ゆめの装具紹介 P-1


靴型装具・・・かわいいでしょ!皮で出来てるんです。
 リハビリのときには、鏡の前で平行棒につかまって立ちます。といいたいところですが、ゆめは鏡が大好きで、リハビリのときも鏡に映る自分の姿にうっとりするため、訓練どころではなくなってしまいます。
 家では、やたら履きたがり、そしてすぐに脱ぎたがります。それを1日に何回も何回も・・・。そしてパパかママの手によって(ゆめの知らないウチに)訓練の日まで目に付かないところに追いやられてしまうのです。
 この靴を造ってくれた業者サンは、いろいろな希望に応えてくれます。おかげで細部までこだわって造ることが出来ました!ありがとうございます!。
 実際には緑がもう少し濃いかな〜?一応mikihouseをねらってみたんですけど・・・?思ったより可愛く出来て大感激!相談に乗ってくださった村木先生にも、ありがとうございます!







バギー・・・・なんと!スウェーデン製です!AVELMA社のPixiです。
 デザインがいいですよね。色使いといい形といい・・・。機能性も舗装面なら指一本程度の力でもらくらく押すことが出来ます。
 ただ重いのが欠点?ベビーカーの様に折りたためるのですが、車のトランクに入れるときにいつしかギックリ腰になるんじゃないかなぁ。でも耐久性を考えると、重いのも仕方ないですね。
 今までベビーカーだったのですけど、ゆめの体重が重くなるにつれ舵がとれず、歩道を歩くのも一苦労。これからはこのバギーでいろんなところへお出かけするぞ!




ガイア・・・パパ一念発起し新車を購入。
 山に暮らす身としては、なるべく足回りのしっかりした車が良い。加えてママが毎日運転するのにも楽な車・・・。
 そこで浮上したのがノア。新型が出るということでその登場を待っていましたが、予算の関係で折り合いつかず。どうしようかと考えていた時に天使のごとく舞い降りたのがこのガイアでした。
 運転のしやすさ、積載能力、手頃な値段と3拍子そろったところで即購入。



 一応6人乗り(セカンドシートがベンチタイプなら7人乗り)ですがゆめ愛用のPixiが意外とおでぶさんで、サードシートを荷台にしっぱなしにしないと載らなかった。まあ、そんなに大勢で乗ることもないので、これで十分でしょう。
 ゆめはまだ車いすではありませんのでこれですんでますが、いずれ車いすになることを考えるとこの場所には車いすを折りたたんで乗せ、ゆめは助手席にでも乗っていただくことになるでしょうね。車いすのママ乗せようと考えると、とてもこの車では無理ですが、そこは工夫次第で・・・・。
 


                                    P-2へ