1月 桑原ジュビロスタート、鹿児島キャンプ

 2月 10日 アジアクラブ選手権 浦須戦で負傷退場(相手との接触で左足内側の靭帯を伸ばす)

 2月 20日 スポーツ功労者顕彰 有馬文部大臣より表彰される。政務次官(森田健作)の顔を見てびっくり!

 2月 27日 プレシーズンマッチ レッズ戦で復帰(前半のみ)

 4月 30日 アジアクラブ選手権でジュビロ初優勝、アジアNO.1に!!

 5月 19日 セレッソ大阪戦で右ひざ半月板を痛めるが、優勝目前の為その後の2試合に強行出場

 5月 26日 1stステージ優勝が決定、奥の歓喜のVゴール!優勝祝賀会は怪我をしているとは思えないほどのはしゃぎぶり。

 5月 28日 右ひざ半月板を内視鏡手術

 5月 29日 最終戦を飾れず、ジュビロ1st 優勝 (12勝3敗)で終了

 6月 25日(日本時間26日)ボカ・ジュニアBチームとの練習試合中、相手DFに蹴られて右眼窩底骨折。

                 南米選手権断念、29日アルゼンチンより緊急帰国。

今まで経験した中でトップ3に入る痛みだったとか。蹴られた瞬間に、眼球に圧力がかかって奥に入り、その内圧で周りの骨が砕け、もし骨が砕けなかったら、失明。目の横と下に、骨の代わりにシリコンを入れてあるそうです。病院の非常階段で音楽を聞きながら上り下りしながらリハビリ。

 8月 28日 2ndステージアントラーズ戦で復帰するが、PKを・・・・

10月 23日 アジアスーパーカップ第1戦で気迫のゴンゴール!(左太腿肉離れ、両膝痛、右手薬指骨折で満身創痍の体)

11月  7日 サンフレッチェ戦で4月24日(エスパルス戦)以来のJゴンゴール

11月 18日 アジアスーパーカップ第2戦でジュビロ初優勝を決める。ゴンMVPに 

11月 27日 ジュビロ2nd 12位 (5勝9敗1引き分け)で終了。今季6得点

12月  4日 チャンピオンシップ第1戦 ゴンのカメ・ヘッドでジュビロ先勝

12月 11日 第2戦PK戦に突入し、見事ジュビロがエスパルスを倒し2度目の日本一!!

12月 16日 左ひざ半月板を内視鏡手術、翌日からリハビリ開始

12月 27日 優勝パレードと優勝報告会 


 1月 ハジェブスキー監督就任

 2月 16日 アジアカップ・ブルネイ戦で世界最速ハットトリックを達成!

 2月 25日 アジアクラブ選手権 シンタナ戦で右足首を捻挫。ゼロックスに向けてリハビリ開始

 3月  4日 ゼロックススーパーカップでジュビロPK戦の末、初優勝。まずは1冠

ゴン:「痛み止めを飲んで出場したので痛みは感じませんでした。アドレナリンが出ていたし意気込みも違っていましたね。
PKは右足首のことを考えてしまって・・・言い訳になりませんね。しっかりコースを狙わないと。勇史様様です。」

ハット:「ゴンのためにあった試合だと思ったんだけど、らしくないね。はずすのは中山だけどね。」    

 3月 15日 キリンビバレッジ 中国戦で左ふくらはぎを15cm切る怪我を負う

 4月 22日 アジアクラブ選手権決勝、惜しくも延長戦で敗れ準優勝に

 5月 27日 ジュビロ1st 5位 (9勝6敗)で終了。

 7月 26日 神戸戦で2ゴールを上げ、Jリーグ通算100ゴール達成!

 9月 ハジェブスキー監督退団、鈴木監督が就任。6日のナビスコ京都戦より指揮を取る。

 9月 30日 東海CS清水戦で、ループシュートを決める。これって大ニュース?

