つれずれゆめ日記

2001 12月前半                 

          2001/12/04 (火)           新車の匂い
 我が家に新しい車がやってきた。トヨタのガイアだが、我々はポリアコフと呼ぶ。昔の彫刻家の名前だ。ちなみに前の車はマツダのファミリアで、クラゲやろうと呼んでいた。
 この車は、パンフレットを見せたときからゆめがいたく気に入って、見せろよこせでパンフレットを放してくれなかった。他の車と迷っていたのだが、結局ゆめの意見に従った形だ。
 それに、ディーラーの方が丁寧で、いろいろとこちらの要求をくんでくれた。我々夫婦は人情に弱い。親切にされるとすぐ情にほだされてしまう。同じ買うなら良い人から買うのがよい。半分は販売テクニックとしても、人間の中からにじみ出てくるもの、人間としての良さを感じた。そこで、買うならこの人からにしようと考えた。実際、我々には丁度良い車だし、ゆめもまるで自分が手に入れたかのように愛着を持っている。と思う。まあ、日ごろ乗るのは私ではなくゆめと運転手のかみさんなのだから、彼女たちがいいという車が一番いいのだ。
 さて、この車でゆめと(かみさんと)どこへ行こうか。
 byゆめパパ


ある日の出来事   2001/12/04 (火)

 はるによると、今日の昼間、昼寝(人が一生懸命働いてるのに寝やがって!)していたところ、異様な気配に目が覚めたそうな。そうっと目を開けてみると、そこにはボールペンで今まさにはるの目を刺うとしている、ゆめの満面の笑顔が……。
 そういえば、ゆまは人形の目にもペンをグリグリしていたなあ。「今さら描いてもらわなくても、目玉なら立派なのが2個付いてる!」とははるの弁。
 この分では赤ちゃんが生まれても、ゆめに面倒は見させられないなあ……。
 byゆめパパ


未来有る若者   2001/12/05 (水)

 ユニバーサルデザインを授業で取り上げた。UDアイデアコンクールへ応募したのだ。初めて知るUDに、3人の美術専攻生は大いにとまどいながらも、真剣に制作に励んでいた。別に将来福祉の道を目指しているわけではない(1名は目指していた)が、高齢化の進む地域の子供として、それなりに興味はあるようだ。
 高校生には積極的に福祉を学ばせるべきだと思う。現代の若者が一番気づくべき事は、誰でも、自分自身も他者をいたわる心を持っているという事実だ。本当は優しい心を持っているくせに、なかなか見せようとしない。特に女子が。だからちょっときっかけを作ってやればすぐに「優しい心」を発揮してしまう。かわいいものだ。しかし、それが済めばまたいつも通りになってしまうのは考えもの。素直じゃないんだよな。
 今日はゆめがいないので、ゆめの観察日記ではなくて私の日々の所感でした。
 byゆめパパ

はるの生態観察日記   2001/12/06 (木)

 今日は、はるの観察日記もつける。
 こんばんわ。「はるの生態観察日記」の時間です!
 実は来年のバレンタインデーで、結婚○5年を迎えるのだ。バレンタインデーだぞ。戸籍預かり書には時間の記載はないが、間違いなく14日になったと同時に手続きした。後ろにもう1組カップルが来ていたが、我々の方が先じゃ。考えることは皆同じなのね。
 さあみんな真似しな〜〜〜。*_>
 しまった!これじゃあ観察日記では無いじゃないか!
 この頃(以前から)はるはお菓子作りに非常に凝っている。元々僕の弁当も非常に凝ったのを作ってくれていて、本人によれば弁当は気合いを込めて作るものだそうな。おかげで学校では校長先生から生徒まで毎日のように僕の弁当を覗きにくる。(一部誇張文章)しかし、僕はあまりお菓子を食べないので、お菓子作りに関しては、うれしくてしょうがないというわけではない。しかし、よその人に料理の上手な奥さんねといわれるのは悪くない。悪くないね。ふふふ。学校でも奥さん欲しい〜〜〜〜〜といわれたりもする。
 う〜〜〜ん、やっぱり観察日記では無いなあ・・。ま、いいか。
 それでは、「さくまの窓からこんにちは!」の時間でした。
 また明日〜〜〜。
 byゆめぱぱ


またまた   2001/12/06 (木)

