2月

ランチ 09/2/25 (水)
ゆめの痙攣発作は、どうも熱性痙攣ではなさそうだ。では何かと問われれば、わからない。過度の緊張状態におかれると起きている。
今年度(平成20年度)になってからは、注射のあとだったり鬼の扮装をした教員を見たあとだったり。そして今回が俺の説教の最中だ。
ちょっと心配だったので、出生前診断でお世話になっている東京女子医大の斎藤ドクターへメールで伺ってみた。回答は病気についてのページに載せているとおり。やはり熱とは関係なかった。しかも、薬でコントロールできるとのこと。
今後の課題だな。


ゆめの学校で、1/2成人式というのが行われる。聞いたこともないそれは、ちょうど10歳なので成人の半分ということをお祝いするそうな。この頃はあちらこちらの小学校でも行っているとのことだが、俺の時はそんなのなかったな。
保護者参加オッケーということなので、当然参加。ママはまだ出られないので俺が出る。
メッセージカードを書いたりするのだが、自分で書いたものを自分で読むのは恥ずかしいので、そこはママに任せた。
そのイベントに関して、赤ちゃんのころの写真か記念の何かを持ってくるようにとのお達しがあった。
うち、引っ越しが多かったからその都度捨ててるので、記念の品って何にもないんだよな。写真だけはあるので、一枚適当なのを選ぶことにした。
その際、ママが作った色々なコメント入りのアルバムをしげしげと眺め、読みふけってしまった。ゆめはアルバムがかなりしっかり作ってある。写真の数も多ければ、それを整理する気合いもかなりのものだ。
一方で誠大は、写真なんかほとんどない。ゆめに手がかかるので気が回ってないのだ。俺も超×20くらいの多忙な学校に異動になって全然家の中に構ってられなかったし。かろうじてデジカメをHP用に撮ってたくらいだな。
これが慶都になると、DVDビデオは回ってるわ、写真もたくさんあるし、扱いがかなり違う。
ママが脳腫瘍ということでNICUにいる慶都を自分で見に行けないので、代わりにビデオで見せていたことが原因だ。おまけに俺も休暇中で家にいるし。
長男なのに一番割食ったね、誠大君。

ま、それはそうとして、なんか読んでると、ああそういうこともあったなあとか、こんときのこれって今はどこ行ったかなというような情報が多数あった。
中に、今は無くしてしまったが、格別取り戻したいのが一つ。もし手元にあったなら、今回の1/2成人式にはそれを持っていきたかった。
ゆめが生まれた年は、俺が採用試験に受かった年だ。ちょうどゆめが生まれる日のすぐ前に1次試験があり、ゆめの誕生後すぐに1次通過の通知が来た。4回目の挑戦にしてやっと1次通過だった。
その約半月後に2次試験があり、生まれたばかりのゆめ達がママの実家にいたころは、俺は1人自分の実家で2次試験対策の小論文を書きまくっていた。
2次試験の日、家を出るときにファックスが来た。もう靴も履いて玄関を出る寸前だったときに渡されたそれは、ゆめの手形をなぞったもので、”ゆめも応援してるよ”の文字が。
ママの仕業だ。俺はそれをお守りとして大事に折りたたんで財布に入れ、試験会場へ持っていった。

あれから既に10年。手形は、しばらくは手元にあったのだが、いつの間にかどこかへ消えた。お役ご免ということなんだろう。
もし取り戻せるなら、あの手形だけはもう一回手元に戻したい。