11月 23日 広島戦でハットトリック達成、得点王を狙える位置に。

11月 26日 G大阪戦で2得点し、J初2度目の得点王に決定。

12月 11日 Jリーグアウォーズ得点王の表彰式「ゴールの王様中山です!」 ベストイレブンに選ばれる。

 

 1月 3日 日韓選抜対世界選抜カズさんと共に出場。21世紀初のゴンダンスを披露。

 1月23日〜テレビ番組がらみで夫婦揃って韓国旅行へ。

 2月 1日 鈴木監督のもと王座奪還、ジュビロ世界へを目指してスタート。

 2月12日 宮崎キャンプスタート

 2月17日 G大阪との練習試合で左足首捻挫

 2月24日 キャンプ最終日の仙台戦で復帰

 2月28日 21世紀初のゴンゴール。城南一和との練習試合(ジュビロスタジアム)

 3月 6日 世界クラブ選手権予選リーグ組み合わせ決定。初戦はレアル・マドリード(スペイン)

 3月17日〜18日 アジアクラブ選手権準々決勝リーグ地・インドネシアへ約20時間かけて移動

 3月27日 インドネシアから帰国後すぐに練習。副鼻腔炎のため、激しい咳が続き病院へ通う。

 4月14日 リーグ戦5試合めで待望のゴンゴール!(セレッソ戦)

 4月16日 スペイン戦に向けて日本代表復帰。

 5月 3日 J通算113得点で、トップのカズと並ぶ。(浦和戦)

 5月18日 世界クラブ選手権、突然2003年に延期が決定。大ショック!!

 5月19日 J通算200試合出場達成!(札幌戦)・・・「通過点にしかすぎない」

 5月26日 アジアクラブ選手権決勝で水原三星に敗れ、昨年に続いて準優勝。

 5月31日〜6月10日 コンフェデ杯にスーパーサブ(背番号11)として出場。どの会場でも大歓声!

 6月11日 チーム練習に合流

 7月 1日〜4日 キリン杯もスーパーサブとして出場。

 7月 5日 濃霧のため欠航。大分から磐田まで約8時間かけて移動し、チーム練習に合流。

 7月 7日 1stステージ優勝決定、高原のVゴール!!(横浜国際)

 7月21日 J通算117得点で単独トップに!(神戸戦)

 8月 4日 オールスター3度目の出場で初のゴール。MIPを受賞して100万円をゲット。

 9月 8日 東京V戦でリーグ戦初めてのVゴールを決めた。(1999年のCSは除く)でもあと6分早ければ・・・。

 9月26日 鹿島戦で右ひざ靭帯を痛め途中交代。29日のセレッソ戦ではテーピングしながら90分フル出場。

10月27日 ナビスコ決勝で敗れる。PK戦でジュビロは中山だけ決めるという驚き?の結果に。左肋骨を負傷。

11月 7日 イタリア戦で日本代表復帰。後半42分途中出場で2回もチャンスを作る。

12月 2日 チャンピオンシップ第1戦後半9分素晴らしいミドルシュートを決める。

 

 1月 5日〜 「いつでも笑みを」ベトナム旅行へ

 1月21日 日本代表候補合宿(指宿)に参加。

 1月28日 ジュビロの練習開始。

 2月12日 鹿児島キャンプに合流。

 2月19日 2002年最初のゴンゴールはキャンプ最終日の仙台との練習試合。

 2月20日 コナミ「ウインニグイレブン」イメージキャラクターに。

 3月 2日 1stステージ開幕。高原がアルゼンチンから戻り、ゴン&タカ2トップが復活。

 3月13日 ウクライナ戦に向けた代表メンバーから外れる。

 4月22日 キリンカップに向けた代表メンバーに名前なし。「中山待望論」が出始める。

 5月 3日 欧州遠征のメンバーに名前なし。

 5月 9日 札幌戦後、ホームのサポーターから「中山ニッポン!」の声援を受ける。

 5月12日 仙台スタジアムでアウェーのサポーターからも「中山ニッポン!」の声援を受ける。

 5月17日 Wカップ代表メンバー発表。「中山雅史 10番」

 5月21日 代表合宿がスタート。(北の丸)

 5月25日 昨年11月7日イタリア戦以来6ヶ月半ぶりに代表戦(スウェーデン戦)に出場。でもアナウンスは「マサシ ヤマナカ」

 6月 9日 Wカップロシア戦、後半27分交代出場。

 6月25日 大久保で練習再開。鈴木監督「やっぱり来たね。」

 8月17日 柏の葉で1stステージ優勝が決定。

 8月31日 2ndステージ開幕戦で久しぶりの勝利。(神戸戦)

