〜H18.3.18 完成見学会&引き渡しの日 最終章〜

現場監督の風能さんがくれたプレゼント。
タイルの裏にコルクが貼ってある。
コースターと鍋敷きだ。
聞けば、現場を任されたときから
これを作ってくれるつもりでいたという。
うちの雰囲気にぴったりだ。
さて、引き渡しが済んでも終わりじゃない。
この後夜中までかかって
床にワックスを塗りました。
業者にやってもらえば5万円。
緑色のマスキングテープ、
これを貼るだけで2時間はかかった。
大変な作業だったが、
これも節約のため〜。
西側の方の屋根裏部屋。
ここには俺が住み着く。
壁のボードがむき出しだったんで
珪藻土を塗ってみた。
その作業中、弟一家が見に来た。
姪の結唯(ゆい)は
「ここ、ゆいちゃん家〜?」
と言っていた。
パパに建ててもらえな。
さて、結局30組くらいのお客さんが
来てくれたようだ。
皆さんサン工房にしてはめずらしい
家のデザインを褒めてくれた。

ほんとに良い家が出来たが、
感想は日記にて。

初めてサン工房を訪れてから早1年半。
長いような短いような1年半でした。
これにて
ゆめハウス「大夢樹の家」完成★