石川 セリ

Discography Part 1(1971 - 1982)

 1971年,日活がロマン・ポルノ路線に転向する前の最後の作品(と,どっかに書いてあった記憶があるのですが本当でしょうか?)『八月の濡れた砂』の主題歌でデビューしたセリさんは,翌年当時流行の歌謡フォークっぽいアルバムを発表.それから4年後,今度は荒井由美・瀬尾一三・下田逸郎等ニューミュージック系の作曲家の作品によるセカンドでカムバック,サード・アルバムでは井上陽水の作品を歌うことになります.その後初のライブ及び70年代ポップスのカバー・アルバムの発表と前後して陽水氏と結婚,一旦ミュージック・シーンから姿を消します.リアルタイムで聴いたのはセカンドからですが,他のニューミュージック系のシンガーにはない独特な雰囲気を持った人だったと思います.また「Never Letting Go」でのカバーは絶品だったと思うのですが...

 陽水氏との結婚後しばらくなりをひそめていたセリさんですが,1981年,パンタ・あがた森魚・松任谷由美等を作家陣に迎えた傑作アルバム『星くずの街で』で再度ミュージックシーンに姿を現します.この作品でも名前は「石川セリ」のままですが,作詞は「井上セリ」の名前でおこなっています.それから5年の間,途中2作目のライブ・アルバムをはさんで1年1作のペースでかなり良質の作品を発表していきますが,出産・育児のためか再度姿を消してしまい,人前に現れるのは車の運転のできない陽水氏を送り迎えするときだけだったという話もありますが...?

 ...で,突然1995年に,武満徹作品集で復活.故武満徹氏がセリさんの昔の作品を聴いて「自分の作品をうたってほしいよ〜」とリクエストしたのがきっかけらしいです.




1

パセリと野の花

1972

★★

【Side-A】
八月の濡れた砂 - 作詞:吉岡 オサム/作曲:むつ ひろし
野の花は野の花 - 作詞:伊藤 アキラ/作曲:樋口 康雄
あて名のない手紙 - 作詞:山川 啓介/作曲:樋口 康雄
鳥が逃げたわ - 作詞:伊藤 アキラ/作曲:樋口 康雄
天使は朝日に笛を吹く - 作詞:伊藤 アキラ/作曲:樋口 康雄
小さな日曜日 - 作詞:山川 啓介/作曲:樋口 康雄
【Side-B】
デイ・ドリーム - 作詞:鳥津 ゆう子/作曲:樋口 康雄
村の娘でいたかった - 作詞:伊藤 アキラ/作曲:樋口 康雄
私の宝物 - 作詞:石川 セリ/作曲:樋口 康雄
聞いてちょうだい - 作詞:石川 セリ/作曲:樋口 康雄
あなたに夢中よ - 作詞:石川 セリ/作曲:樋口 康雄
GOOD MUSIC - 作詞:野村 陽子/作曲:樋口 康雄

 俳優・故・川谷拓三氏が絶賛していた名曲『八月の濡れた砂』がメインのファースト・アルバム.『八月の…』以外の曲は全て作曲・樋口康雄氏.作詞陣は伊籐アキラ氏・山川啓介氏等ですが,『私の宝物』・『聞いてちょうだい』・『あなたに夢中よ』の3曲はセリさん自身の作詞です.全体的にもろ歌謡フォークといった作りのアルバムなので,1枚通して聴くのはちょっとしんどいかな?って感じ.

2

ときどき私は…Seri

1976

★★★★★

【Side-A】
Introduction 〜 朝焼けが消える前に - 作詞・作曲:荒井 由実
霧の桟橋 - 作詞・作曲:荒井 由実
ときどき私は… - 作詞:竜 真知子/作曲:佐藤 健作
虹のひと部屋 - 作詞:武田 全弘/作曲:瀬尾 一三
なんとなく… - 作詞:崎 南海子/作曲:佐藤 寿一
さよならの季節 - 作詞:松本 隆/作曲:瀬尾 一三
【Side-B】
ひとり芝居 - 作詞:松本 隆/作曲:荒井 由実
SEXY - 作詞・作曲:下田 逸郎
TABACO はやめるわ - 作詞・作曲:下田 逸郎
優しい関係 - 作詞:竜 真知子/作曲:萩田 光雄
フワフワ・WOW・WOW - 作詞:みなみ らんぼう/作曲:樋口 康雄
遠い海の記憶 - 作詞:井上 真介/作曲:樋口 康雄

 1976年に4年ぶりに出されたセカンド.当時売り出し中でセリさんの親友の荒井由美さんをはじめ,松本隆・松任谷正隆・下田逸郎・瀬尾一三・みなみらんぼう・矢野顕子らの各氏をスタッフに迎えて作られた作品.知名度・内容から次の『気まぐれ』をBEST にあげる人も多いですが,個人的にはこのアルバム全体に流れるアンニュイな雰囲気の方がセリさんの個性が生かされていて好きなのです.このアルバムには何故か彼女自身作詞の曲が含まれていません.

