減 価 償 却 の 特 例


【 中小企業・ベンチャー企業支援 】


 30万円未満の少額減価償却資産の即時償却制度について

 平成28年3月31日までに延長され

 適用対象となる少額減価償却資産の取得価額の合計額は

  300万円が限度となります。


 例えば、28万円の資産を11点取得した場合、

28万円×11点=308万円となり、300万円を超えることから

10点(280万円)までの資産がこの特例の対象となります。


 
【参考】 20万円未満 〜 3年間で均等償却(残存価額なし)
      10万円未満 〜 全額経費算入

 
                                      目次へ