 9月30日 ベストジーニスト協議会選出部門で表彰される。

10月 6日 ネスレ「シングルビーン」のCMに起用される。

10月 7日 ジーコジャパンのメンバー入り。

10月31日 「まんがの日大賞」に選ばれる。

11月23日 ホームのヴェルディ戦、福西の延長Vゴールで2ndステージ優勝が決まり、史上初の完全制覇達成。

12月 1日 磐田市のジュビロードで優勝パレードと報告会

12月16日 Jリーグアウォーズ 2年ぶり4回目のベストイレブンに。MVPは高原。

 

 1月 7日〜 「いつでも笑みを」収録のためドイツ旅行へ

 1月16日 声優デビュー「ハングリーハート」

 1月23日 司会デビュー「ジュブナイル」

 1月27日 ジュビロスタジアムで練習開始

 2月 2日 キャンプのため鹿児島入り

 2月16日〜 A3は無得点で3連敗

 3月 1日 ゼロックススーパーカップ優勝 (対京都)

 3月20日 開幕戦の前日、太ももに痛みを伴う張りを訴え、病院へ(肉離れ)

 3月31日 11日ぶりに全体練習に合流

 4月 2日 実戦復帰 紅白戦に前半だけ出場

 4月 5日 ガンバ戦に出場(J通算250試合目)

 4月16日 日本代表韓国戦、3年ぶりの先発出場

 5月 5日 東京V戦で今季初ゴール

 5月22日 前日に股関節に違和感を訴え、練習後に精密検査 (恥骨周辺の炎症)

 5月24日 名古屋戦フル出場

 5月26日 代表合宿へ(最初は別メニューで29日からチーム練習に合流)

 5月31日 日本代表韓国戦に出場

 6月 2日 代表の神戸合宿で別調整が続く

 6月 8日 アルゼンチン戦に出場

 6月10日 さいたま市内の病院でMRI検査(左太もも後ろ側の肉離れで全治2、3週間) コンフェデのメンバーから外れる。

 6月12日 浜松市内の病院で再検査

 6月18日 室内でリハビリ開始

 6月21日 北澤の引退試合、ロスタイムにピッチに立つ

 7月29日 グラウンドに出てジョギングを再開

 7月30日 スパイクを履く

 8月 7日 ペース走に参加

 8月11日 リバウンドが出たため、室内調整に戻る

 9月11日 グラウンドに出てウォーキングと軽いジョギング

 9月25日 ボールを蹴り返す練習

10月21日 シュート練習に参加

11月 3日 チーム練習に合流、5ヶ月ぶりのフルメニュー

11月 5日 復帰後、初めてのフルコートでの紅白戦に出場

11月16日 東京V戦で復帰。後半35分の交代出場でスタジアムの雰囲気が一変し、同点、そして逆転勝利。

11月29日 横浜戦ロスタイムに失点、優勝を逃す。

12月 7日 ラグビーのヤマハ発動機ホーム開幕戦、始球式

 

 1月 1日 天皇杯優勝

 1月 4日 井原引退試合に先発出場

 1月〜  ドイツで治療

 1月30日 ドイツから帰国、翌日鹿児島入り

 2月 1日 鹿児島キャンプに合流

 2月15日 全体練習に合流

 2月19日 49日ぶりの実戦復帰

 2月15日 ACLテロ・サーサナ戦後半26分に途中出場

 3月 6日 ゼロックススーパーカップ優勝 (横浜戦)

 3月20日 名古屋戦で301日ぶりの先発、308日ぶりのゴンゴール

 6月    参議院選挙の投票啓発事業のイメージキャラクターに ポスター

 9月23日 柏戦のアップで左足首を捻挫。試合途中で右太腿裏に違和感を訴え交代

 9月30日 練習中に今度は左ふくらはぎを痛める

11月 4日 練習試合で実戦復帰

11月 6日 左ふくらはぎ痛が再発

11月24日 長女・心晴ちゃん誕生

11月25日 全体練習に合流

12月 4日 新潟チャリティマッチに出場

12月25日 天皇杯準決勝・浦和戦で勝ち越しゴールを決め、今季初めてのゴンダンス

 

