John Lennon

Discography Part 7(Plastic Ono Band / Solo 1968 - 1980)



61

Unfinised Music No.1 : Two Virgins
-
Yoko Ono/John Lennon

1968

-

 「ね〜えあんた〜あたいとあそばな〜い?」... 絶句 ...

62

Unfinised Music No.2 : Life With The Lions
-
John Lennon/Yoko Ono

1969

-

 アナログA面の "Cambridge 1969" では,ほとんど26分の全編にわたって呻きっぱなしのヨーコさん ... 御苦労様です,でもはっきり言って全部聞き通すのしんどいです.

63

Wedding Arubum - John & Yoko

1969

-

 「ジョン」「ヨーコ」「ジョン」「ヨーコ」 ...  結局のところ,この3枚に関しては当時はどうだったか知りませんが,今となっては歴史的価値以外のモノは見いだせせない ... よ〜な気がいたします.理解しろったってむりだよ.

64

Live Peace in Toront 1969 - The Plastic Ono Band

1969

★★★★

 良くも悪くも John 氏が Yoko さんの影響下,最も輝いていた時期に Plastic Ono Band を率いてリリースしたライブ・アルバム.個人的には大好きなアルバムです.

65

John Lennon/Plastic Ono Band

1970

★★★★★

 マザコンを芸術と化した John Lennon 最大の傑作.確かに凄いと思います.またここでの Ringo さんのドラミングは鬼...です.

66

Imagine - John Lennon

1971

★★★★

 前作の延長線上にありながらも,あちらこちらに Yoko さんの影響が見えかくれする作品だと思います.傑作には違いないのですが,ど〜しても前作と比較してしまうのです.



67

Some Time In New York City
- John & Yoko/Plastic Ono Band/Elephant's Memory

1972

★★★★

 Yoko さんが前面にしゃしゃり出ていることもあって,前2作に比べて Lennon フリークの間ではいまひとつ評判の良くない作品ですが,個人的には大好きな作品なのです.そして... 何といっても Frank Zappa 率いる全盛期の The Mothers との共演が収録されているのが,最大のポイントでもあります.但し,この手のモノに拒絶反応おこす人には,あまりおススメできません.

68

Mind Games - John Lennon

1973

★★★

 個人的には John の作品群の中ではあまり好きじゃない作品です.何でかね?

69

Walls & Bridges - John Lennon

1974

★★★

 Yoko さんと別居して,秘書のメイ・パンと同棲したり, Harry Nilsson や Ringo Starr などと飲んだくれてたり,酔っぱらって殴り倒されてニュースになっていたりの『失われた週末』に作られた作品ですが,結構いい出来のアルバムだと思います.この後 Elton John のコンサートにゲスト出演した際に, Elton のはからいで Yoko さんと仲直りしたとかど〜とかっていう話ですが,本当のところはどうなんですか?

70

Rock'N'Roll - John Lennon

1975

★★★★

 実際には "Walls & Bridges" よりも前に制作が開始されていたにも関わらず,いろいろなゴタゴタがあったため発売が遅れたロックンロール・アルバム.この作品についても賛否両論とびかったよ〜ですが,私は John Lennon さんの原点を知るのに欠かせない1枚だと思います. Yoko さんとよりを戻した John はこの後約5年間の『主夫生活』に入り,姿を見せなくなってしまいました(この間に何度かお忍びで来日していたらしいです).

71

Shaved Fish - John Lennon

1975

★★★

 John Lennon 初のベスト・アルバムですが,この時期 Plastic Ono Band 時代のシングル曲が聴ける唯一のアルバムとゆ〜ことで,結構重宝しておりました.で...何で『かつお節』なのか?

72

Double Fantasy - John Lennon/Yoko Ono

1980

★★★

 5年間の沈黙を破って発表されたアルバムで,しかもあまりにも悲劇的なその最期のため爆発的に売れたアルバムですが,正直言って作品の出来自体あまりいい出来じゃなかったよ〜な気がします.あきらかに駄作と思われるよ〜な曲も含まれているし,ここまで Yoko さんをたてる必要もなかったのではないかと思うのですが... ま...本人がやりたかった事なんだろうから,他人がとやかく言うことではないのですが...