つれずれゆめ日記

1999年   4月〜6月               

4月2日(金) 引っ越し
 新天地、佐久間へお引っ越し。パパは一足先に佐久間へ出たので、ゆめと2人、引っ越し車の後に付いて行った。車の中でゆめは大泣き・・・到着するまで泣きっぱなしだった。今日は朝から曇り気味で、途中から雨が降ってきた。佐久間までの道のりはほとんど山・・・山道に入ってからさらに1時間もかかった。霧が所々濃くたちこめていて、遠くの景色は解らなかったが、やっぱり山だった。それにしても引越屋さんってスゴイ!あっという間に荷物をまとめて積み込み、荷下ろしも3階まで運ぶのに、1時間ほどでやってのけた。これなら何十万もお金を取られても仕方がない・・・というか、それほど払ってでもやって欲しい。2枚お皿を割られたが、文句をいう気にならなかった。本当によくやってくれたのだ。感激した。


4月12日(月)
 佐久間での新しい生活が始まって10日が過ぎた。今まで毎日仕事に出掛けていた私は、ここに来てから家事をまじめにするようになったが、身体に合わなかったのか、ゆめ共々体調をくずした。でも佐久間は静かでほのぼのとしていてとても良いところだ。ご近所の奥さん達とも仲良くなった。仕事は・・・佐久間でも出来るようにパソコンを買った。ここで書類を作って、実家の会社にメールで送るのだ。・・・の予定が、実家で受け取ってくれる人が忙しく、結局送信した後、私が実家まで行って受信するという、何とも非生産的な事を繰り返した。自分が送ったメールを自分で受け取るなんて変なの。

5月3日(月) 同窓会
 今日は私の高校時代の同窓会があった。でもゆめが風邪をひいてしまったので行けなかった。どうしてすぐに風邪をひくのかなぁ。

5月9日(日)
 毎日とっても忙しかったパパが、今日は1日中ゆめの相手をしてくれた。ついこの前までパパは時間がたっぷりあったから、ゆめの面倒をよく見てくれて本当に助かっていたとつくづく思う。だから私よりもパパになついたんだな、ゆめは。パパが定職に就いたのは嬉しいが、パパとの時間が減って寂しい。いつでも一緒にいたのにな〜。ゆめもそう思っていると思う。今年1年は教員1年目で、研修等で特に忙しいらしい。仕方がないよね。いまのウチにゆめを手なづけようと思う。

5月13日(木) 五平もち
 佐久間の育児サークル、”たまこクラブ”で五平もちパーティがあり、近くの浦川キャンプ場というところで、沢山のお友達があつまっていた。五平もちは生まれてこのかた2回目だが、正直言ってこんなに美味しいものかと驚いた。もちろんゆめはまだ食べられない・・・でも子供の声が聞こえるのが嬉しいようで、ず〜っとご機嫌だった。

5月21日(金) うなぎ
 私達が住んでいるのは教員住宅だ。だから住んでいる人は当然皆教師で、独身だったり、家族もちだったりする。今日は歓迎会と言うことで、みんな集まり、駐車場でウナギを焼いた。ここだけの話、私はウナギが嫌いだ。でも今日たべたウナギはとても美味しかった。う〜む。でもね、ウナギの脂を顕微鏡で見ると本当は六角形なのに、養殖のウナギは三角形なんだって。餌のさなぎの脂は三角形で、運動量の少ない養殖ウナギは、それを消化できないから三角形なんだって。結局養殖ウナギの脂はサナギの油っていうことだ。って何かの本で読んだことがある。今日のウナギは天然物だったのだろうか・・・美味しかったけど。

6月3日
 ゆめは本が大好きだ。私が絵本を読み聴かせるのをおとなしく聴いている。そして本を自分で持ったり、パージをめくったり、読んでいるようにゴニョゴニョ言ってみたりする。でも本は逆さまだ。

6月15日(水)
 佐久間にいるときは奥さん達と遊んでもらい、仕事があるときには実家へ日帰りで出かけ、そして土日はパパの実家へ行くという生活が続いている。最近ゆめはずりばいでどこまでも行くようになった。
 よる車で出かけるとホタルが沢山飛んでいたりする。幻想的でとても綺麗な光景だ。雨が降ると川が増水して流されてしまうから、少しの間しか見られない・・・がんばれホタル。

6月24日(木)  育児相談
 ゆめの体重を測ったら、成長曲線を下回っていた。大変だ〜。ミルクはもともと飲まないし、ドロドロの食事もあまり食べない。母乳だけでは当然足りるわけがないのだ。唯一好きな物はリンゴジュース。ミルクさえ飲んでくれたらなぁ・・・。
佐久間でゆめと同級生となる子は全部で24人。これが3ヶ所の小学校、中学校に別れるので、クラスの人数はもっと少ないということになる。ゆめの小学校入学までここに居られるのかはわからない、どうなっちゃうのかなぁ。佐久間は自然がいっぱいで子供時代を過ごすにはとても良いところだと思う。