ザ・フォーク・クルセダーズ

Discography

1
ハレンチ

1967

★★★
 幻の自主製作盤でしたが,1995年に CD で復刻されました.ヒットした「帰ってきたヨッパライ」のオリジナル・テイクが収録されています.また CD 復刻版には,第2弾シングルとして予定されていたのに急遽発売中止になったシングル「イムジン河」のスタジオ・ヴァージョンが追加収録されています.作品自体はっきり言って素人の域を脱していませんが,それは仕方のないことで,だって素人だったんだもん.

2
紀元弐阡年

1968

★★★★★
 フォークルの唯一のオフィシャル・スタジオ・アルバムということで,「歴史的名盤」とか「日本のサージェント・ペパーズ」みたいに評価する方もいらっしゃいますが??? 大体において「日本のナントカ」みたいな言い方って,結局は馬鹿にしているようで好きじゃないのですが,それはともかくとして,当時の日本の音楽状況の中ではやはり相当な作品であったと思われます.ところで話は違いますが,私の『ハジレコ』って多分「帰ってきたヨッパライ」だったよ〜な気がするのです.当時は何せ小学生だったもんですから,当然 LP なんか買えるわけなどなく,これも復刻版 CD で初めて聴きました.ラストの『何のために』ってわりと名曲だったかもしれないなどと思ったりするのですが...

3
当世今様民謡大温習会

1968

★★★
 ライヴ・アルバムです.内容的には少々遊び過ぎって感じがして,あまり好きじゃないです.結局のところ,『帰ってきたヨッパライ』のヒットで1年間の期限付きで再結成したということもあって,本人たちは遊びに徹していたんだと思われますが,それが評価を遅らせる原因になっていたの事実だと思うよ.というわけで,ジャックスの『からっぽの世界』あたりが光っていたりするのです.

4
フォークルさよならコンサート

1968

★★★★
 1968年10月7日,渋谷公会堂での『さよならコンサート最終公演』の模様を収録したライブ・アルバム.やはり,今から考えてみてもこのグループの存在って,異色でありながらも凄かったんだと思います.当時小学生だった私は,それまで音楽にそれほど関心があった訳ではなく,円谷プロの特撮にハマっておった訳ですが,このグループのシングルだけは発売される度に買っておりました.その5年後,中学に入学してニュー・フォークとグラム・ロックの洗礼を受けて,現在のような歪んだ人格が出来上がるわけですが,そ〜いった意味で,私が音楽に興味を持ちはじめるきっかけを作ってくれたグループがフォークルだった訳なのです.さて,この作品ですが,ライブ・アルバムとして,当時としてはかなりの水準いっていたんじゃないかと思われる出来だと思います.はしだのりひことシューベルツの演奏が2曲収録されていますが,これもかなりの出来だと思います.個人的に好きなのは『もう25分で』.

5
 *フォークル大百科事典

1969

★★★
 解散後の'69年にリリースされたコンピレーション.解散後の3人の作品が1曲ずつ収録されているのがミソ.

6
 *カレッジポップス・オリジナル・ストック 1

????

★★★
 東芝からリリースされた同名シリーズ・企画コンピレーションの1枚.

7
 *シングル・コレクション

1991

★★★
 フォークルが1年間の活動期間に残した8枚のシングルのA・B面16曲を集めたコンピレーション.

8
 *FORK CRUSADERS AND THEN / TWIN BEST

1998

★★★
 ザ・フォーク・クルセダーズをはじめ,ザ・ズートルビー,加藤和彦,北山修,加藤和彦と北山修,はしだのりひことシューベルツ,はしだのりひことクライマックス,はしだのりひことエンドレス,ジローズ等の作品30曲を収録.

9
 *イムジン河/悲しくてやりきれない

2002

★★★
 『帰って来たヨッパライ』に続く第2弾シングルとして予定されていたものの.オクラ入りとなった名曲が34年の時を越えて復活.カップリングは,同曲に替って第2弾シングルとしてリリースされ,ヒットを記録した『悲しくてやりきれない』のオリジナル・バージョン.

