2002 12月前半                 

クリスマスイブ 2002/12/24/(火)
 世の中冬休みだね〜〜〜〜って言うか、今日なんかクリスマスイブじゃん。世間様は教員なんか「長期休みが多くて良いな〜〜〜」って思ってるんだろうけど、そんなことぜ〜〜んぜんないんだな。実際僕は27日まで仕事だし。夏休みだって正味1週間くらいだもんね。
 生徒なんか学校に来てないって思うのかな。でも、結構来てるよ。部活の生徒が多いけど、成績悪くて補習とか、休みすぎて時間補充とかね。まあ、それでも普段に比べればぜ〜〜んぜん楽だけどね。
 今日は僕の「補充」はなかったので、授業研究してたな。新しい試みで、竹で紙なんか漉けるかな〜〜〜て思ってさ、結構たくさん煮たよ、竹。明日試しに漉いてみて、良いようなら今度授業でやらせてみよう。今まではワラとか杉の木の皮とかばっかりだったから、どんなのが出来るか楽しみだ。
 うちの学校忙しすぎなんだよな。のんびり授業の準備する暇がない。部活だって、今年はろくに顔出せてないぞ。
 あ〜〜〜、なんか酔っぱらっちゃった。ワインはすぐきくけど、すぐさめるんだよな。
 今日はママもゆめもいない。今年度最後の「のぞみ」かな?そういえば、クリスマス会だって言ってたな。ママはミッキーになるとかで、昨日の夜は遅くまで「ミッキーの手」を作ってたっけ。どう見てもカエルの手だったけど。写真とってきてくれるかな。そしたら載せよう。「気まぐれアルバム」に。
 でも、ゆめ、泣くかも。でっかい顔嫌いだし。ディズニーランドでも怖がってたからな。
 あ〜〜〜〜だめだ、酔っぱらった。

まぶしさ・・・ 2002/12/23/(月)
 この頃のゆめがまぶしい・・・・
 先日〜〜〜
 ご飯を食べていたゆめ、唇についたご飯粒を上手につまんでしっかり食べなおしていた。 ふつーの事だろうが、ゆめにしてみれば高等な技?いつの間にやら習得していようとは・・・・夢にも思ってなかった。
 
 先日〜〜〜
 ご飯を食べていたゆめ、自分の肘でけっからかしたお茶碗を、実に自然な仕草で即座にきちんと置き直していた。
 何が驚きかって、外界に対してしっかり反応していること、条件反射的に身体が動いていたこと、ゆめがそんな高等技術を発揮できるようになるとは・・・・夢にも思ってなかった。

 ちょっと失礼なことばっかり書いてしまったか。
 このごろのゆめの流行は、何でもかんでもお布団かぶせてネンネさせること。今手元には、透明なプラプチックケースの中でティッシュのお布団に寝かされた、キティーちゃんのお菓子のおまけがある。キティーに限らず、それこそ何でもかんでも寝かされている・・・。思うに、寝かされることがかな〜〜〜り嫌なのか、あるいは寝るって事がゆめなりに何か感動を覚えることなのか、それとも誰かを寝かせるって事が大人の気分なのか・・・ どれかだろう。
 ま、おそらく3番目だね。

朝っぱらから・・・ 2002/12/22/(日)
 朝食 というか、ブランチ。 11:20〜 
 こんがりバゲット、蜂蜜レモン、フライド・ポテト、チーズ、トッピングはミートソース・ミート、フレッシュサラダ、スクランブルド・エッグ。
 結婚してから休日にこんな食事をとることが増えた。自分では思いもつかないな。だって日本人はご飯だもの。だいたい、僕なんか今朝は4時半起きなのよ。朝早い人にブランチのなんたるかなんて判りませ〜〜ん。
 ところで、ゆめは何故かポテトとチーズ、それも、6pチーズがあるにもかかわらずスライスチーズばっかりたべる。パンに乗せてやってもキレイにチーズだけなめてる・・。
 ママが「ポテトにチーズ・・・ゆめちゃんアメリカ人だね」
というと、ゆめは間髪入れず、
 「うん!」
と答えた。
 って〜〜〜ことは、ママめ、アメリカ人と浮気したな。
「お前、アメリカ人と浮気したんか」
「馬鹿だね、福山型は日本人しか持ってないよ。それに、ゆめにアメリカ人の血が入ってるように見える?」
 みえん。確かに。どこから見ても僕の子にしか見えないわな。もしこれでも浮気したって言うなら、その相手のアメリカ人は、よほど僕に似ていたと見える。かなり日本人らしい顔つきのアメリカ人か。
 う〜〜む・・・。まあ、世の中には3人そっくりさんがいるって言うし、そのうちの一人が外人さんでもおかしくはないわなあ・・。
 
