吉田 拓郎

Discography Part 1-5(Oliginal Albums 1990 - 1999)

 サッポロ・ビールのTVコマーシャルであの広岡達朗氏と共演(?)して以来,以前あれほど嫌っていたのがウソの様にますますTVに接近していった拓郎氏は,ついには紅白出演や番組司会までこなすようになります.お金に困っていたのでしょうか? それはともかく,拓郎さんにだけは髪を切って欲しくなかった... ひとつの時代が終わりました.

27
176.5

1990

★★★★

落陽 - 作詞:岡本 おさみ/作曲:吉田 拓郎
星の鈴 - 作詞:森 雪之丞/作曲:吉田 拓郎
車を降りた瞬間から - 作詞・作曲:吉田 拓郎
俺を許してくれ - 作詞・作曲:吉田 拓郎
30年前のフィクション - 作詞:森 雪之丞/作曲:吉田 拓郎
しのび逢い - 作詞・作曲:吉田 拓郎
妄想 - 作詞:森 雪之丞/作曲:吉田 拓郎
憂鬱な夜の殺し方 - 作詞:森 雪之丞/作曲:吉田 拓郎
光る石 - 作詞:森 雪之丞/作曲:吉田 拓郎
はからずも、あ - 作詞・作曲・:吉田 拓郎
祭りのあと - 作詞:岡本 おさみ/作曲:吉田 拓郎


CD : FLCF-31006
 自らの身長をタイトルにした『等身大の自分』を表現したアルバムだと言われています.とすると... 初めてスタジオ録音された『落陽』と歌詞の途中に『まにあうかもしれない』を挿入した『祭りのあと』のセルフ・カバー,シングル・カットされた『俺を許してくれ』がとても意味深なものに思えてきます.一体何を考えていたのか...?

28
detante

1991

★★★

放浪の唄 - 作詞・作曲:吉田 拓郎
たえなる時に - 作詞・作曲:吉田 拓郎
シリアスな夜 - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎
ロマンチックを送って - 作詞・作曲:吉田 拓郎
渚にて - 作詞・作曲:吉田 拓郎
ひとりぼっちの夜空に - 作詞:康 珍化/作曲:吉田 拓郎
地下鉄にのって - 作詞:岡本 おさみ/作曲:吉田 拓郎
青空 - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎
男達の詩 (Remix Version)  - 作詞・作曲:吉田 拓郎
友あり - 作詞:康 珍化/作曲:吉田 拓郎
レールが鳴ると僕達は旅がしたくなる - 作詞・作曲:吉田 拓郎
時には詩人のように - 作詞・作曲:吉田 拓郎
裏窓 (Bonus cut on CD) - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎


CD : FLCF-30102
 実質的な90年代最初の作品.「この人だけは一生変わらないんだろな...」と思わせるもののあった拓郎氏ですが(勝手に私がそ〜思っていただけか?),この頃から髪は短くするは,TVには出るは,以前の拓郎氏からは考えられない行動を取るようになって現在に至ります.明石家さんまさんじゃなくても「騙されたわ!」と言いたくなる変貌ぶりでした.で...『緊張緩和』と題されたこのアルバムですが,そんな本人の心境を投影してか,精神的な安らぎをテーマにリラックスした作品作りをしているようです.急にこの人歳取っちゃった...という感じがして寂しかったです.「僕はすこし変わったでしょう?」と歌ってますが,変わり過ぎだって...

29
吉田町の唄

1992

★★★★

イントロダクション - 作曲:吉田 拓郎
夕映え - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎
夏・二人で - 作詞・作曲:及川 恒平
いつもチンチンに冷えたコーラがそこにあった - 作詞・作曲:吉田 拓郎
そうしなさい - 作詞・作曲:吉田 拓郎
海を泳ぐ男 - 作詞・作曲:吉田 拓郎
今度はいったい何回目の引越しになるんだろう - 作詞・作曲:吉田 拓郎
ありふれた街に雪が降る - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎
想ひ出 - 作詞・作曲:吉田 拓郎
吉田町の唄 - 作詞・作曲:吉田 拓郎
僕を呼び出したのは - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎

CD : FLCF-30135
 91年,新潟県吉田町の町おこしの一環,『吉田町サミット』のテーマソングとして作曲を依頼された表題作を含むノスタルジックなアルバム.アルバムの出来自体悪くありませんが,あまりこういう方向に走ってほしくないような気がしました.旧友・及川恒平氏(元六文銭)の名曲『夏・二人で』収録.

30
TRAVELIN' MAN

1993

★★★

ロンサム・トラベリン・マン - 作詞・作曲:吉田 拓郎
AKIRA - 作詞・作曲:吉田 拓郎
今度はいったい何回目の引越しになるんだろう - 作詞・作曲:吉田 拓郎
海を泳ぐ男 - 作詞・作曲:吉田 拓郎
吉田町の唄 - 作詞・作曲:吉田 拓郎


CD : FLCF-21230

 93年10月13日,NHK101スタジオで収録されたスタジオ・ライブ.TVオン・エアされ,レコードの売上は全額鹿児島県吉田町に寄付されたそ〜です.このミニ・アルバムには新曲2曲と『吉田町の唄』からの3曲の計5曲が収録されていますが,ビデオ・LDには当日録音された全曲の様子が収められています.どうせならアルバムにも全曲納めてほしかった...というのが正直な感想です.

