Jacks

Discography

1
ジャックスの世界/ジャックス

1968

★★★★★
 当時の日本のロック・シーンというと,内田裕也やフラワー・トラベリン・バンドの英語派とはっぴいえんどやジャックスの日本語派が対立(?)していたらしいです.個人的な見解としては,やはり日本語による ROCK がこの時期に確立されたというのは,喜ばしいことだったと思うのです.で,はっぴいえんどとの比較になりますが,妙に明るいはっぴえんどの ROCK よりかは,ジャックスの暗さの方が好みではありました.今聴くと演奏も歌もけっしてうまいとは思えませんが,やはり,『時計をとめて』,『からっぽの世界』,名曲だと思います.

2
ジャックスの奇蹟/ジャックス

1969

★★★
 リード・ギターの水橋春夫氏が脱退し,つのだひろ氏が加入しての2作目.全11曲中の4曲(しかもアナログではすべてA面!)のヴォーカルをつのだ氏がとっているためか,前作にくらべて早川氏の存在が希薄に感じられますが,やはり作品全体を聴いた限りではつのだ氏中心のA面よりも,早川氏が全曲リード・ヴォーカルをとっているB面の方が,ジャックスならではの雰囲気を出していて好きです.個人的には,名作(?)と言われている『ロール・オーヴァー・ゆらの助』もいいですが,ラストの『敵は遠くに』が何といっても Best なのです.

3
LIVE 68.7.24 / Jacks

1973

★★★
 お茶の水の日仏会館ホールで行われた第2回ジャックス・ショウの音源を収録し,ファン・クラブの会員だけに400枚限定で通信販売されたプライベート盤で,『おまえはひな菊』が唯一収録されている『幻の名盤』扱いされておりましたが, 2003 年になって,やはり限定版としてリリースされました.確かに歴史的名盤かもしれませんが,残念ながら音が悪すぎ(ジャケット写真は再発盤のモノです).

4
Echoes In The Radio / Jacks

1986

★★★
 1966年から数回にわたって出演していたニッポン放送『バイタリス・フォーク・ビレッジ』用のレコーディング・テイク集.全7曲中,高橋末広氏とのデュエット時代のテイクが2曲収録されています.残りの5曲は水橋春夫在籍時の4人によるもので,とりあえずは歴史的価値のある1枚であるとは言えますが,果たして早川氏はこの作品のリリース('86年)にどの程度まで賛成だったのか...? 素朴な疑問です.

5
 *CD BOX / Jacks

1989

未入手
 未入手です,誰か譲ってくださいな.

6
 *JACKS 7inch Box

2000

★★★
 7インチ・シングル6枚組復刻盤.
*タクト盤
「からっぽの世界 c/w いい娘だね」
「マリアンヌ c/w 時計をとめて」
*コロムビア盤
「からっぽの世界 c/w 時計をとめて」
*エキスプレス盤
「この道 c/w 時計をとめて」
「ジョーのロック c/w 花が咲いて」
「時計をとめて c/w からっぽの世界」

7
 *JACKS GOLDEN BEST

2002

★★★
 ソニー・ミュージック/東芝 EMI 共同企画『ゴールデン・ベスト』シリーズの1枚.