3

 *★WAVE★SERI 72/76

1976

★★★

【Side-A】:八月の濡れた砂/聞いてちょうだい/あなたに夢中よ/野の花は野の花/あて名のない手紙/デイ・ドリーム
【Side-B】:天使は朝日に笛を吹く/村の娘でいたかった/私の宝物/鳥が逃げたわ/小さな日曜日/海は女の涙/GOOD MUSIC
【Side-C】:Introduction 〜 朝焼けが消える前に/霧の桟橋/ときどき私は…/虹のひと部屋/なんとなく…/さよならの季節
【Side-D】:ひとり芝居/SEXY/TABACO はやめるわ/優しい関係/フワフワ・WOW・WOW/遠い海の記憶

 『パセリと野の花』と『ときどき私は…Seri』の全曲に,シングルのみでリリースされた『海は女の涙』(作詞:村川 透/作曲:樋口 康雄)を追加収録した形の LP 2枚組.

4

気まぐれ

1977

★★★★

【Side-A】
Moonlight Surfer - 作詞・作曲:中村 治雄
ひとりぼっちの日曜日 - 作詞:小林 慧/作曲:中村 治雄
昨日はもう - 作詞:石川 セリ/作曲:矢野 顕子
Midnight Love Call - 作詞・作曲:南 佳孝
Why - 作詞・作曲:芝 紀美子
【Side-B】
ダンスはうまく踊れない - 作詞・作曲:井上 陽水
すれ違い Highway - 作詞:石川 セリ/作曲:来生 たかお
Flight - 作詞・作曲:井上 陽水
るれーぶえらび - 作詞:野走 英美/作曲:長谷川 きよし
気まぐれ - 作詞:石川 セリ/作曲:井上 陽水

 作曲陣に中村治夫・矢野顕子・南佳孝・芝紀美子・来生たかお・長谷川きよしの各氏の名が見られますが,何といっても井上陽水氏の曲が3曲をしめているのが目を引きます.うち1曲は後に高樹澪さんによってヒットした『ダンスはうまく踊れない』,また1曲はセリさん本人の作詞の『気まぐれ』.陽水氏作以外の曲では『Midnight Love Call』・『Moonlight Surfer』・『Why』等の初期の代表作が収録されており,先述のとおり,このアルバムを初期の彼女の代表作とする方も多い様です.セリさん作詞はもう1曲『すれ違い Highway』.

5

Seri First Live

1977

★★★

【Side-A】
Opening - 作曲:佐藤 準
〜 You Are the Sunshine of My Life - Stevie Wonder
SEXY - 作詞・作曲:下田 逸郎
Let's Love - Paul McCartney
春を売った女 - 作詞:松本 隆/作曲:南 佳孝
青銅の女 - 作詞・作曲:芝 紀美子
あしたの風 - 作詞:来生 えつこ/作曲:来生 たかお
【Side-B】
八月の濡れた砂 - 作詞:吉岡 オサム/作曲:むつ ひろし
遠い海の記憶 - 作詞:井上 真介/作曲:樋口 康雄
Easy Evil - Alan O'Day / E. H. Morris
Knockin' on Heaven's Door - Bob Dylan
ダンスはうまく踊れない - 作詞・作曲:井上 陽水
気まぐれ - 作詞:石川 セリ/作曲:井上 陽水

 パルコ主催・企画・制作『石川セリコンサート』(西武劇場)と夢の企画舎主催『石川セリリサイタル』から収録された初のライブ・アルバム.アナログA面後半のオリジナル・アルバム未収録の『春を売った女』・『青銅の女』・『あしたの風』の3曲と,その直前に入る語りがけだるい感じですご〜くいいです.

6

Never Letting Go

1978

★★★★

【Side-A】
Just the Way You Are - Billy Joel
One Thing on My Mind - Evie Sands / Richard Germinario
How Many Lies - Veronique Sanson
Here Come Those Tears Again - Jackson Browne / N. Farnsworth
We're All Alone - Boz Scaggs
【Side-B】
Midnight Prowl - John David Souther
Desperado - Don Henley / Glenn Frey
Antonio's Song (The Rainbow) - Michael Franks
Love Has No Pride - Eric Kaz / Libby Titus
Never Letting Go - Stephen Bishop

 最初で最後のポップス・カバー・アルバム.名曲ばかり10曲が収録されていますが,中でも Billy Joel の "Just The Way You Are",Boz Scaggs の "We're All Alone",Eagles の "Desperado",Linda Ronstadt が歌っていた "Love Has No Pride" あたりがセリさんのキャラクターに合っていて良いです.しかし..., "We're All Alone" の邦題が『二人だけ』ってのは,どうなんだろね...?

