井上 陽水

Discography Part 2 (1979 - 1985)



15

スニーカーダンサー

1979

★★★★

 この人にしては珍しく,『スニーカーダンサー』(高中正義),『事件』(小室等),『海へ来なさい』(星勝)の3曲の作曲を他人に依頼しています.だからというわけでもありませんが,歌詞が印象的な作品が多いです.ポリドール時代の叙情性がだんだん払拭されていって,超現実主義的な歌詞が評価されていった時期ですが,特に『事件』と『娘がねじれる時』の歌詞が印象的でした.

16

 *23区コンサート 東京旅行/小室 等

1979

★★★

 ゲスト出演した際の,『家へお帰り』を収録. 

17

 *限りなく透明に近いブルー/OST

1979

★★★

 村上龍氏の芥川賞受賞作が,同氏自身の脚本・監督によって映画化されたもののサウンドトラック.陽水氏は Paul Simon 氏の2作品をカバーしています.

18

EVERY NIGHT

1980

★★★★

 ますますシュ−ルになって行く歌詞がいいです.今回は全曲の作詞作曲を本人自身でやっています.

19

 *ニューヨーク24時間漂流コンサート/小室 等

1981

★★★

 井上陽水・小室等・吉田拓郎の3人がビートルズ・ナンバーを演っているところに,偶然オノ・ヨーコさんが通りかかるという感動的なシーンが収録されています.ビートルズ・フリークとしても有名な陽水さんが, "If I Fall" , "All My Loving" , "And I Love Her" の3曲を歌っています.

20

 *GOOD PAGES

1981

★★★

 1975年の『GOOD PAGES』(6)と同タイトルですが,再発盤ではなく,また1976年の『GOOD PAGES II』(8)とも関係なく,新たに選曲しなおしたポリドール時代のベスト・アルバム.ややこしい.

21

あやしい夜をまって

1981

★★★★

 今回は『スニーカーダンサー』(15)の場合と逆で,『海はどうだ』(友部正人),『風のエレジー』(阿木燿子),『マリーナ・デル・レイ〜ナイト・メロディー』(松本隆)の3曲の作詞を他人に依頼しています.マンネリを避けるための試行錯誤かしら?




22

 *SO

1982

★★★

 デビュー10周年記念,完全限定によるコンピレーション.ポリドール・ FOR LIFE 時代のレーベルを越えたベストを両社がそれぞれ1枚ずつリリースしたものの,ポリドール編集盤.

23

 *MUCH

1982

★★★

 デビュー10周年記念,完全限定によるコンピレーション.ポリドール・ FOR LIFE 時代のレーベルを越えたベストを両社がそれぞれ1枚ずつリリースしたものの,FOR LIFE 編集盤.

24

LION & PELICAN

1982

★★★★

 ある意味で, FOR LIFE 移籍後の陽水ミュージックが完成に至ったような感を受けるアルバムです.『とまどうペリカン』,『チャイニーズ フード』,『カナリア』,『リバーサイド ホテル』,『ワカンナイ』,『背中まで45分』と粒ぞろいの中期の名曲が多数収録されていて,でらちゃんとしては個人的に好きな作品です.

25

バレリーナ

1983

★★★★

 こちらは何と言っても内容もさることながら,でらちゃん好みのジャケットが最高!です.嬉しい.

26

9.5 カラット

1984

★★★★★

 他アーティストへの提供曲を多数収録した初のセルフ・カバー・アルバム.『氷の世界』(4)に続いて2枚目のミリオン・セラーを記録したアルバムとしても有名ですが,陽水さんのコンポーザーとしての力量が最大限に発揮されている作品だと思います.

27

 *明星

1985

★★★

 ポリドール時代の最新コンピレーション.全10曲収録.

28

 *平凡

1985

★★★

 FOR LIFE 移籍後の最新コンピレーション.全12曲収録.