報告

                                全国青色申告会発

国民健康保険税負担が軽減

※※ 青色申告会の長年の要望が実現しました ※※

  今回の医療制度改革関連法案の成立によって、国民健康保険制
 度の所得割額の課税計算が、ただし書き方式による市町村(90
 %以上の市町村で採用)において、平成15年度分から、
青色専
 従者給与が所得税・個人住民税と同様の取り扱いになり、給与所
 得として認められます。

 
 これにより、青色専従者給与に給与所得控除と基礎控除が適用
 され、国保税が大幅に軽減されることになりました。
  全国青色申告会総連合の試算では、県庁所在地34市平均で一
 世帯あたり約83,600円、国保税負担が軽減されます。
  
今回の改正は、「青色専従者の完全給与制」実施以来の青色申
 告会の大きな運動成果といえます。

  今回の改正により多くの会員の皆様に喜んで戴けることと思い
 ます。
  尚、介護保険の保険料計算においても同様の改正が行われます。

                                         目次へ