焼津市立豊田中学校の歴史(創立50周年記念誌より抜粋)

昭和22年(1947) 志太郡豊田村立豊田中学校として開校
昭和23年(1948) 運動場建設(総工費40万円、約1000坪)
校歌制定発表会
昭和24年(1949) 新校舎建設起工
昭和25年(1950) 新校舎本館落成式

    現豊田小学校の場所にあった木造旧校舎
昭和26年(1951) 志太郡焼津町が焼津市に
昭和28年(1953) 志太郡豊田村が焼津市と合併し、「焼津市立豊田中学校」に
昭和29年(1954) 新校歌制定発表会
昭和35年(1960) 牛乳給食開始(週3回)
昭和37年(1962) 校舎増築工事開始(創立15周年)

            旧校舎の前庭
昭和38年(1963) 県立焼津中央高校の豊田地区創立に際して、中央高生との同居生活が開始(3年間)
昭和51年(1976) 現在の場所に新校舎建設開始

       昭和50年当時の豊田中付近
昭和52年(1977) 新校舎完成・移転作業

完成したばかりの新校舎。まだ校舎前は未舗装で駐車の仕方が今と違います。
昭和62年(1987) 国鉄からJRへ・学区内に「西焼津駅」新設
平成 8年(1996) 創立50周年

   1996年創立50周年を迎え、校章の人文字をグランドにつくる。
平成11年(1999) 校歌を混成3部合唱に編曲

豊田中のTOPページに戻ります