Marc Bolan & T.REX

DIscography Part 1-03(Oliginal Albums 1974 - 1977)

9

Zinc Alloy & The Hidden Riders of Tomorrow
or a Creamed Cage in August

1974

★★★★

【Side-A】
Venus Loon
Sound Pit
Explosive Mouth
Galaxy
Change
Nameless Wildness
Teenage Dream
【Side-B】
Liquid Gang
Carsmile Smith & the Old One
You Got to Jive to Stay Alive-Spanish Midnight
Interstellar Soul
Painless Persuation V The Meathawk Immmaculate
The Avengers (Superbad)
The Leopards Featuring Gardenia & the Mighty Slug

 T. Rex の全アルバム中,この作品だけクレジットが Marc Bolan & T. Rex となっております.このあたりから人気にかげりが見え始め,私もこのアルバム買い忘れてて,探したときには輸入盤で30000円もの値段がついてました(結局,2枚持ってた友達に譲ってもらいました).オリジナルは見開きジャケ,日本初回発売時はポスターとブックレットが付いていました.10枚の U.K. チャート Top 5 入りシングルの後,Marc Bolan with Big Currot 名義でリリースされた "Blackjack" をはさんでリリースされたシングル "Track on (Tyke)" はチャート第12位と,初の Top 10 圏外の成績に終わってしまい,以後ヒット曲に恵まれなくなってしまうのですが, Bolan 氏は当初 "Track on (Tyke)" と,このアルバムのトップを飾る "Venus Loon" のどちらを次のシングルにするか悩んでいたらしいです.また,次のシングルとしてリリースされた "Teenage Dream" は成績こそ第13位に終わりましたが, Bolan Ballad の不朽の名曲です. Bolan 氏にとって不幸だったのは,それまでのシングル・ヒットの評価が高すぎたため, T.Rex がアルバム・アーティストとして評価が低かった点にあると思うのですがいかがでしょう? このアルバム以降のすべてのアルバムは,もっと評価されて良かったと思うよ.


10

Bolan's Zip Gun

1975

★★★★

【Side-A】
Light of Love
Solid Baby
Precious Star
Token of My Love
Space Boss
Think Zinc
【Side-B】
Till Dawn
Girl in the Thunderbolt Suite
I Really Love You Babe
Golden Belt
Zip Gun Boogie

 Bolan 氏どん底の時代の作品.この時期のシングル曲も "Light of Love" が第22位, "Zip Gun Boogie" が第41位と,さらにランクを下げておりました.そのためか,非常に地味でめだたない印象を与えますが,実は "Till Dawn" ・"Think Zink" 等隠れた名曲が多いアルバムでもあります.また,この時期, The Rolling Stones ・ Led Zeppelin ・ Emerson, Lake & Palmer 等のビッグ・ネームは税金対策のため,フランス等海外に移住しておりましたが, Bolan 氏もモンテ・カルロに逃れており,このアルバムを初の海外録音としてハリウッドで制作しております.さらに,長年 T.Rex のプロデュースを担当してきた Tony Visconti 氏と前作で訣別し,今回は Bolan 氏自身がプロデュースを行っている等,マンネリ・低迷を脱するための試行錯誤がなされているのですが,成功したとは言えず,この作品を最後に Micky Finn 氏とも別れてしまいました.オリジナルは穴あき変型ジャケ.


11

Futuristic Dragon

1976

★★★★

【Side-A】
Futuristic Dragon
Jupiter Liar
Chrome Sitar
All Alone
New York City
My Little Baby
Calling All Destroyer
【Side-B】
Theme for a Dragon
Sensation Boulevard
Ride My Wheels
Dreamy Lady
Dawn Storm
Casual Agent

 従来の T.Rex サウンドから脱皮して,新局面を打ち出そうとした Bolan 氏の意欲作.そのためか T.Rex の全アルバム中最も派手な印象を受けたアルバムでした.しかしながら,この時期にリリースされたシングルも,アルバムに収録されている "New York City" が第15位, "Dreamy Lady" が第30位,その後リリースされた "London Boys" も第40位と,いずれも Bolan 氏としては不本意な成績に終わっております.


12

Dandy in the Underworld

1977

★★★★★

【Side-A】
Dandy in the Underworld
Crimson Moon
Universe
I'm a Fool for You, Girl
I Love to Boogie
Visions of Domino
【Side-B】
Jason B. Sad
Groove a Little
The Soul of My Suit
Hang-Lips
Pain and Love
Teen Riot Structure

 新生 T.Rex による再起をかけたこの大傑作は,結局 Bolan 氏の遺作となってしまいました.アルバムの出来自体 "Erectric Warrior" 以来の素晴らしさだったのに... オリジナルは穴あき変型ジャケ.この時期のシングル曲は, "I Love to Boogie" が第13位,アルバム未収録の "Lasor Love" が第41位, "The Soul of My Suit" が第42位を記録している他,その後も Bolan 氏の死と前後して, "Dandy in the Underworld" ・ "Celebrate Summer"(アルバム未収録) ・ "Crimson Moon" がリリースされております.個人的に大好きなのは,ラストを飾る "Teen Riot Structure" なのでした.