〜交流保育〜



パパ1回目の交渉の後、交流保育で通いだした後のことだが、
「ヘルパーさんがいるのだから、あたしが来なくても良いのでは」
とママが訴えた(妊娠していて体が辛かったのだ)ところ、
「一生懸命やってくれているお母さんの姿を見せてもらわないと・・・」
と、言われた。

何かというと
「一生懸命やっている姿を」
と言われる。何処のサイトでもそう言う話がある。
これって一体何のだろう?
他の園児と同じ(ということは、他のお母さんと同じ)に扱うはずではなかったのか?
他のお母さんなんか誰1人いないぜ。
何故障害児の親だけがいっつも”一生懸命やってる姿”を見せねばならないのか。
「わがままきいてあげるんだから、要求をくむ替わりの代償を払いなさい」
ってこと?

理不尽だ。
明らかな差別ではないのか?

障害児の親の中にも(もちろん健常児の親の中にも)、確かに言いたいことだけ言って、責任を何もかも預けきる情けない者もいる。
そう言う親相手なら警戒したくなるのもわかる。

そう言う場合は・・・どっちもどっちか。