夏木 マリ

Discography Part 2

13

 *夏木マリ・ベスト

1979

★★★

収録曲:お手やわらかに/夏のせいかしら/マンゴの木の下で/チャイナタウン/悲しみ上手/それからどうするの/夏の夜明けは悲しいの/絹の靴下/パリの情事/哀愁/愛情の瞬間/これしかないのです/砂の女/裏切り/もうかんにんして/TWICE

 キングよりリリースされたベスト・アルバム.

14

 *Best Star Double Deluxe 夏木マリ

1979

★★★

収録曲:お手やわらかに/夏のせいかしら/マンゴの木の下で/チャイナタウン/悲しみ上手/夏の夜明けは悲しいの/それからどうするの/絹の靴下/マリのテーマ〜歌は恋人/パリの情事/哀愁/バスルーム・テレフォン/サテンの夜/裏切り/そっとジュテーム/TWICE/愛情の瞬間/砂の女/誤解はといて/これしかないのです/裸足の女王/もうかんにんして/媚薬/野生の女/桟橋の風景/一度イエスと言えば/愛の雨だれ/最后のお願い/ガラスの絆/ナイアガラ/淋しさに出逢うとき/愛人どまり

 アナログ2枚組でリリースされた,ベスト・アルバム決定版.

15

 *夏木マリ・ベスト・アルバム

1982

★★★

収録曲:絹の靴下/夏のせいかしら/お手やわらかに/愛情の瞬間/それからどうするの/裏切り/夏の夜明けは悲しいの/チャイナタウン/マンゴの木の下で/ナイアガラ/淋しさに出逢うとき/悲しみ上手/これしかないのです/わたしの本音

 この頃,長年所属したキング・レコードからポリドールに移籍したらしいのですが,その際リリースされたキングからのベスト・アルバム.ジャケット写真は,『夏木マリ・コレクション』(7)のジャケット写真と同じ時に撮影されたモノと思われますが,視線,手の位置など,微妙に違ってますです.

16

Mirror Ball

1982

★★★★★

収録曲:上海帰りのジル/HALF・MOON/ボサノヴァ/誘惑されて/あ・た・い/Gold・Fish/ミラーボールの夜/Smoking Letter/カンサス・幻の街/ハーバーライト・ヒストリー

 長年所属したキング・レコードからポリドールに移籍して放った第1弾アルバム. BORO 作の『ミラーボールの夜』・『ハーバーライト・ヒストリー』の2曲をフィーチュアしていることもあって,キング時代のセクシー歌謡を脱皮,ニュー・ミュージック的な仕上がりの作品となってます.そういえば, TV 番組『Gメン75』のエンディング・テーマに使われた名曲『ウィング』もこの時期の作品でした.収録曲のうち,『ボサノヴァ』・『あ・た・い』・『ハーバーライト・ヒストリー』の3曲は,この頃発売されたビデオにも収録されています(Videography 参照).

17

憧れのろくでなし/マリ

1985

★★★

収録曲:ZIGZAG 仁義/うわっつら/ニイさん表へ出ろ!/アコギ/憧れのろくでなし/第二幕が上らない/おまえといい場面/シャラップ/亜米利加囃子/Don't Feel Alone

 '80年代後半に入って,『マリ』名義でビクターからリリースされたアルバム.ヤクザ路線のマリさん? やはり意識的に従来のイメージからの脱却を図ったモノだったのか,それとも単なるお遊びか?

18

婦人倶楽部

1986

★★★★

収録曲:お天気マリさん/やにわなお嬢さん/東京グルマン・ナイト/媚薬 BODY/歩いて10分煮込んで5分逆さに振っても15分/愛人マンボ/いきなり愛の溜り場/忘れじのブルース/婦人倶楽部/マリア・マリ

 『マリ』名義の『憧れのろくでなし』に続いてビクターからリリースされた作品.キング時代のセクシー歌謡路線,ポリドール時代のニュー・ミュージック寄りな作品ともまた一風変って,コミカルな作品ですが,多分にお遊び的な要素がつまっていて,楽しいアルバムに仕上がっています.実はこの後から,約10年後の "La Marie en Septembre" までに至るまでのマリさんの音楽的活動についてはよく知らないのですが,女優としての活動がメインになったためでしょうか? 詳しく御存じの方,教えてくださいな.作詞にねじめ正一氏,ホイチョイ・プロダクション,また,『いきなり愛の溜り場』では泉谷しげる氏がデュエットで参加しています.現在, LP ・ CD ともに入手困難となっていて,一部で結構なお値段がついているみたいです.

19

 *BEST HITS COLLECTION
  夏木マリ・ベスト・ヒッツ

1991

★★★

収録曲:絹の靴下/お手やわらかに/夏のせいかしら/ガラスの絆/これしかないのです/裸足の女王/夏の夜明けは悲しいの/誤解はといて/チャイナタウン/マンゴの木の下で/愛情の瞬間/わたしの本音/ナイアガラ/それからどうするの/悲しみ上手/砂の女

 全16曲収録.キングからの初期ベスト CD.

20

 *MARI NATSUKI BEST HITS COLLECTION
  夏木マリ・ベスト・ヒッツ

1993

★★★

収録曲:絹の靴下/媚薬/裸足の女王/お手やわらかに/夏のせいかしら/砂の女/それからどうするの/ガラスの絆/誤解はといて/愛人どまり/サテンの夜/夏の夜明けは悲しいの/悲しみ上手/これしかないのです/チャイナタウン/マンゴの木の下で

 シングル・ヒットをほぼ年代順に収録したベスト・アルバム.

21

 *絹の靴下・お手やわらかに

1993

★★★

収録曲:絹の靴下/お手やわらかに/夏のせいかしら/愛情の瞬間/シルエット・ロマンス/ミラーボールの夜/ガラスの絆/さよならの鐘/誘惑されて/HALF・MOON/Gold・Fish/上海帰りのジル/あ・た・い/ Smoking Letter/ハーバーライト・ヒストリー

 ポリドールから1982年にリリースされた『Miller Ball』収録曲8曲に,キング時代の代表曲6曲および来生えつこ/来生えつこによる『シルエット・ロマンス』を収録.1993年にポリドールからリリースされた変則的コンピレーション.

22

 *Gメン '75 シングル・コレクション

1994

★★★

収録曲:ウィング

 同名 TV ドラマのエンディング・テーマを集めた企画盤.オリジナル・シングルは,1979年10月21日にリリースされたらしいですが,実はこの『ウィング』という曲,初期のマリさんの曲の中では,ベストだと思っておりますのよん.

23

 *with love from blue marble
  wildjumbo winter collection 1994

1994

★★★

収録曲:いちばん好きなもの

 徳間 Wildjumbo レーベルよりリリースされた8アーティストの作品を収録したサンプラー CD (非売品).

24

 *ゲンスブール・トリビュート

1995

★★★

収録曲:海,セックスそして太陽

 フランスの鬼才セルジュ・ゲンスブール没後4年のトリビュート・アルバム.10人のアーティストが,ゲンスブールの作品1曲ずつを,自らの意図に基づいて選んだ女性を歌手として,プロデュース.で,小西康陽氏はマリさんを選んだということらしいです.