリンダ・フォクシー / メアリー・ボイラン / チャールズ・マッグレガー / チア・テレバ / ブリジッド・ポーク / スーザン・ブロンド / バーバラ・アレン / リチャード・カミングス

★★★★

 アンディ・ウォーホル・プロダクションによるメジャー作品で,通常のウォーホル映画の3倍の費用をかけて製作されたらしいです.キャストもキャロル・ベイカー,ペリー・キング,スーザン・ティレルといったハリウッド・スターたちを起用.ステファニア・カッシーニ,マリア・スミス等ウォーホル映画の常連さんたちが脇を固めています.でも残念ながら,ストーリはちょっとわかりにくいです.



11

ライフ・オブ・ウォーホル
SCENES FROM THE LIFE OF ANDY WARHOL

1990年
アメリカ
35 min

監督・撮影・編集:ジョナス・メカス
音楽:ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ
出演:アンディ・ウォーホル / ルー・リード / ニコ / イーディ / ジョン・レノン / ヨーコ・オノ / ポール・モリッシー / ミック・ジャガー / ジャクリーン・ケネディ・オナシス / 他

★★★

 1965〜1982年のウォーホルとファクトリーのメンバー,友人たちの素顔,さらにウォーホルが初めてプロデュースしたヴェルヴェット・アンダーグラウンドのコンサートの模様などを含む貴重な映像に満ちたドキュメンタリー・フィルム.めちゃくちゃ音質が悪いのが残念です.

12

アンディ・ウォーホル/スーパースター
SUPERSTAR : THE LIFES AND TIMES OF ANDY WARHOL

1990年
アメリカ
86 min

監督・制作・原案・編集:チャック・ワーマン
出演:アンディ・ウォーホル / デニス・ホッパー / ロイ・キテンスタイン / ルー・リード / キース・ヘリング / アイヴィン・カーブ / テイリー・ミード / 他

★★★★

 こちらは劇場公開用に製作されたウォーホル氏の伝記映画とも言うべき作品で,自身が出演したインタビュー,ニュース,テレビ CM 等の様々な映像や関係者らの証言を多数収録しています.また,バックに流れる数々のヒットソングの選曲もよろしいです.

13

アンディ・ウォーホル/ザ・コンプリート・ピクチャー
ANDY WARHOL THE COMPLETE PICTURE

105 min

Narrator : Julian Rhind Tutt
Producers : Fenton Bailey, Randy Barbato
Director : Chris Rodley

★★★★

 『ポップ・アートの巨星アンディ・ウォーホルの全てを解きあかす“映像版 ウォーホル百科”』ということで,『その生涯と作品を追跡した決定版ドキュメンタリー作品』らしいです.

14

アンディ・ウォーホール/生と死
VIES ET MORTS DE ANDY WARHOL

2005年
フランス
81 min

監督:ジャン=ミシェル・ヴェチエ
脚本:J. T. リロイ
ジャン=フランソワ・ヘンスゲン

★★★★

 アンディ・ウォーホール(この DVD では『ウォーホール』と表記されています)の生涯を追ったドキュメンタリー.死の5日前に記録された最後の映像のほか,ライザ・ミネリ,ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどが登場する貴重なフッテージも数多く収録.