 今日はまたゆめもはるもいないので、パパPの観察日記付けてみる。
 5:45 起床 以前忙しいときは4:00位から起きてごそご
そやってもいたが、この頃は忙しくないので、まあこの時間に起きる。通勤時間まで2時間有る。でもそれでもなんだか足りない。気がつけば既に7時5分前だ。
 7:30 通勤出発
11:30 今日は期末テストなので、3時間目でおしまい。その後はずっと本を読んでいた。仕事はいろいろと有るのだが、なんだかやる気が起きない。先生方も何人か帰っちゃった。
 今日読んでいる本は、以前読んだ本で、既に3回目だ。新しい本はこの頃あまり買ってない。わたしゃあ本が好きで好きで・・・・もし一生分の食料か、一生分の本のどちらかを持って無人島へ行けと言われたら、迷わずかみさんとゆめを・・じゃなくて本の方を選ぶね。食足りた憂鬱な日々より、想像の翼(本のことね。想像の世界へ旅立っちゃう)を持って、飢えた日々を食料探しで苦労する方がいい。
14:55 学校でやらねばならないことがないので、有休を取って帰る。家で仕事の続き。自分でもワーカホリックだとわかっているが、やることが絶えないのは事実。「何故仕事をするか?それは目の前に仕事があるからさ。」陳腐なセリフだが、仕方ない。家でもお仕事よ〜。
 しかし、読みかけの本が止まらない。上下2巻で1260ページ。読むのは3回目で内容を記憶しているとはいえ、読み終わらせずに仕事を始めるのは大変な精神力が必要だ。
 byゆめパパ


つづき   2001/12/06 (木)

20:00 今日は「アンビリバボー」やってない。無念。
1週間の2つの楽しみの内の1つなのに・・・ちなみにもう1つは、「笑う犬」のホリケンダンスだ。ゆめと一緒に踊る踊る。    
21:00 「金八先生」で勉強する。とてもではないが金八っつぁんの真似はできない。どうしてああも他者を受け入れることが出来るのか・・・・答えは1つ。それは人間愛だ。しかも底抜けに深い。
 それにしても今回の「金八」は、あまり金八に焦点が当たらず、他の登場人物に焦点が当たった話が多いな。以前のシリーズでは金八先生がもっと人間くさかった気がするが、今回はあまりにも理想的な先生じゃないか?以前のシリーズほど金八先生も困ってないみたいだし。あくの強い生徒をそろえることで、現代の学校を象徴しているのか、それとも、私が教師になったから見方が変わったのか・・
 もっとも、私が目指しているのは「教師びんびん」の徳川先生の方だが。
21:05 昨年まで佐久間高校で一緒に働いていた先生から連絡がはいる。実家(浜松の高塚)の近くに住んでいらっしゃるのだが、土曜日の午後に遊ぶことになっている。内と同じ、奥さんに子供が一人という構成だ。動物園に行くことにした。私は実は、この先生の子供になりたいと思ったくらい、良い先生なのだ。私の実の父親は、あまり子供に関わってくれる人ではなかった。つりが趣味の昔気質の職人で、一緒に遊んでもらった記憶がない。だから、自分が先生の子供ならどんなにか楽しかろうと思ったのだ。ああ、息子さんがうらやましい。
 今回はしっかり「観察日記」に仕立てたぞ

あほパパ   2001/12/07 (金)

はあ〜〜〜今日もゆめとはるはいない。仕方がないので、引き続
きゆめパパ日記だ。
 9:00 午前中は、授産所(と言ってしまっていいのだろうか?)の陶芸指導。指導と言っても大学時代にサークルでやってただけなので、ほんとに僕が教えてしっまていいのだろうかという感じだが、結構楽しんで、一緒に作っている。生徒の作品も焼かせていただいているし。
 陶芸は楽しいなあ。やっぱ僕は絵を描くよりも、物を作る方が向いていると実感する。2〜3年修行に行きたいくらいだ。そうすればもっとしっかりした指導が出来るだろうに。とか言いつつ、染色を指導していれば、染色の修行に行きたいのだし、CGを教えれば、まず僕自身が専門学校で教わりたいと思うのだから、勝手な物だね。でも、どこかへ勉強しに行くと、その間無収入だからなあ・・・。独り身なら行くんだけどなあ・・・。なんてな。
12:00 江ノ島高校(江ノ島と言ってもここは浜松)へCGのプリントアウトをさせていただきに行く。「蝶々夫人」と言うオペラのポスター公募展で入賞した生徒の作品を、B3と言う大きさ(364×515mm)で出力するのだが、この大きさの紙がどこにもない!!甘かった。どこででも手にはいると思っていたのだが、プリンターすらどこにも売ってない。パソコン専門店のコンプマートにすら!!結局今日は出張中止!後日紙を入手して、改めていく旨江ノ島高校の先生には連絡したが、我が校の教頭先生はもう一度出張させてくれるだろうか?
 もう今日はなあ〜んにもやる気せん。
 byゆめパパ

動物園と梅娘   2001/12/08 (土)

