Jeff Beck

Discography Part 5

2013 -




49

Live in Japan 2006

2013

★★★★

 こちらは2006年7月22日,静岡県小山町富士スピードウェイにおけるライヴを収録.

50

Beck, Bogert & Appice Live -40th anniversary Edition-

2013

★★★

 1973年5月18・19日大阪厚生年金会館でのライヴを収録した,当時日本のみでリリースされたライヴ・アルバム(21)の40周年記念盤.今回初めて曲順が実際のセットリストに準じた形で収録されています.

51

 *Eric Clapton Guitar Festival 2013
  Crossroads

2013

★★★

 Clapton さんが提唱し,2004年6月に第1回が開催されたクロスロード・センターのためのチャリティー・コンサート. 約3年ぶりに New York Madison Square Garden で開催された第4回の模様を収録. Beck さんの "Mna Na Heireann" 収録されています.

52

Yosogai

2014

★★★

 "LOADED"・"WHY GIVE IT AWAY" - featuring Sophie Dalia・"DANNY BOY" - featuring Imelda May の3曲収録.日本独自企画だそ〜です.

53

Performing This Week... Live at Ronnie Scott's

2014

★★★

 2008年にリリースされたライヴ。アルバムですが,今回は Joss Stone, Imogen Heap, Eric Clapton がゲスト参加の5曲と, Big Town Playboys との7曲を収録した Disc-2 を加えた2枚組仕様です.

54

Live +

2015

★★★

 当初日本のみでリリースされた BB&A のライヴ・アルバム(21)が大して出来が良くなかったにも関わらず海外で評判を呼んで売れたのは,実はそれまで Beck さんのライヴってリリースされていなかったっていうのが真相らしいですが,最近はこの人ライヴ出し過ぎって感じ.今回は Vocalist に Jimmy Hall さんを迎えての US ツアーの音源ですが,おまけにスタジオ録音2曲が収録されています.




55

Loud Hailer

2016

★★★★★

 2010年の "Emotion & Commotion"(44)以来6年ぶりのオリジナル・スタジオ・アルバム. Vocal に Rosie Bones さん,Rhythm Guitar に Carmen Vandenberg さんの2人の女性ミュージシャンを起用していますが,これが大正解.特に Rosie さんの Voice は往年の Rod Stewart さん以上に Beck さんの Guitar にマッチしているのです.孤高の Guitarist である Beck さんの女性ミュージシャンとの相性の良さは意外でしたが,嬉しい誤算でした.

56

  *Crossroad Revisited
   : Selections from the Crossroads Guitar Festival
   / Eric Clapton and Guests

2016

★★★

 2004・2007・2010・2013年に開催された(らしい) "Crossroad Guitar Festival" からのレコーディング・セレクション. Beck さんの "Cause We've Ended as Lovers"(2007), "Big Block"(2007), "Hammerhead"(2010)が収録されています.