年の暮れ 
 ぢ 
地の神様 
         12月15日
 
 毎年、藁と竹で新しく家屋を作り替えます。最近では、木材や石で出来た家屋を用いる家庭も多くなりました。この日には、12個の赤飯のおむすびをお供えします。
 地の神様には、大地主(おおとこのぬし)之神様と氏神様とその家のご先祖様が祀られています。
 
  ふ だ 
お神札の頒布
 
 一般に、お神札は年末に神社の神職さんや総代さんの手で、一軒一軒家庭ごとに頒布されますが、こ の地区では12月30日の午後、神社の隣りの集会所で頒布されます。  この時、頒布されるお神札は、
      神宮大麻           … 伊勢の神宮のお神札です。
      津島神社のお神札      … 氏神様のお神札です。
      曽許乃御立神社のお神札 … 近くの鹿島様のお神札です。
      二福神のお神札       … 恵比須様のお神札です。
の四つのお神札と人形(ひとがた)です。人形に一年の穢れや災厄を移し、河川や海に流して祓ひをおこない、新しい年を迎えます。
 
 
お墓の掃除
 
 年末には、お墓の掃除をし、松竹梅や榊をお供えします。
 
 
 
                                 ホームページの先頭に戻る