井上 夢人

 1950年,東京生まれ(福岡生まれとしている紹介記事もある).1982年,徳山諄一とコンビを組んだ岡嶋二人作品『焦茶色のパステル』で第28回江戸川乱歩賞を受賞.1986年,『チョコレートゲーム』で第39回日本推理作家協会賞を受賞.1989年,『99%の誘拐』で第10回吉川栄治文学新人賞を受賞.同年,『クラインの壺』刊行と同時にコンビを解消する.1992年,『ダレカガナカニイル…』で井上夢人としてデビュー.次々に話題作を発表するかたわら,『Web 新潮』にオンライン小説『99人の最終電車』を連載するなど,多彩な活動を続けている.

作品1(1992 - 2001)

作品2(2002 -)