中島 みゆき

Discography Part 2(1985 - 1991)

 84年の『はじめまして』あたりからサウンドに ROCK 色が強くなってきて,以前の『中島みゆき』のイメージから遠ざかっていき,一部で「みゆきさんご乱心」と囁かれました. 1986年のアルバム『36.5℃』には,正直なところブッとびましたもん.'88年の2枚も個人的には好きな作品です.



13

御色なおし

1985

★★★

収録曲:ひとりぼっちで踊らせて/すずめ/最愛/さよならの鐘/海と宝石/カム・フラージュ/煙草/美貌の都/かもめはかもめ

 他のシンガーへの提供曲を集めた2作目.個人的には『ひとりぼっちで踊らせて』 ・『すずめ』の2曲が好きでした.

14

Miss.M

1985

★★★★

収録曲:極楽通りへいらっしゃい/あしたバーボンハウスで/熱病/それ以上言わないで/孤独の肖像/月の赤ん坊/忘れてはいけない/ショウ・タイム/ノスタルジア/肩に降る雨

 いよいよ本格的に従来の『中島みゆき』からの脱却を指向している感のある作品です.さくらももこさんがOL時代に宴会で歌って顰蹙を買ったという名曲『極楽通りにいらっしゃい』が収録されていますです.

15

 *中島みゆき THE BEST

1986

★★★

収録曲:アザミ嬢のララバイ/時代/こんばんわ/夜風の中から/わかれうた/おもいで河/りばいばる/かなしみ笑い/ひとり上手/あした天気になれ/悪女/誘惑/横恋慕/あの娘/ひとり/孤独の肖像

 初のベスト・アルバム...だったのかな? 現在廃盤.

16

36.5℃

1986

★★★★★

収録曲:あたいの夏休み/最悪/F.O./毒をんな/シーサイド・コーポラス/やまねこ/HALF/見返り美人/白鳥の歌が聴こえる

 最高傑作.'70年代のみゆき嬢からは考えられないほどスケールの大きいサウンドを堪能させてくれます.実際にこのアルバムを最初に聴いたときはぶっとびました,もう完全に Rocker だぜい!って思いました.個人的には『あたいの夏休み』・『やまねこ』・『見返り美人』はみゆき嬢の Best Song だと思います.

17

歌暦

1987

★★★★

収録曲:片想 '86 /狼になりたい/悪女/HALF/鳥になって/クリスマスソングを唄うように/阿呆鳥/最悪/F.O./この世に二人だけ/縁/見返り美人/やまねこ/波の上

 『ご乱心』の頂点にあったみゆきさんが発表した初のライブ・アルバムで,CDのみ発売されました.みゆきさん自身の現在の自分の音楽に対する気持ちを表明した語りが収録されております.

18

 *Singles

1987

★★★

収録曲:やまねこ/シーサイド・コーポラス/見返り美人/どこにいても/あたいの夏休み/噂/つめたい別れ/ショウ・タイム/孤独の肖像/100人目の恋人/ひとり/海と宝石/あの娘/波の上/横恋慕/忘れな草をもおう一度/誘惑/やさしい女/悪女/笑わせるじゃないか/あした天気になれ/杏村から/ひとり上手/悲しみに/かなしみ笑い/霧に走る/りばいばる/ピエロ/おもいで河/ほうせんか/わかれうた/ホームにて/夜風の中から/忘れられるものならば/こんばんわ/強い風はいつも/時代/傷ついた翼/アザミ嬢のララバイ/さよなら さよなら

 デビュー・シングル『『アザミ嬢のララバイ/さよなら さよなら』から『やまねこ/シーサイド・コーポラス』までの20枚のシングルA・B面40曲をCD3枚に収録.この人のシングルもアルバム未収録曲や別テイクが多かったので,このアルバム発売とてもよろしかったです.

19

中島みゆき

1988

★★★★

収録曲:湾岸24時/御機嫌如何/土用波/泥は降りしきる/ミュージシャン/黄色い犬/仮面/クレンジング・クリーム/ローリング

 『ご乱心』時代最後の作品,「中島みゆきが産んだのは中島みゆきだった」とかってゆ〜キャッチ・コピーがついていたらしいですが,そうでしたっけ? このアルバムの中ではやはりトップとラストの『湾岸24時』と『ローリング』,そして『クレンジング・クリーム』の印象が強烈でした.

20

グッバイガール

1988

★★★★

収録曲:野ウサギのように/ふらふら/MEGAMI/気にしないで/十二月/たとえ世界が空から落ちても/愛よりも/涙 - Made in tears -/吹雪

 90年代のみゆきサウンドを語るのにかかせないアレンジャー・瀬尾一三氏を迎えての第一作,翌年より『夜会』を毎年開催するよ〜になり現在に至ります.このアルバムに収録されている『十二月』,ドラマチックな名曲だと思います.

21

 *中島みゆき PRESENTS ベストセレクション16

1989

★★★

収録曲:ひとり上手/横恋慕/誘惑/悪女/あの娘/見返り美人/土用波/あたいの夏休み/わかれうた/ホームにて/かもめはかもめ/月の赤ん坊/ミュージシャン/あした天気になれ/アザミ嬢のララバイ/時代

 ベスト・アルバム,現在廃盤.

22

回帰熱

1989

★★★

収録曲:黄砂に吹かれて/肩幅の未来/あり、か/群衆/ロンリー カナリア/くらやみ乙女/儀式(セレモニー)/未完成/春なのに

 他のシンガーへの提供曲を集めた3作目.個人的には『黄砂に吹かれて』・『春なのに』の2曲はやはり名曲だと思います.

23

夜を往け

1990

★★★★★

収録曲:夜を往け/ふたつの炎/3分後に捨ててもいい/あした/新曽根崎心中/君の昔を/遠雷/ふたりは/北の国の習い/with

 90年代初のアルバムはまさにロックン・ロールな1枚でした.瀬尾氏との仕事が一番軌道に乗っている感じがしたのがこの時期だったと思います.特に『夜を往け』と『with』の2曲はまさに名曲だったと思います.

24

歌でしか言えない

1991

★★★★★

収録曲: C.Q./おだやかな時代/トーキョー迷子/Maybe/渚へ/永久欠番/笑ってよエンジェル/た・わ・わ/サッポロ SNOWY/南三条/炎と水

 みゆき・サウンドのもうひとつの頂点を極めた作品.特にイントロダクション『C.Q.』から名曲3曲『おだやかな時代』・『トーキョー迷子』・『Maybe』へとたたみかけていく前半は絶品.またこの作品と前後して,みゆき嬢は初のビデオ作品『A FILM OF NAKAJIMA MIYUKI』を発表しますが,そちらも必見.