綾辻 行人

長編小説3(2012 - )



1 奇面館の殺人 2012 講談社文庫 ★★★
 『館』シリーズ第9弾(第2期第4弾).前半を読み進めていくと,こういったシチュエーションでは予想されるストーリーの展開で,この作者ですから後半は当然予想もつかない方向へ進んでいくのだろうと思っていると,後半はやはりその通りなのですが,作者も明記している通り,「何だか話が飛躍しすぎのような」展開を見せてくれるのです.正直くたびれました.解説は佐々木敦氏.