障害

 

〜たったの場合〜
○ミルクを飲みにくい:
○息が抜けるので、吸う力が弱い
○げっぷがうまくできなくて、やたらと吐き戻す
:吸う意欲はあるし、一生懸命がんばるが、飲むのにとても時間がかかる
:一回で飲める量がとても少なく、おかげで授乳回数がやたらと多い
〜ホッツ床装填後〜
○生後3日で型取りし、1週間後に装填
○授乳が楽になったー本人も飲みやすそう
〜1回目の術後〜
○生後3ヶ月で1回目の手術ー唇の筋肉と皮膚をつなげた
○授乳時間が格段に短くなった
○一回で飲む量が増えた
○傷口裂けるのを防ぐために、ほっぺからほっぺにかけて絆創膏を貼っているのだが、ほっぺが荒れて痛そう〜〜
○大きく裂けていた左側に強めに引っ張って縫い合わせたせいか、右側がうまくくっつかず、緊急手術しかけた
〜2回目の術後〜
○1歳10ヶ月でやっと2回目の手術。当初の予定では1歳と半年くらいで行うはずだったが、手術前になるたんびに風邪引いてしまい、延び延びになってしまった。
○のどちんこを作る手術を行った。口蓋も多少狭くなった。
○食べたり飲んだりが少し楽になったようだ。鼻から食べ物が飛び出す量も、以前よりは少なくなった。でも、まだストローは使えない。
○声が低くなった。
○語彙が少し増えた。「あおはあお」が追加装備。これはゆめの真似。「パパ」も、自信なさげだったのが、男らしく言いきれるようになった。難語もかなり増えた。
〜1歳11ヶ月目〜
○突然保健婦から電話あり。検診に来なかったからということで、電話で問診。初めて担当をもつという若い保健士だった。
○一通り問診すると、「う〜ん、遅れてますね」だと。言葉が遅いと言いたいらしい。そりゃ遅いだろう、しゃべりたくてもしゃべれないんだから。
1歳6ヶ月検診は受けてくれなくてはいけないというから日程を聞けば判らない。
専門医に診てもらった方が良いから今度連れ添って行きますというので、それはいつかと聞けばまだ判らない。
結局聞くこと聞くことすべて判らないという返事で、「遅れてます」という言葉によってママの不安だけが煽られた。
いったい何のための電話だったのかー!不安を煽るのが仕事か!?何聞かれてもすぐ調べられるだけの資料くらい用意しとけ!
○確かに言葉は遅れている。だいたい3歳くらいまでに追いつくらしいけど。
○発達の遅れは稀にあるらしい。たったの場合は、そうは言われてもまだ判らないな。
○ママは、一気に育児の自信がなくなっている。