及川 恒平

 1948年8月14日北海道美幌市出身. 1960年代末,小室等と六文銭に参加. '70年,上条恒彦をリード・ヴォーカルに迎えた『出発の歌』が第2回世界歌謡祭グランプリを獲得.六文銭解散後は,ソロとしてアルバムをリリースする一方,作詞作曲家として多くのアーティストに楽曲を提供. '90年代以降は一時テニス・コーチに転向(!)していたらしいですが, `93年にアルバム『みどりの蝉』で復活.以後もマイペースで作品をリリースされています.



Discography Part 1(1969 - 1977)

Discography Part 2(1977 - 2010)