つれずれゆめ日記
2001年   

4月4日(水) のぞみ入園式
 桜は満開!陽は明るく暖かく、とても春らしい一日となった。とってもドキドキ。ほとんどパンダでお馴染みのお友達だけれど、ゆめは少し緊張していたみたい。ず〜っと手がグーだった。そして新しいお友達のしょうちゃんに興味津々で、ストーカーのように後をつけ回していた。今までは機能訓練だけだったけれど、のぞみに入ったら生活の方の訓練をするんだよ。・・・といっても週1回の母子通園だから、幼稚園というよりお教室ってカンジかな(ゆきちゃん談)


4月9日 お花見
 療育課のスマイルでお花見をした。お花見と言っても外は春一番の強風が砂埃を巻き上げている。結局桜はなし、部屋の中で、仕出し弁当をみんなでいただいた。スマイルの中ではゆめは一番年上。いろいろな芸が出来て、それなりに反応もするので、他のこのママ達にちやほやされてご機嫌だった。すぐ調子に乗る・・・やっぱりB型だなぁ。

4月10日 はじめてのoo
 パパがゆめのオムツを開いて”あ〜ウンチしてるぅ”と叫んだので、慌ててトイレへ連れて行った。ゆめにとって補助便座はとても不安定で緊張するらしく、はじめは大泣きをした。パパが”こんなに泣いてるのに無理矢理させなくても・・・”とドアの陰から言ったが、しばらくすると慣れたようで機嫌もよくなったので、そのまま様子をみることにした。便意が治まってしまったようなので、たまに肛門を刺激してみたりして、結局1時間半もトイレの中にこもっていました。急に動きがとまったかな?と思ったら顔を真っ赤にして
やっと・・・。そのあとゆめは顔を伏せ、声を押し殺して泣いていた。ゆめの小さな心は傷ついてしまったのだろうか・・・。褒めちぎったらゆめも気がよくなったようだが、いつか自分から言ってくれる日が来るといいなと思う。

4月19日(木) 遠足
 ずっと楽しみにしていたのぞみの遠足!前日の天気予報では、朝9:00まで雨が残るといっていたので、中止になるかな〜と思い、半分あきらめていた。朝7:00パパの家に泊まったというのに、ケンちゃんのママーなおちゃんからの電話で起こされた私は、外をみてびっくり。カンカンに晴れているではないか!なおちゃんには”今起きたでしょ。おはよ〜。”と見破られた。
 今日の遠足はフラワーパーク!パパの家からは30分もかからない所にあり、ゆめも今日の遠足を楽しみにしていたようで、車中ずっとご機嫌だった。お昼はお手製のお弁当を芝生広場にひろげ、みんなと一緒にたべた。ゆめは酢飯が大好きなので、永谷園のすし太郎をまぜたご飯に海苔をまいたおにぎりを美味しそうにたべた。ちゃんとゆめサイズに小さく握ったんだから(片手で?)この写真の後、ゆめはご飯まみれとなった。そういえば外でご飯を食べるなんて、ゆめには初めてのことだ。ゆめの表情はとても明るく穏やか、この顔をパパにもみせてあげたいなぁ。


 のぞみでお散歩。となりの公園にいった。ぞうさんの遊具は実家の近くの公園にもあって、ひいおばあちゃんとお散歩へいって、よく乗っていたものと同じだ。当時(一年程前)はまだ佐久間に転勤になる前で、ゆめは1歳未満だったが、その頃のことを覚えていたのだろうか・・・指を指してぞうさんに乗りたがったので乗せてあげた。以前はゆめもまだ小さくて私も痩せていたので、二人乗りをしてもどうってことなかったが、今回はさすがのぞうさんも苦しそうに”ギチギチ”と悲鳴を上げていた。それで、ゆめを一人で乗せてみたのだが・・・怖くて固まってしまった。
 亀井先生が抱いているのは愛しのもっくん。

 のぞみって9:30〜10:00に集合かと思っていたら、9:30から始まりだったのね。どうりで私がいくころには、みんなが既に居るわけだ。これから遅刻は1分ごとに運動場を1周のペナルティがつくというから大変!絶対遅刻しないぞ!
 後記・・・誓い通り、9:30までには到着するようになったが、ひさくんのママが”今日は早いね、もしかして昨日から泊まっていたの?”なんていうんだよ。

