10/6(土) 大宮アルディージャVSサガン鳥栖

今日は2時間前に大宮S場に到着。アルパパとアウェイゴール裏からの入場。
バックスタンドはまだまだ 人がいなく 逆サイドから来る みんくくじらさんを待ち 弾幕を張った。
早速「X作戦」の準備を・・・。Tシャツ うちわ オレンジ紙をスタンバイさせ 1時間前になると 続々と応援会メンバーも
集まり 応援会の前に座ってる 知らない観客にも 熱いメッセージ入りのオレンジ紙を配る。

選手入場の時 一斉にオレンジ紙を掲げると さらにすごい事が。ゴール裏もオレンジボードを掲げ
選手を迎い入れる。おぉー 綺麗だぁ〜。。。

この日の安ちゃんは 何か 仕掛けようとしてた(私にはそー感じた)
ライン際で 相手選手のマークに合ってる時 「あそこにボールをやれ」と斎藤選手を指指してた
しかし マークのきつい安ちゃんにワザワザ ボールを預けるから 縦は切られるし パスの出し所がない。
私が思うには DFがボール持って上がったら 安ちゃんでなく 斎藤選手にボールを渡し マークに合ってる安ちゃんは
相手選手を 引き連れて 中に入り 空いたスペースに斎藤選手が右サイド 突破していくという風にしたかったんじゃないかと。

後半は原崎選手とのポジションチェンジも見られ 攻撃的になっていた。何度も ゴール前でのチャンスがあったものの
どこかのチームと同じで 枠に飛ばない・・・シュート打つたびに上がる 私の腰とガッツポーズは その度に あの硬い椅子に
吸い込まれていった。(座りっぱなしだと お尻が痛くて・・・)
1-0で 大宮は勝利したが あと4〜5点は取れる内容だった。それほど決定的チャンスがあったのだ。
でも京都戦に比べれば 私の中のハラハラ感はなかった。

選手がバックスタンドに挨拶に来た時は 選手が横に揃うまで そっぽ向いていたが 頭を下げ ゴール裏に向かう時 やっと
安ちゃんは 応援会席を見て 手を上げてくれた。「X作戦」は 安ちゃんの為だぞぉー いつもと違うってわかってくれたかな???

勝利の余韻に浸り 私たちは祝勝会へ。翌日ホテルを取ってあった私は 時間も飲量も気にしなくていいので いつも
清く 正しく 美しく(?)を演じてた私は 事もあろうに ほとんど素になってしまった(汗)
さらに 京都遠征メンバーで 祝勝二次会をし 今後の観戦予定を立て 安ちゃんの? 応援会の?
ご健勝とご発展を願い お開きに。怪しい道を通ってホテルに行かねばならぬ 私を 紳士4人が送ってくれ 一日を終えました。。。