10
 *ハレンチ

2002

★★★
 34年ぶりの新結成に先駆けてリリースされた,『幻の自主製作盤』のスペシャル CD パッケージ仕様(初回限定).

11
 *MEMORIAL FORK CRUSADERS

2002

★★★
 コンピレーション,全18曲収録.

12
 *Memories 加藤和彦作品集

2002

★★★★
 『ザ・フォーク・クルセイダーズ』ならびに『加藤和彦と北山修』時代の作品を含む,本人選曲・監修によるベスト・アルバム,ミカ・バンド時代の曲は1曲も入っておりませんです.

13
戦争と平和

2002

★★★
 34年ぶりに新結成(はしだのりひこ不参加,代わりに坂崎幸之助参加のため,再結成ではない)されたフォークルの『入魂の一作!』らしいですが,『あの素晴らしい愛をもう一度』・『白い色は恋人の色』のカヴァー等,正直なところやめて欲しかったような気がします.1960年代に時代の最先端を進んでいたグループに,ノスタルジアは不似合いなような気がする.... また,九州大学教授・きたやまおさむ氏は,おまけの3曲を除いて,本編にはほとんど参加しておらず(作詞と,『岩流島』の講談のみ),ほとんどが加藤和彦=坂崎幸之助のユニットによるものです.これをフォーク・クルセダーズの作品と言い切ってしまって良いモノなのかど〜か?

14
フォークル「DAIKU」を歌う

2002

★★★★
 『戦争と平和』のラストにも少しだけ収録されていた, Ludwig van Beethoven の "SYMPHONIEN No.9" をモチーフにしたミニ・アルバム.往年のパロディ精神の健在さを立証した作品です.

15
新結成記念 解散音楽會

2002

★★★★
 2002年11月17日,NHK ホールにおけるライヴ・アルバム.この年の12月31日24時をもって,新結成フォークルはめでたく『昇天』したそ〜です.市川猿之助・中島啓江・ネーネーズ・泉谷しげるをゲストに迎え,新旧の名曲22曲が収録されています.

16
 *フェアウェル・コンサート

2003

★★★★
 1968年10月17日,大阪フェスティバル・ホールにおける『フェアウェル・コンサート』最終日の録音テープから,加藤和彦・きたやまおさむが選曲・監修した CD.というわけで,『フォークルさよならコンサート』(4)とは全く別物なので,要注意です.

17
 *GOLDEN BEST

2005

★★★
 コンピレーション,全20曲収録.

18
 *スーパーベスト

2006

★★★
 コンピレーション,全12曲収録.

19
 *加藤和彦作品集

2011

★★★
 フォークルの『帰って来たヨッパライ』,『悲しくてやりきれない』,『白い色は恋人の色』他,全32曲を収録した CD 2枚組.

20
若い加藤和彦のように

2012

★★★★★
 『イムジン河』新バージョン,『悲しくてやりきれない』,『コブのない駱駝』,『あの素晴しい愛をもう一度』他セルフ・カバー,未発表曲『手と手 手と手』,加藤和彦氏の遺作となったデモテープから作られたタイトル曲等,第4期 The Super Folk Crusaders によるラスト・アルバム.

21
 *「紀元弐阡年」デラックス・エディション

2013

★★★★★
Disc-1 SHM-CD 「紀元弐阡年」
Disc-2 SHM-CD 「ハレンチ」
Disc-3 CD 「イムジン河」
Disc-4 DVD 「ザ・フォーク・クルセダーズ レア映像集」
豪華付録付き.

Videography

帰って来たヨッパライ
松竹ホームビデオ カラー80分 本体価格¥3,800
1968年度作品
監督…大島 渚
脚本…田村 孟/佐々木 守/足立 正生/大島 渚
出演…ザ・フォーク・クルセダーズ/緑 魔子/渡辺 文雄/小松 方正/殿山 泰司/佐藤 慶