のぞみに入って
 のぞみは登園後すぐに体温測定とゆらゆら(シーツブランコ?)の儀式がある。ゆめはこのゆらゆらが大嫌い。これはキャンバス地の大きな布の上に仰向けに寝かされ左右に揺られるというもので、ゆめは小さい頃から仰向けに寝かされるのが大嫌いだった。パパは”こんなに嫌がるのはゆめに前世の辛い記憶が残っているからだ”と真面目に言う。それはさておき、ゆめはのぞみに来ること自体はとても楽しみに思っているが、このゆらゆらがあるため、とりあえず不機嫌になってしまう。いくらおだててホメちぎっても、ダメ、このときばかりは親の私が言うのもナンだが不細工な顔である。長坂先生のおっしゃるとおり、いつか慣れて楽しむことの出来る日が来るのだろうか。
 ゆらゆらのあとは朝の会。ポンキッキ体操をしたり(12.5kgのゆめを抱いて走る、結構ハードだ)お名前を呼んでもらってシール帳にシールを貼ったり、楽器をもって歌ったり、絵本を読んでもらったり・・・これらはその日の当番の子が先生と一緒にがんばる。そして午前と午後それぞれ1時間ずつ保育?作業をして帰りの会。給食もある。のぞみではゆったりと時間がとってあるように思っていたが、こうして書き出してみるといろいろなことをやっているんだなぁと感じる。
 のぞみでは、まず排便の訓練をする。登園後、朝の会の後、給食の前・・・とりあえずオマルに座らせてみる。ゆめみたいな甘ったれがオムツ取れるのかなぁなんて思うが、先輩お母さんの話を聞くと、おしっこが貯められるようになったとか、トイレの感覚がわかるようになったとか、オムツが取れたという子(筋ジス福山型)だっていた。すごい。のぞみでは毎日の排便、睡眠を生活リズム表に書き記すことになっている。わりといい加減に書いているが、それでもゆめの排便のリズムが何となくわかりそうなカンジもする。
 のぞみでは子供が主役。当然なんだけど、ナンというか・・・大きく言うと子供の自立心を養う、とでもいうのか。体温計を手渡ししたり、ゆらゆらは順番なので次の子にタッチしに行くとか、楽器を選ぶとか、何でも子供のペースで子供にやらせるのだ。肢体不自由の子は身体が思うように動かないんだから、親とか周りの人がやってあげなくちゃ、と思っていた私にはショックだった。のぞみの子供達はみな、それぞれ個性的な反応を示し、自分の意志を主張することができるのだ。やって貰うのが当然だったゆめも、いろんな事に興味を示し、いろんな物に手を出す積極性が出てきた。
 そしてお友達と過ごす時間、ゆめは楽しみながら、みんなの良いところに影響を受けていた。一番顕著に変わったことは、しょうちゃんを真似て、ゆめも
4つばいのはいはいが出来るようになったこと。1年後が楽しみだ。

5月9日(水) のぞみ、はじめての母子分離
 実家や主人の家では、ゆめを預けて買い物ということもあるが、まだ通い始めて1ヶ月ののぞみでは、”絶対泣くだろうな・・・長坂先生ゴメンナサイ!”と思っていた。が、その間ママ達は喫茶室でおしゃべりを楽しんだ。部屋に戻ると、先に中をのぞいたママが”わ〜ゆめちゃんスゴイよ、見ない方がいいかも”といったので、何か問題を起こして縛り付けられているのかと覚悟を決めて覗いてみると・・・ゆめは顔を紅潮させ、満面の笑みで私に向かって右手を挙げた。なぁんだ、ちゃんとみんなと一緒に椅子に座ってるじゃない。あ、右手が青い、絵の具かな・・・ん?ゆめの顔、下半分がドピンク!更によく見ると青い点々がまるでヒゲ・・・酔っぱらいオヤジの様だった。ゆめは私に会えて嬉しいらしく手をさしのべてきたが、ゆめを抱き上げるのに一瞬躊躇したことは否定できない。もちろん、みんな同じように絵の具まみれになって、段ボールで出来た写真たてを創っていた。そしてそれは母の日のプレゼントだった。うれしくて、本当にうれしくて、胸の奥からこみ上げてくるモノがあった。ゆめの指の跡がたくさん付いたカラフルな段ボールの写真立ては私の宝物になった。


5月20日(日) マクドナルド
 パパはマクドナルドフェチ。そしてパパの家の向かいにはマクドナルドがあるので、パパの家に来たときは必ず買いに行く。今日ももちろん買いにいった。そして、自分にはWマック、私には最高級のチキンタツタ、ゆめには薄いチーズバーガーと、ゆめの大好きなポテトを買ってきた。ゆめの両手に持たせると、自分の顔ほどもあるハンバーガーに少しずつかぶりついた。パパと向かい合って嬉しそうに食べている。ピクルスが嫌いなようで吐き出した。そして最後の方はバラバラに解体してハンバーグだけ食べたが、約1個平らげた。すご〜い!


5月22日(火)
 パパは出張、最近パパは忙しいようで休日は疲れて家でゴロゴロ。うっぷんが溜まっていた私は、もっくん、よっくんとランチを食べにいった。パパは仕事しているのに、ちょっと申し訳ない気もするが、・・・。そしてまたもやカラオケへ。

5月23日(水) はじめてのお当番
 のぞみで、初めてのお当番だった。よくやったね、とほめてあげたいけれど、あっち向いたりこっち向いたり・・・落ち着きが無いというか、集中力がないのかなぁ。見ている私はハラハラドキドキ!参観会の時のお母さんって、こんな気持ちなのかなぁ。

5月26日 あおぞら運動会
 友愛のさとで運動会があった。もちろん初めての運動会!ゆめよりも私の方がうれしくてうれしくて眠れなかった。運動会はパン食い競争なんかもあったりして(はりきっていたわりにビリだったけど)、子供よりママ達がムキになっていた。はじめは人の多さにびっくりしていたゆめも、次第に慣れ、音楽に合わせて踊っていた。大好きなパパも一緒なので終始ご機嫌だった。一度だけ、仮装のイカとイルカに囲まれ大泣きした。だってイカ、鼻血出してるんだもん、こわいよね。でもホントに楽しかった。
 運動会の後、もっくんファミリーとカラオケへ。ゆめは一応マイク持って”あ〜あぅ〜”とか言って歌っているつもり。カラオケは生まれてこのかた3回目だけれど、ずいぶん慣れてマイクを離さなくなってしまった。
 後日パパが撮ったビデオを観たら、ゆめのアップしか写っていなかった。私は一応写ってはいたが、鼻から下だったり、身体半分だったり・・・まぁいいけどね。


5月28日(月)
 パパは伊豆へ一泊出張。きょうはゆめと二人きり。ゆめは甘えんぼなので、日中は私の周りにまとわりついてくるが、本当はパパが大好きだから、パパが仕事から帰ってくると私は捨てられてしまう。でも今日はパパが居ないので、ず〜っとべったり・・・可愛いけれど、いつまでもくっついていたのでは何も出来ない。・・・が、ちょっと目を離したスキに、ガ〜ン、やられました。障子がビリビリ・・・。