 とか、朝から馬鹿なことを考える、時刻はまだ日曜日の11:55・・・。
  

クリスマス会 2002/12/21/(土)
 今日はクリスマス会だったわ。佐久間町でママ達が作っている障害を持つ親の会「クローバークラブ」が主催よ。毎年やってるの。パパも来てくれたけど、いっつも前の日が忘年会だから、去年は遠くでやってたので途中から参加、今年は近くでやってたみたいで最初から来てくれたけど、二日酔いでふらふらしてるんだから!全くもう!!
 パパわほっといて、クラブのお友達達の他に子育てサークルの子達も一緒にみんなで騒ぐのよ。リトミックの先生もよんで、歌ったり踊ったりいろいろしたの。
 風船で遊んだでしょう、コップとビニール袋で雪だるまを作ったでしょう、万華鏡も作ったわ。ママ手作りのケーキがたっぷりある、とっても美味しいごーあんもたっくさんあって、満腹だし〜〜。
 サンタも来たのよ!!今年は若いサンタだったわ。サンタの秘密も色々教えてもらっちゃった。
 それにそれに、高校生や中学生のお姉さんやお兄さんがとっても楽しく遊んでくれたの〜〜〜
 あ〜〜あ、早く来年のクリスマスにならないかな〜〜〜
 おっと、その前に、お家にもまたサンタが来るわね。あと4回寝ればきっとプレゼント持ってきてくれるはずだわ。今年は何をくれるのかしら〜〜

通信簿 2002/12/17/(火)
 「○△×▽◇」
ママがなにやら読み上げている。
 「なにそれ?通信簿?ゆめの?」
 「う〜〜ん、『職員室の前に来て、いろいろ教えてくれます。一週間の様子を、自分から職員に教えてくれているようです。ありがとう。』だって。」
 「へ〜〜、ちょうど今、俺も通信簿の所見かいてんだよね。ちょっと見せてよ。」
・・
・・・
・・・・・
 なんだよ、いつものぽんぽんだより(”のぞみ”の通信だ。クラス通信みたいなものか)じゃないか。通信簿じゃないじゃんか。日記のネタにかなりナイスだと思ったのに〜〜。

しょうがない、誰も通信簿書いてくれないなら、俺が付けちゃる。

●自分で何でもやりたがり度・・・・ひまわり
●すぐ人に頼みたがる度・・・・・・・はちみつ
●よだれ出度・・・・・・・・・・・・・・・・石川秀美
●人に歌わせたがり度・・・・・・・・富士山
●抱っこ攻撃・・・・・・・・・・・・・・・・ゴジラ
●笑顔度・・・・・・・・・・・・・・・・・・・満足
●かわいさ度・・・・・・・・・・・・・・・・満腹
●パパ、親ばか度・・・・・・・・・・・・測定不能
●ゆめ、ぱぱっこ度・・・・・・・・・・・満足げ

・・・う〜〜ん・・・・不調だ・・・・


激★劇 2002/12/16/(月)
 
 
きょうは劇を見に行ったわ。
 
今日は劇団四季のチャリティー公演「人間になりたがったネコ」を見に行ってきたわ。

 
ネコのお話しよ、ねこ!
 
人間嫌いの魔法使いの飼い猫が、2日間人間にしてもらって、人間のすばらしさを知って、最後はずっと人間にしてもらうって言うの。
 
 
いきなりネコが出てきたの〜〜〜それもすっごくでっかいの!!パパよりも大きかったの!!
 最初着ぐるみのネコが出てきた時、やばいかな〜〜と思ったんだけど、案の定だったわ。

 
あたち、もう、目が離せ無くなっちゃって〜〜〜
 ゆめは、上半身は硬直したまま、でも目はネコに釘付け、一方下半身はその場から逃げたいらしく、何だか走っているかのようにピコピコ動きっぱなし。何だかかわいそうなような、面白いような・・・

 
冗談じゃないよ、全く!!聞いてないわよ!!あんなでっかいネコが出てくるなんてさ!!!怖くて目が離せ無いったら・・・
 でも、とってもステキなお話しで、ゆめも食い入るように見てたのよね。

 
でも、ま、たまには良いわね、こういうのも。負け惜しみじゃないわよ!!
 やっぱり演劇は良いわ〜〜


5つ目の幸運 2002/12/11/(水)
 今日は白銀丸(このパソ君。シャープメビウスさ。ちなみにマックG3は、ボディーが黒いので、黒金丸)が帰ってきた。昼間修理工場に電話して聞いたところでは、ちょうど今日の朝出荷したばかりなので、今週中に届くかどうか判らないと言われたのに、午後になって届いたよ。いや、めでたい。
 白銀丸の留守中、いろいろ日記のネタもあったのだがすっかり忘れてしまったよ。まあ、いいさ。
 またまた今日から楽しいネットライフ〜〜〜と思ったが、もう成績処理に入っているので、仕事がやっとやれて嬉しい反面、たまってる分やりまくらねばならないのでネット生活なんていってられない〜〜〜。
 でも、ま、とにかく良かったわい。