31
LONG TIME NO SEE

1995

★★★★

とんと御無沙汰 - 作詞:阿木 耀子/作曲:吉田 拓郎
淋しき街 - 作詞・作曲:吉田 拓郎
夢見る時を過ぎ - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎
オー・ボーイ - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎
マスターの独り言 - 作詞・作曲:吉田 拓郎
君のスピードで - 作詞・作曲:吉田 拓郎
永遠の嘘をついてくれ - 作詞・作曲;中島 みゆき
生きていなけりゃ - 作詞・作曲:吉田 拓郎
To the Moon - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎
夕陽と少年 - 作詞:石原 信一/補作詞・作曲:吉田 拓郎

CD : FLCF-3569
 タイトル通り『久しぶり』約3年振りのスタジオ作で,アルバムの帯には「放っておいてくれてありがとう」というコピーが... 『Shangri-la』(LA)・『サマルカンド・ブルー』(NY)に次ぐ3枚目の海外録音版(バハマ).特筆すべきは拓郎氏が中島みゆきさんに作詞作曲を依頼したという『永遠の嘘をついてくれ』, '70年代の拓郎節を髣髴とさせる字あまり調で,「時代へのオマージュか?」とか評されていましたが...

32
感度良好 波高し

1996

★★★

ベイ・サイド・バー - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎
今日までそして明日から - 作詞・作曲:吉田 拓郎
いつでも - 作詞:岡本 おさみ/作曲:吉田 拓郎
マンボウ - 作詞:岡本 おさみ/作曲:吉田 拓郎
遥かなる - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎
センチメンタルを越えて - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎
夢を語るには - 作詞:岡本 おさみ/作曲:吉田 拓郎
心のままに - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎
漂流記 - 作詞:岡本 おさみ/作曲:吉田 拓郎
この国 Japan - 作詞:石原 信一/作曲:吉田 拓郎
まァ 取り敢えず - 作詞:阿木 耀子/作曲:吉田 拓郎

CD : FLCF-3646
 拓郎氏40代最後のアルバム.前作とほぼ同じ外国人ミュージシャンをメンバーに起用し,ロスアンジェルスで録音されました.

33

MinnaDaisuki
/ Takuro Yoshida & Love2 ALL STARS

1997 ★★★★

伽草子 - 作詞:白石 ありす/作曲:吉田 拓郎
結婚しようよ - 作詞・作曲:吉田 拓郎
おきざりにした悲しみは - 作詞:岡本 おさみ/作曲:吉田 拓郎
こっちを向いてくれ - 作詞:岡本 おさみ/作曲:吉田 拓郎
旅の宿 - 作詞:岡本 おさみ/作曲:吉田 拓郎
ひらひら - 作詞:岡本 おさみ/作曲:吉田 拓郎
春だったね - 作詞:田口 淑子/作曲:吉田 拓郎
我が良き友よ - 作詞・作曲:吉田 拓郎
せんこう花火 - 作詞:古屋 信子/作曲:吉田 拓郎
マーク II - 作詞・作曲:吉田 拓郎
ともだち - 作詞・作曲:吉田 拓郎
たどり着いたらいつも雨降り - 作詞・作曲:吉田 拓郎
夏休み - 作詞・作曲:吉田 拓郎
どうしてこんなに悲しいんだろう - 作詞・作曲:吉田 拓郎
人生を語らず - 作詞・作曲:吉田 拓郎
野の仏 - 作詞:岡本 おさみ/作曲:吉田 拓郎
全部だきしめて - 作詞:康 珍化/作曲:吉田 拓郎


CD : FLCF-3702

 拓郎氏自身によるセルフ・カバー・アルバム.良い出来だとは思いますが,実を言うと私この方にこの手のアルバム作ってほしくなかったです.しかしながら,セールス的には,拓郎さんのアルバムの中で最大の売上げを記録したらしいですね?


34

Hawaian Rhapsody

1998
★★★

Hawaian Sunrise Sunset (Instrumental) - 作曲:佐藤 行善
イメージの詩 - 作詞・作曲:吉田 拓郎
僕達のラプソディ - 作詞:吉田 拓郎/作曲:吉田 建・武部 聡志
Pillow - 作詞:川崎 真理子/作曲:武部 聡志
例えば犬の気持ちで - 作詞・作曲:鈴木 慶一
僕の人生の今は何章目ぐらいだろう - 作詞・作曲:トータス 松本
Not too Late - 作詞:吉田 拓郎/作曲:織田 哲郎
ハピネス - 作詞:吉田 建/作曲:井上 慎二郎
こころのボーナス - 作詞・作曲:忌野 清志郎
全部だきしめて(tropical) - 作詞:康 珍化/作曲:吉田 拓郎
Banyan Beach Bar (Instrumental) - 作曲:中西 圭三


CD : FLCF-3733

 名曲『イメージの詩』再録.それ以外の曲のほとんどが他人の作品で占められています.この方もいいおじさんになってしまった...という感じがしました.