7

 *Seri Best

1978

★★★

【Side-A】:ダンスはうまく踊れない/Midnight Love Call/Moonlight Surfer/SEXY/朝焼けが消える前に/虹のひと部屋/気まぐれ
【Side-B】:フワフワ・WOW・WOW/ひとり芝居/鳥が逃げたわ/村の娘でいたかった/ときどき私は…/海は女の涙/小さな日曜日/遠い海の記憶/八月の濡れた砂

 『パセリと野の花』・『ときどき私は』・『気まぐれ』からのセレクト+オリジナル・アルバム未収録の『海は女の涙』を収録したベスト・アルバム.

8

 *石川セリ・ベスト・コレクション

1978

★★★

【Side-A】:八月の濡れた砂/村の娘でいたかった/鳥が逃げたわ/海は女の涙/小さな日曜日/遠い海の記憶
【Side-B】:朝焼けが消える前に/ときどき私は…/虹のひと部屋/ひとり芝居/SEXY/フワフワ・WOW・WOW
【Side-C】:ダンスはうまく踊れない/すれ違い Highway/Midnight Love Call/Moonlight Surfer/昨日はもう/気まぐれ
【Side-D】:Opening 〜 You Are the Sunshine of My Life/Let's Love/春を売った女/青銅の女/あしたの風/ガラスの女

 こちらは2枚組ベスト.『パセリと野の花』・『ときどき私は』・『気まぐれ』・『Seri First Live』からのセレクト+オリジナル・アルバム未収録の『海は女の涙』・『ガラスの女』(作詞:なかにし 礼/作曲:坂田 晃一)を収録.

9

10

星くずの町で

1981

★★★★★

【Side-A】
真珠星(Pearl Star) - 作詞・作曲:中村 治雄
手のひらの東京タワー - 作詞・作曲:松任谷 由実
風のない白い夏 - 作詞:難波 保明/作曲:岩沢 二弓
SNOW CANDLE - 作詞・作曲:中村 治雄
不思議アラビアンナイト - 作詞:崎 南海子/作曲:矢野 誠
【Side-B】
大じゅもん〜ひとつひとつあなたに - 作詞:井上 セリ/作曲:矢野 顕子
バイ・バイ・オートバイ - 作詞・作曲:あがた 森魚
OFF TO THE OUTAR LAND - 作詞:Romy/作曲:杉 真理
ROSE BUD - 作詞:井上 セリ/作曲:あがた 森魚
星くずの街で抱きしめて - 作詞・作曲:大貫 妙子

 1981年度に出された復帰第1作.パンタ・あがた森魚・松任谷由美・矢野顕子・大貫妙子らがゲスト参加の名盤.セリさんの全キャリアを通じてのBEST だと思います.アルバム全体の雰囲気もすご〜く良いですが,特に最初の『真珠星(Pearl Star)』からの3曲は絶品です.発売直後に何故かジャケットが -a から -b へ変更になりました.理由を知っている方教えて下さい.セリさん自身の作詞は『大じゅもん〜ひとつひとつあなたに』と『ROSE BUD』の2曲.

11 Mobius
1982
★★★★
【Side-A】
FAIRY TALES - 作詞:森 雪之丞/作曲:中村 治雄
ヘルミーネ - 作詞・作曲:小宮 康裕/補作詞::イノウエ ジュンコ
水晶の壁 - 作詞:井上 セリ/作曲:矢野 誠
メビウスのダンスホール - 作詞:森 雪之丞/作曲:矢野 誠
【Side-B】
川景色 - 作詞・作曲:松任谷 由実
とめどなく - 作詞:来生 えつこ/作曲:来生 たかお
VAPOROUS - 水蒸気 - - 作詞:イノウエ ジュンコ/作曲:メリー・コルベット
六色の虹 - 作詞:井上 セリ・森 雪之丞/作曲:メリー・コルベット
マクロコスモス - 作詞・作曲:福沢 もろ
 このアルバムも良いです.この時期のセリさんのアルバム,ハズレの全くないところが凄いです.1年1作というペースが理想的だったのでしょう.このアルバムでもパンタ・矢野誠・松任谷由美・来生たかお・来生えつこ等豪華な作家陣が詞曲を提供していますが,何といってもオススメは『川景色』・『とめどなく』の2曲.セリさん自身の作詞は『水晶の壁』・『六色の虹』(後者は森雪之丞氏との共作)の2曲.

12

 *デラックス・パッケージ '82

1982

★★★

【Side-A】:八月の濡れた砂/村の娘でいたかった/鳥が逃げたわ/海は女の涙/小さな日曜日/遠い海の記憶
【Side-B】:朝焼けが消える前に/ときどき私は…/虹のひと部屋/ひとり芝居/SEXY/フワフワ・WOW・WOW
【Side-C】:ダンスはうまく踊れない/すれ違い Highway/Midnight Love Call/Moonlight Surfer/昨日はもう/気まぐれ
【Side-D】:Just the Way You Are/How Many Lies/We're All Alone/Antonio's Song (The Rainbow)/Love Has No Pride/Desperado

 Side A〜 C は『石川セリ・ベスト・コレクション』と全く同じで,『パセリと野の花』・『ときどき私は』・『気まぐれ』からのセレクト+『海は女の涙』,Side D は『Never Letting Go』からのセレクト.