     1月 1日 天皇杯決勝で敗れる

     3月13日 開幕の名古屋戦のアップ時、左ふくらはぎに違和感を訴え、急きょ出場回避

     4月 4日 練習に合流

     4月10日 FC東京戦で復帰

     5月 1日 柏戦でJ通算150ゴール達成

     5月 8日 神戸戦で左ひざの内側側副じん帯損傷。全治4〜6週間

     5月24日 浜松市PR大使に就任

     5月27日 スカパー!サッカー隊長に任命され、CMがオンエアー

     6月25日 PSM清水戦で実戦復帰

     7月 6日 大宮戦で復帰し45分間プレー

     7月17日 東京V戦でゴール。ヤマハスタジアムでは02年10月の広島戦以来、2年9ヶ月ぶり

     9月24日 柏戦でJ通算300試合出場達成。FW登録選手では初

    12月 3日 神戸戦で右肋軟骨を骨折、全治4週間

    12月 9日 W杯ドイツ大会組み合わせ抽選会にドロワーとして出席

    12月19日 練習に合流

    12月24日 天皇杯・清水戦で復帰も、右太腿裏を痛める

 

 1月 別メニューでスタート

 2月 7日 完全合流

 2月28日 再び右太腿裏に違和感も、翌日には合流

 3月15日 紅白戦で肉離れ(16日の検査で右大腿二頭筋肉離れ全治2週間)

 4月10日 練習に合流

 4月13日 サテの練習試合・ホンダ戦に出場

 4月16日 広島戦で途中出場。翌日のサテ練習試合・FC岐阜戦に出場

 4月26日 ナビスコ・大宮戦で今季初ゴール

 5月27日 静産大との練習試合で右太腿を負傷。(29日の検査で右大腿二頭筋近位部肉離れ全治10日から2週間)

 6月 7日 完全合流

 6月 8日 ナビスコ横浜戦後、山本監督が辞任を発表

 6月 9日 W杯応援番組出演のためドイツへ出発。(18日帰国)

 6月30日 アジウソン監督就任

 7月 7日 練習試合・静産大戦でハットトリック

 7月17日 急性胃腸炎のため練習回避。翌日には復帰

 8月12日 名波浩がセレッソ大阪へ期限付き移籍

 9月17日 川崎F戦で今季リーグ戦初ゴール(昨年10月29日の広島戦以来、323日ぶり)

 9月23日 大分戦で今季初の先発、6年ぶりにキャプテンマークを巻く

12月12日 腰痛のため別メニュー

12月29日 2回目の契約更改交渉でサイン

 

 1月    高校選手権の応援リーダーとして番組出演

 1月    ハワイへ家族旅行

 1月21日 澤登さんの引退試合

 1月22日 自主トレ開始

 2月 3日 腰痛が再発

 2月 8日 鹿児島キャンプはリハビリメニュー

 2月15日 全体練習に合流

 2月18日 ロッソ熊本戦で実戦復帰

 3月 7日 胃腸炎のため練習欠席 (9日復帰)

 4月13日 横浜戦で先発出場

 4月28日 広島戦で先発出場

 5月 3日 清水戦でPKを決め、14年連続ゴール達成

 8月 4日 オールスターでMIP獲得

 9月 4日 内山監督就任

12月28日 2回目の契約更改交渉でサイン

 

 1月     ハワイへ家族旅行

 1月15日 藤枝東が選手権で準優勝

 1月25日 若手合同自主トレに参加

 1月27日 城さんの引退試合

 2月 2日 村田さん引退セレモニーで花束贈呈

 3月 2日 サンテラス掛川でトークショーと握手会

 3月15日 G大阪戦で15年連続ゴール達成

 4月16日 ナビスコ杯・FC東京戦で今季初先発

 5月10日 新潟戦でリーグ戦初先発

 5月25日 ナビスコ杯・清水戦でナビスコ杯の最年長ゴール

 8月 3日 シラトリ藤枝ジャンボ店でサイン会

 9月 1日 オフト監督就任

 9月20日 横浜戦でJ通算350試合出場達成

11月 2日 天皇杯4回戦・岐阜FC戦で最年長ゴール

11月13日 名波が引退発表

12月13日 J1残留が決定

 

 1月 7日 契約更新で合意(22日にサイン)

 1月     ハワイへ家族旅行

 2月 1日 秋田さんの引退試合

 3月 7日 開幕戦でベンチ外

 3月25日 ナビスコ杯・横浜戦で今季初のベンチ入りも出場機会なし

 4月 3日 練習中に左ふくらはぎに強い張りを訴え離脱

 4月14日 全体練習に部分合流

 5月 7日 開幕前から違和感があった右でん部痛の治療ため注射を打つ

 6月 3日 ナビスコ杯・浦和戦で後半43分に途中出場

 8月22日 アウェーの清水戦で今季リーグ戦初のベンチ入り

10月11日 天皇杯・高知大戦、後半40分から途中出場。試合後、高知大から中山コール!

