Lou Reed

Discography Part 5(2001 - )



37

American Poet

2001

★★★★

 1972年「トランスフォーマー・ツアー」のライヴを収録した音源のオフィシャル ・リリース.グラム世代にとっては感涙モノの内容であります.

38

 *Hitting the Ground / Gordon Gano

2002

★★★

 知る人ぞ知る(らしいです.ちなみに私は知りませんでした,苦笑)ソング・ライター Gordon Gano 氏のソロ名義ながら,大勢のゲスト・ヴォーカリストを迎えて製作された企画アルバム. Lou Reed 氏は5曲目の "Catch 'em in the Act" で Vocal & Guitar で参加.ちなみに John Cale 氏も他の曲ですが, Vocal & Piano で参加しています.

39

The Raven

2003

★★★★★

 Lou Reed さん自身が「自分の生み出した作品の中でも最高峰のモノ」と豪語する,エドガー・アラン・ポーを題材にした力作.この人独特の詩の切れ味もさることながら,これでもかってくらい破壊的な音の洪水がとても嬉しい作品です. '80年代に死んだと言われる Rock 界において,21世紀になっても,ロケンローラーであり続けている人ってこの人くらいかも.... 名作 "Berlin" に収録されていた "The Bed" のセルフ・カヴァーも嬉しかったです.また. "Transformer" に収録されていた "Perfect Day" が Antony の Vocal で収録され, "Hop Frog" では久々に盟友 David Bowie 氏が Lead Vocal で参加しております.

40

 *NYC Man

2003

★★★★

 Lou Reed さん本人の選曲・編集による, Velvet Underground 時代から, RCA ・ Arista 時代を経て現在に至るまでの軌跡を CD 2枚に収録した,究極のベスト・アルバム.結局,長いとは言えない ROCK の歴史の中で,36年間自らのスタイルを一貫した人って,この人だけだったかも....

41

 *Le Bataclan '72 / Lou Reed, John Cale & Nico

2003

★★★★★

 1972年1月29日,パリのクラブで行われた Velvets 出身の3人による伝説のライヴ.ちなみにこの年 Velvet Underground 名義の "Soueeze" というアルバムがリリースされておりますが,これにはオリジナル・メンバーは誰一人参加していないため, Velvets フリークはほとんど相手にしていないのが現実です(笑).また, John Cale 氏の Velvets 脱退の原因が Lou Reed 氏との確執にあったため,2度と同じステージに立つ事はないだろうと思われていたという事で,実は私もこの2人の解散後の共演は Angy Walhol 氏没後の "Songs for Dollera" が最初だと思っておりましたが,こんなのがあったんですね? 不勉強でした(恥).ここでは Lou Reed 氏は Vocal と Acoustic Guitar のみを弾いておりますが,流石に緊張感溢れる演奏になっています(Velvet Underground の項参照).

42

Animal Serenade

2004

★★★★

 数多くの傑作ライヴ・アルバムをリリースしている Lou Reed さんの,2003年に行われた "NYC Man Tour" の模様を収録した最新ライヴ・アルバム. Velvets 時代の "Heroine" や "Sunday Morning" , "Berlin" 収録曲から "The Raven" まで幅広い選曲がされていますが,彼のキャリアを考えると CD 2枚じゃちょっと物足りないかも...?




43

 *Lou Reed Greatest Hits NYC Man

2004

★★★

 前年リリースのベスト "NYC Man"(40)をさらにしぼって1CD にまとめたものに,最新リミックス・ヴァージョン2曲を追加収録.ただ,このリミックス・ヴァージョン,私としては,....かも?

44

hudsOn River winD meditatiOns

2006

 ミュージック・マガジンの輸入盤紹介の欄で,太極拳にはまっている Lou Reed さんがまた妖し気なアルバムをリリースしたという情報は得ていたのですが,当然のように国内盤のリリースは見送られたようだったので,わざわざ入手しようとは思いませんでした. Lou Reed さん没後,2014年になってやっと入手したわけですが,はっきり言って評価のしようがないです.ごめんなさい.

45

Thinking of Another Place..

2006

★★★★

 1976年10月23日オハイオ州アクロンにて収録. Rock'n'Roll Heart Tour の模様を収録したライヴ・アルバム.

46

Berlin: Live at St. Ann's Warehouse

2008

★★★★

 1973年の "Berlin"(3)の全曲をライヴで行った模様をジュリアン・シュナーベル監督がフィルムにおさめたロック・ドキュメンタリーのオリジナル・サウンドトラック. DVD も同時リリースされました.やはり35年の歳月を経ても, Rock 史上に残る最高傑作であることは間違いないと思います.

47

 *ORIGINAL ALBUM CLASSICS

2008

★★★

 1972〜76年の第1期 RCA 時代にリリースされた, "Lou Reed"(1), "Transformer"(2), "Berlin"(3), "Sally Can't Dance"(5), "Coney Island Baby"(8)の5作品を収録した Box Set.

48

 *The Best of Lou Reed

2009

★★★

 初期〜中期の12曲入りコンピレーション.