第2節  3/20  大宮アルディージャVSモンテディオ山形 

晴天の中 大宮駅に降り立ち 一路大宮サッカー場へ。

去年の8月ぶりの安ちゃんのプレーが見れるという事で ドキドキワクワクハラハラ。。。

スタジアムに入り 「安藤正裕応援会」の方達と合流。 一番前の席で
「巧速仕掛人・安藤」の弾幕と手で揚げ 選手入場を待つ。
それまで興奮を態度に表すことなくいた私もキックオフの笛と同時に
ピッチに立ってる安ちゃんの姿に 感無量という感じでした。
この日を この姿を待ち望んでいた。
例えJ 2という場であっても 安ちゃんがサッカーをする事には
間違いがない。 

前半は安ちゃんは向こうサイドにいたが再三右サイドを上がる安ちゃんは 
やっぱり安ちゃんだった。しかし 大宮は山形に先制されてしまう。
 そこからだった。
私が感じた事。 素人の私が感じた事。
後半になると益々 その違いが目に見えてわかった。 それは 中盤のプレスが無い事、
ボールを持った選手へのフォローや その他の選手のポジション取り  スペース作りが無い事。
あとは バルデスにボールを集めすぎ。(まぁこれは当然の事としても)
バルデスには 山形DFの激しいマークがついてる 必ず 2人はピッタリとついてる。
それでも バルデスにボールを出す。前を向いてボールをもらえない時には 
一度落とすのに2列目以降の選手が詰めてない。結局そのまま 拾われてしまう。 

後半1点返し同点になったものの 詰めの甘さは前半のまま。 
PKのチャンスでは GKにはじ返されせこぼれた所をまたシュートしたが オフサイドを取られ
ノーゴール。結局2点目を入れられ 試合は負け。 

大宮の公式戦を見たのは今日が初めてだった事と 安ちゃんびいきで見てたけど
それを抜きにしても ちょっとびっくりしたっていうのが本音かな・・・。
J 1昇格を狙うチームが欠点あらわに試合をしてる。 でもこれだけ最初に悪い所を見た
おかげで(?)次回からは 楽しみが増えた。 J 2も面白い。 あとはJ 1に上がりたいと思う選手と
今の現状に満足をしてる選手との差をどう埋めていくかかな・・・。  

試合の後は 応援会の方と「反省会」を。 何だかんだ言ってもさぁ〜(←静岡弁)
私は 今日安ちゃんがピッチにたつ姿見れた事が嬉しかった。試合の結果より・・・嬉しかったの。