〜製作現場〜

1日目 
 高校生は真新しいつなぎに身を包んで、やる気満々。しかし、当日は台風の影響で雨模様・・・。縦走競技の看板は
室内で描くとして、外のシャッターへはまだ手がつけられません。
 仕方なくシャッターの汚れを落とすだけです。1日目は汚れ落としに水をかけても夏の日差しならすぐ乾くだろうから、
地塗りして下書きくらいまでやるるつもりだったのに、予定よりかなり遅れたスタートとなってしまいました。それでも
無理に下地塗りまではやりました。
 それにしても、やることが少なくなってしまったのでうまく仕事が割り振れず、、中学生には退屈な思いをさせてしまった。
2日目
 快晴。仕切りなおして気合を入れたところが、シャッターが上まで巻き上がってしまい、しかも降りてこない・・・。
マスキングに貼った新聞紙が引っかかっているのだろうか?結局おろせたのは業者がやってきた午後になってから。
 ・・・たたられてる・・・
 全員で製作した縦走のほうは進んだが・・・。やはり中学生には仕事を割り振れなかった。高校生のように自分で仕事
を見つけるのはまだ無理だよな。
  

製作現場。中では縦走の
看板を描いています。

シャッターには
ロッククライミングの壁画です。
原寸の下絵を模造紙で
あらかじめ用意しておき、
下絵のラインに沿って
模造紙に穴をあけながら
チョークで点を打っていきます。
後で点をつないでいけば、見事
下書き完成。

縦走の看板製作。

お〜〜い、おりてこ〜〜い・・・
斜めに引っかかってるよ・・・。