柔軟式 2002/12/10/(火)
 この頃「学校へ行こう」がおもしろい。何が良いって、なんといっても「軟式grobe」(綴り合ってる?自信ないぞ) もう、最高だ!
 最初見た時から、これはもしかしたら桑田佳祐以上にうまいんじゃないか?歌詞。と思っていたね。毎週毎週火曜日は早く帰ってきて、ゆめがどんなにビデオを抱えてきてもはねのける。ママの月曜日のダークエンジェルバリにテレビに釘付けとなるのだ。
 いやはや、もう、とにかく、CD出たら買うね。
ま、それはそうと、以前勤めていた芸術科を持つ学校が10周年という事で、記念の展覧会を開く。毎年開いている「芸術発表会」で、音楽美術それぞれの専攻生の展覧会なのだが、今回は10周年なので、全教員に出品依頼を出したらしい。ボクも2年勤めたので、一も二もなく参加だ。でも、作品作るには今は時期が悪い。いろいろ仕事が重なって・・・そんなことも言ってられないがね。こういう機会でもなければとても作ろうなんて思わないし。と言うわけで、この2週間というもの暇さえあれば美術室に缶詰状態でした。
 今日はその搬入に行ってきたのだが、隣のギャラリーでは養護学校の生徒が合同展覧会を開いていた。
 正直言って、感動した。実に良くものを見て、感じて作っている。「友人の顔」なんて本当に生き生きしていて、とても高校生には描けない。もちろんボクにも。どこで間違ったのかなあと自分の授業を反省しきりでした。
 彼らは出来ないことは多いかもしれないが、出来ることはすばらしい。それを伸ばすことこそが教育だろうと思う。教育改革だのなんだのと言うが、円周率を3にしといて、何が教育なのか。彼らの作品を見て見ろといいたいね。
 ボクも実は、出来ることを伸ばす教育を、実験的に実践している。
 我が校もコースとして芸術を持っている。一応2年生からは専攻生だ。1年次はまあ、いろいろな分野をやらせるが、専攻生になってからは課題に対してどのようなアプローチをとっても良いことにしている。すなわち、課題に対してある子はデザインで、ある子は油絵で、ある子はCGで、作品を作るのだ。一応デザインを主として行うことになってはいるので、そちらの課題が多いのだが、2年間CGしかやらなかった子もいる。(もちろん基礎を行う授業も別時間に確保しているが)その子は今は立派にCG専門の学校を卒業して、自分の店を開くまでになっている。
 やれることや得意分野を見つけさせ、それに邁進させる。それで良いじゃん。最低限必要なことはやらねばならないとしても、得意とするものを見つけること・伸ばすことがそれ以上できない高等教育ってなんだ?
 ゆめも出来ないことは多い。でも、出来ることを見つけて伸ばしてくれる環境が見つかると良いな。
 それが養護学校でしか見つからないなら、不幸なことだな。

工房祭り 2002/12/8/(日)
 今日は陶芸を指導している「わかすぎ工房」の、年に1度の工房祭りの日だ。毎年ポスターを作るなど協力している。また、陶芸作品は主力商品の一つなので、この数ヶ月というもの結構根を詰めて通い、いつもより多めに作ってきた。ぎりぎりまで本焼きを繰り返したが、結構危うかった〜〜。今回は山野草のハチを作ろうということで、ボクも作ったことがなかったので結構楽しんで一緒に作った。
 さて、今日はあいにくの雨模様。所長さんは今年は小規模にやるなんて行ってたけど、どんな具合か・・・作品制作で学校に詰めている合間にちょっと行ってみた。
 な〜〜〜によ、盛況じゃないのさ。まだ祭り開始からいくらも立っていないのに陶器も半分くらい無いじゃん。成功だったね。良かった良かった。陶芸をやってきたみんなは、いろんな人に去年より良いとか、1年でずいぶん上達したとか言われてたけど、去年そんなにひどかったかなあ???まあ、いいや、ここは素直に喜んどこう。先週なんて、月曜日にボクなしで釉薬掛けを頼んできた。所用で工房に行かれない日だったのでやっといてくれれば助かるが、どうかなあと思っていたら、中の一人が率先してやろうと声をかけてくれ、ちゃんと施釉してあった。薬で抑えている人たちなので、以前なら自分から率先して何かしようなんて考えられなかったようだが、ホントいろいろ上達したんだよね。。
 さて、ボクも今年で早4年目。いつまで佐久間にいられるか判らないが、出来るだけいろいろと楽しんでやっていこうと新ためて思った。