静岡地区労連について

静岡地区労連とは

 静岡地区労連は、様々な労働組合の違いを乗り越え静岡地区の労働組合組織が集まってつくれた地域の労働組合センターです。

 この組織の誕生は1993年3月でした。正式の名称は静岡地区労働組合連合会と言い、静岡地区のすべての労働組合組織を加盟対象にしています。

 結成当時の労働組合をめぐる情勢は、政府財界のたたかう労働組合への組織攻撃が強まるなか、民間大企業を中心に、労使一体化路線を基本とした全日本労働組合連合会(連合と呼ぶ)が結成され、一方そうした労働組合の変質路線に反対し、政府財界とたたかうことを基本とした全国労働組合連合会(全労連と呼ぶ)が、ほぼ同時期に結成されました。
 二つの中央労働組合組織(ナショナルセンター)の結成によって、いままでの日本労働組合総評会議(総評)と全日本労働組合同盟会議(同盟会議)などは解散し、新しい地方労働組合組織(ローカルセンター)が結成されました。

 静岡地区労連はそうした中で、今までの静岡地区労働組合会議(地区労)などに加盟していた組織と、連合や中立的な組織などが集まってつくられたもので、現在10,090人で組織されています。
 現在事務所を静岡市葵区弥勒2丁目5-26に設置し常時書記職員が対応しています。

▲このページのトップへ

静岡地区労働組合連合会

住所:〒420-0053 静岡市弥勒2丁目5の26 みろくビル3階

電話:054-271-0951 FAX:054-271-0965