 今日は休み。1日中ゆめと一緒・・かと思いきや、本日は去年から参加している、袋井養護学校主催の「第3回ボランティア養成講座」全7回の最終回。まだゆめもはるも寝ている内に出かける。結局僕は4回しか出席できなかった(去年も4回しか・・・)が、今回の養成講座では何回かお世話したF君に気に入っていただいて友達になれたので、大収穫だ。それだけで参加した甲斐はあった。
 我が校でもボランティアは盛んだが、生徒というのはきっかけさえ作ってやれば、一生懸命やってくれる。この講座にも大勢の高校生が参加している。もっと多くの高校生がボランティアに目覚めてほしいものだ。というか、そんなものに目覚めなくても障害を持っていようがいまいが、自然に暮らせる世の中がこないものか。
 まず第一に車椅子専用の駐車スペースに、必要もないのに堂々と駐車する大馬鹿者どもをなんとせねば!それと点字ブロックの上に商品を並べる馬鹿店舗。それじゃあ意味無いじゃん!!
 結局意識が低すぎるんだよな。
 ・・・こんな事書いても大丈夫なんだよな?(ちょっと弱気)    
 午後は以前にもここへ書いた先生と一緒に動物園へ。ゆめは初動物園。サファリパークへ入ったことがあった(動物園より先にサファリとはゆめもなかなか通だね)が、初めての動物園はなかなか刺激的だったらしい。象の檻の前では、自分で「おいでおいで」をしておきながら、実際に象がくると怯えていた。あほかゆめ。
 それにしても寒かった。一緒に行った先生のとこの息子さんが風邪を引いていなければいいが、勿論先生っちも。
 夕飯は「とろろや」でとろろ定食を食す。うまかった。久しぶりのとろろ。専門店は違うなあ。ゆめは食べたような食べてないような・・。帰ってきてから梅ご飯を食べてた。梅ばっかり。梅とご飯だけ。梅娘め。
 ゆめパパ

風邪はひいても梅娘   2001/12/09 (日)

 ゆめはかぜだ。完全に、完璧に、まさに風邪だ。これほど風邪ひきさんらしい風邪ひきさんもこの頃ちょっと見ないぞって言うくらい、鼻はたれ、咳をし、熱っぽい、立派な風邪ひきさんだ。
 夕べは大変だった。夜中、異臭に目を覚ますと、横で寝ているゆめの枕元に昨晩食べたミカンが・・・しかも皮とペースト状の身が・・・。
 さらに異臭!布団をめくると、
 つ〜〜〜〜ん!
鼻を刺すにおい・・・・。下痢だなこれは。げろを処分し、急いでストーブをつけ、おしぼりとおむつ、お尻ふきを用意!完全装備でおむつ換えを始めた僕の目に飛び込んできたものは・・・・
 書けない!とても文章にはならない!!
 はるに助けを求めようと思ったが、はるも風邪ひきでダウン中!健康なのは自分一人だ!戦場にはもはや味方はない!援軍もいない!あたりに漂う異臭は、敵の細菌兵器か!?
 「においがすると言うことは、においを発する物体の微粒子が、空気中を漂い鼻の粘膜に付着するの原因です・・げえろならげろの、うんこならうんこの微粒子が鼻の粘膜に・・・」
 昔聞いた衝撃的な話を思い出す!おしぼりは刻一刻と冷えていき、もはや鼻は曲がり、ゆめの足を持ち上げた手は震える。まさに絶体絶命!!
 意を決してお尻拭きでひと撫で・・・・ヒクヒクうごめくお尻!手に付いた!!おむつから漏れる!!!動くなゆめ!!!!たすけてくれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!
 深夜に響く無言の叫びを、まるで他人事のように背中に聞きながら何とかお尻拭き完了!あったかおしぼりで仕上げて、新しいおむつでパッキング!ズボンをはかせてゆめはまた夢の中へ・・・・・
 俺はやったぜ!一人でやり遂げたぜ!!一服したいところだが、たばこの火は以外に遠くからでも見えるもの、敵に発見されてしまう。ここは我慢。敵中で孤独に任務を遂行するスパイよろしく、ゆめを起こさないようにそろりそろりと布団に潜り込む。はあ〜〜〜
俺はやったぜ・・・・・・・。
・・
・・・
・・・・・おかしい。
 俺はやり遂げたはずだ。だのに、なんだこの異臭は!まさか!そんな馬鹿な!!またか!?
 原因は、先程のおむつ。処理されてもまだなお細菌兵器を放ち続けるおむつ!おむつおそるべし!
 おもわず窓から屋根へ投げ捨ててしまった。
 このおむつは次の朝、洗濯物を干しに行ったはるによって、屋根の雨樋にひっかかった無惨な姿となって発見されるのだが・・・・ 
 心地よく夢の中へと帰還した僕に、何故かそんな場所でおむつを発見する事になるはるによって引き起こされる明日の惨劇を、予想することは出来なかった・・・合掌
 byゆめパパ