3日目:平成19年8月10日(金) 【もろもろ】
5:00起床。
6:00出発。

今日は家に帰る。
帰る道々走ることだけを楽しむことに割り切ったコース取り。もうどこへも寄らない。
今回は最初っから少ない日数だったので目的地も小豆島と生野銀山に絞ってある。そこさえ行ければ後は日程が1日減ったって関係ないのだ。
ただ、西から家に帰るときにはどうしても大阪だの名古屋だのという大都市を通らなければならず、町中を走るのが一等嫌いな俺としては、どうやってそこを回避しようかと知恵を絞るのだ。
結局緩やかに北上して、せめて最後の方は山の中から南下して帰ってきたいと目論んだ。
おかげで途中に通った旧中山道でえらい目にあってしまった。

日本の道はほんとに標識がわかりづらい。特に山の中に行くとそれが顕著だ。ましてやカーナビに慣れてしまった身にとっては切実だ。
旧中山道は、標識がことごとく東から来た人用になっていた。。
いくつもある分岐でどっちに行けば正しい道なのか、わかりづらいこと。標識が見にくいときは道路の状態で判断する。白線や舗装状態が主に繋がってそうな方向が正しい道であることが多いのだ。旧中山道は標識も見にくければ道路を見てもわかりづらかった。
迷ったあげくに走り出した方向が、やっぱり標識が無くて正しいのかどうだかわかんなくて、振り向いたときに反対方向の人用には標識が、それもいくつも連続で立って足りしてやっぱり間違った道だとわかったり…
このやろーーーーふざけんなーーーーー
一個こっち側においとけーーーーー
って感じ。

ま、そんなこんなで無事帰ってきた今回の駄馬。ほんとによく走りました。走ってばっかしいた気がする。
でも、小豆島は本当に良かった。機会があればまた行きたい。

あと、持っていった俺の古いツーリングマップ上では『所々未舗装』なんて情報が載ってるけど実際は超綺麗な道だったりして、時間の流れを感じてしまった。ってか、どんどん新しい道や道の駅もできてるのに、俺の地図には載ってない。情報が古すぎる。おかげで無駄な動きもあった。やっぱし地図は最新版が良いな。それを購入した時点から旅気分が盛り上がるしね。
来年は新しい地図も購入して、準備万端整えて、山口へ行くぞ!