津島神社の概要 
 
鎮座地 
   静岡県浜松市西区庄内町452番地
       舘山寺温泉より、南におよそ2qのところに
       鎮座しています。
 
祭 神 
 
   須佐之男命 
   八王子之神(八柱御子神) 
 
静岡県神社等級 
 
   12等級  旧村社  ( 氏子数 130戸 )
         小さなお社で、人は常住していません。
         神職宅はおよそ150m離れています。              舘山寺温泉
 
由 緒 
                                  
 古老の言に曰く承和元年仁明天皇内山の里を親王(阿保親王ならんと云う)に賜ひ須佐之男命を鎮守神とし津島神社となせりと云う文明七年明応八年永正七年の三回大海嘯の為湖水変じて潮海となりし時貴重なる書類流失し事由判明ならず以後延寶年間よりの棟札存在せり
 後代堀江藩主従五位下大澤右京太夫藤原基輔の崇敬篤く祭資料として米一俵奉納せられしことあり明治七年五月七日に社を合併し明治十二年九月十日村社に加列同四十一年神饌幣帛供進神社に指定せらる(十月三十日)
 昭和二十一年六月二十二日宗教法人令によって規則等の届け出をなす
 
 
神 職
 
   宮  司   伊藤  敏   (昭和22年生)  農  業
   祢  宜   伊藤  洋   (昭和52年生)  会社員
   権祢宜   伊藤  淳   (昭和55年生)  会社員
                             全員、兼任神職です。
 
 
                                 ホームページの先頭に戻る