11月 9日 戦力外通告

11月11日 大久保グラウンドで会見

11月22日 清水との練習試合に出場(智子さんと心晴ちゃんがVIP席で観戦)

11月23日 札幌でトークショー

11月28日 ホーム最終戦の広島戦で後半37分から途中出場。ヤマスタでの最後のプレー。

12月 5日 最終節の神戸戦でベンチ入りも出場機会なし。神戸サポからも中山コール!

12月10日 合同トライアウトに参加

12月18日 大久保グラウンドでの最後の練習

12月23日 札幌への移籍が決定

12月24日 入団会見

 

 1月 3日 藤枝初蹴り大祭 (中山いわく、藤枝市岡部町合併1周年記念、中山がんばれチャリティーマッチ)

 1月 9日 浜松でぴあトークバトル(名波、藤田、中山)

 1月10日 名波さんの引退試合

 1月12日 札幌入り

 1月17日 札幌キックオフ2010に参加

 1月19日 グアムキャンプへ(別メニュー)

 2月 7日 全体練習に合流

 2月13日 熊本キャンプへ

 2月17日 練習試合で実戦復帰

 3月 7日 J2開幕戦・仙台戦の後半ロスタイムに出場

 6月    Wカップ関連の番組に出演

 8月 1日 家族と一緒に旭山動物園と富良野へ

11月 1日 練習中に右ふくらはぎを痛め、3日の午後練習から別メニュー調整

11月 4日 精密検査で右ひ腹筋筋挫傷と、左上腕二頭筋筋挫傷と診断

11月 5日 右ひざ関節遊離体除去と、左ひざ半月板損傷の内視鏡手術・・・両ひざは6月から悪化。8月に精密検査を受けたところ、手術の必要性があることが判明。「最後までやりたい」と強行出場を志願。試合2日前に注射を打つなどの処置を施し、練習に参加してきた。

12月 2日 ランニング再開

 

 1月 3日 藤枝初蹴り大祭で終了間際に急きょ出場

 1月    ハワイへ家族旅行

 1月16日 キックオフ2011に参加

 1月24日 グアムキャンプへ(胃腸炎、右ふくらはぎ痛のため別メニュー調整)

 2月12日 熊本キャンプへ(全体練習に合流)

 2月28日 精密検査で右肋骨の骨折と診断(26日の練習試合で負傷)

 4月22日 ホーム開幕の湘南戦で今季唯一のベンチ入り

 6月 5日 国際親善試合 大田シチズン戦に先発し45分間プレー

 9月29日 精密検査で両膝関節炎と診断

11月22日 第4回プラチナ夫婦アワード受賞

12月 3日 札幌のJ1昇格が決定

 

 1月 2日 藤枝東高の初蹴りに参加しGK役を務めた。

 1月15日 札幌のキックオフ2012ファン感へ。

 1月22日 松田直樹メモリアルゲームは終了間際に出場。

 1月23日 静岡県内でリハビリ調整。

 2月21日 熊本キャンプに初合流。

 2月28日 静岡でのリハビリを再スタート。

 5月 1日 札幌市内で練習開始。

 6月 1日 スパイクをはいてリハビリ調整。

 7月21日 東日本大震災復興支援マッチに出場。後半41分から。

11月16日 415日ぶりに全体メニューに参加。

11月20日 約1年2か月ぶりに完全合流。

11月24日 ホーム最終戦の横浜戦で今季初出場。後半45分から出場し、自身のJ1最年長出場記録を45歳2カ月1日に更新。

12月 4日 引退記者会見。

 


*History*

 

何だか「怪我との戦い」の年表のようにになってしまいました。本当にドラマチックなサッカー人生ですね。
でもそれだけに中山選手は、とても応援し甲斐のある選手だと思います。彼がいつも言う言葉は、

「熱い声援をよろしくお願いします。」

無断転載禁止(C)paseri