つれずれゆめ日記
2001年1月〜3月   

1月1日(月) お正月
 いい正月だ。私達一家が住んでいる所は、山に囲まれているため、日の出が極端に遅い。今日はのんびり朝寝坊したにもかかわらず、初日の出を拝んだ。午後になってパパの家へ・・・。一応パパは長男なので、家を出ているとはいっても、手伝わないわけにはいかない。お正月はお祭り並に客が集まるのだ。私の実家もそんなカンジで、結局両家の手伝いをしながら5日間もすぎた。6日、共に21世紀を迎えてしまったゴミ達の待つ我が家へ・・・。


1月13日(土)
 
筋ジス会で新年会があった。パパは仕事で欠席、ゆめと2人で出席した。ゆめは純くんファミリーの隣に座ってゴキゲン。やっぱり人が沢山いるの方が好きなのね。筋ジス会ではいつもボランティアさんたちがお手伝いをしてくれるらしいが、私がボランティアさんに助けてもらうというのは生まれて初めてのことだった。いつもゆめを小脇にかかえていた私にとって、ボランティアさんは神様に見えた。こんなに楽していいのかしら?と引け目を感じつつ、ゆめを一人で世話しなくてよいという開放感?はヤミツキになりそうだった。途中でビンゴがあり、ビリだったゆめに景品をオマケしてくれた。また余った景品を新しいメンバーの純くんとゆめにといって、プレゼントしてくれた。食事を存分に楽しめることが出来、ゆめを可愛がってくれる皆さんの暖かさにふれ、本当に感激した1日だった。

1月15日 

 この季節、日本全国どこへ行っても寒いが、ここ佐久間は比較的暖かいとされている静岡にあっても別世界だ。そう、佐久間は、夏は焦げるような暑さ、冬は雪が降って凍ってしまうというほど、自然を満喫できるところだ。ちなみに浜松で雪だるまが出来るほど雪が積もったというのは、記憶にあるなかでは2回だけだ。そして私は冬が苦手だ。人間は動物だから、冬は冬眠すべきだと思っている。1月の後半は全国的に雪。佐久間でも大雪だった。


2月
体力がついたのか、ちょっとの事では風邪をひかなくなった。そして、風邪をひいても入院するほどではなく、そんなに長引かなくなった。風邪をひくと筋肉にも影響があるようで、病み上がりは弱々しく、少ししか動けなくなってしまう。せっかく出来るようになったことも風邪をひくことで1歩も2歩も後退してしまうのだ。ただ初めて出来たときよりも早く出来るようになる(回復する)のだが、やっぱり風邪をひかないに越したことはない。
 今までの経験で冬に風邪をひくとしたら主に夜中だ。寝相があまりよろしくないので、布団からはみ出してしまうためだ。そこで今年の冬はデロンギのオイルヒーターを購入した。電気代がガ〜ンとはね上がったが、部屋の中は快適。加えて加湿器に、ゆめは着ぐるみのようなものを着て寝ている。来年もこれで行こう。


3月24.25日 東京ディズニーランド
 浜松筋ジス会で東京ディズニーランドへ。始めにカリブの海賊に乗った。20年ほど前、TDLがはじめて出来た年、かわいらしい女の子はカリブの海賊にのって、あまりのスケールのデカさ、人形の精巧な創り、情緒ある雰囲気に大感激した。それからというもの、私はカリブの海賊が大好きだ。ゆめもきっと気に入るに違いないーそう思ったのに、ゆめは大泣き。最初にしくじったことで、後が大変だった。何を見ても泣く始末・・・。それでも夜のパレードだけは観なくては!ゆめだってきっと喜ぶはず・・・そう信じてベビーカーごと一番前に陣取った。いよいよというときになって、なんだか臭い?そう、ゆめがウンOしたのだ。しかも・・・。一番近くの店でスパッツと靴下を買い、トイレで着替えさせているウチに、パレードは通り過ぎていった。

 翌日はお台場へ。ゆめはもちろん、パパもママもはじめてだった。おーっあれがフジテレビだぁ!と、いたく感激し、とりあえずパレットタウンへ。パレットタウンは魅力的なお店が沢山あった。パパは”好きな物買っていいよ”と言ってくれたが・・・パパと一緒じゃ買えないよぉぉ。買い物は一人に限るね。

このころの訓練は4つばいの姿勢をとることを主にやっていた。ずりばいが出来るので、次は4つばいができればいいなぁ・・・。。