ランチ 09/2/22 (日)
ママは今日、久しぶりのランチに出かけた。今はもう同じ学校へも通っていないが、友愛の里時代から仲の良い間柄のグループのお誘いだ。お互い障害児を抱えて大変なのだが、様々な手法で子供を誰かしらに預けては、あるいは子供がいない時間帯を狙って、楽しい時間を過ごしているようだ。
働くお父さんがコンビニのおにぎりにカップスープ、しめて320円、カロリー340kcalなんていう昼飯を食ってるときにお一人様数百円、へたすりゃ千数百円、カロリー1200kcalもする豪華ランチ。。。。
でも、今みたいな状態だと、そうやって連れ出してくれるのがこの上なく嬉しい。何しろ、俺が連れ出そうと思ったら必ずでかいのやちっさいのや面倒なコブが3つもくっついてしまって、団体様ご一行お通り状態になってしまうからね、そう簡単にはいかない。
今回もランチの伺いをお友達の1人に聞かれたときには、逡巡なく即答だ。
もちろんオッケー。
今日もママはさぞかしリフレッシュして来れたことだろう。家に中にばっかりいたんじゃ気も滅入るし、かといってこの寒空にけっと君を連れて外出も大変だし、ましてやママ1人じゃあまだ散歩すらおぼつかないからな。
良かったね、ママ。

でも、昼飯時にそのことを気に入らなかった奴が1人。
ゆめだ。
ゆめは、昼食をママが一緒に摂っていないことが納得いかないようで、食べながら終始ママの居場所を聞いてきた。聞いてきたっつーか、ランチに行ったの知ってるから、自分が連れてってもらえなかったのを恨みがましくずっと訴えてたって感じ。
これはこれで知恵が回っていることが嬉しい。
ゆめといえば、ママによると久しぶりにゆめをみた仲間の1人が、ゆめがごろんとしていたのにショックを受けていたそうだ。以前はちゃんと座っていられたのに、もう座っていられない。以前ったってほんの1~2年くらい前に見てたはずだが、この1~2年でゆめはすっかり筋力が落ちたからな。ショックを受けても、無理ない。一緒にいる俺ですら、そのことでは気落ちしてるのだから。
このあとも、ゆめはどんどん状態が悪くなっていく。
それを黙って見続けるしかできない。
つらいよー

ウンチ 09/2/22 (日)
夕べは大変だった。
ゆめが「おんちー」と言うので特性オマルに座らせたのだが、いつまでたっても何も出てこない。でも、そうっと覗くと肛門のあたりがふくらんでいる。
間違いなくいる。
絶対に奴らがいる。
陰に隠れてこそこそうかがってやがる。
肛門のふくらみ方が尋常でなければ、手を添えて腹筋代わりに押さえつけているお腹の張りも尋常じゃない。これは相当すごいのがいるだろうと思い、第一の対策は新レシカルボン。いつもの通り。第二案が浣腸。第三案が摘便で、今回は第三案までいった。

わーい、久しぶりの摘便だ~♪
ゆめさんなかなかやらせてくれないんだよなあ。

早速新聞紙の上に寝かせてご開帳。もっこりふくらんだ穴の先に綿棒を突っ込むと、いるいる、うじゃうじゃ。意外にもやや固めっていう程度だったが、ゴロゴロ凝り固まってて出口の真ん前ででっかい集団を作ってた。例えるなら、卵を横にしているようなものだ。縦なら先端が細いのですんなりと出てくるが、横だと張り出しがでかくて出てこないってわけだね。
綿棒で、固まりどうしの結束を弱めるべくつつき回してみた。
すると、なんか半円形の変な物体がたくさんいて、その内のいくつかが押し出されてきた。
見ればそれは、枝豆(未咀嚼未消化)。もしかして、こいつがたくさんくっついて引っかかりの良い出にくいウンチの栓を作っちゃってる?
ああ、はりきって枝豆奮発するんじゃなかった。いや、もはや枝豆ですら刻まないといけないということだったのか。
まま、反省はあとで、今はこいつらを何とかせねば。


結局2時間ばかりこね回したりオマルに座らせてみたり。色々試したが出なかった。
ゆめのお腹は妊娠数ヶ月のような出っ張り具合。
でも、どこか切っちゃったみたいで血が混じってるし、これ以上やるのは気が引けるしで、とりあえずお風呂へ。
お風呂後も出る気配なく、そのまま寝に入ったのだが、またまたゆめのはげしい「おんちー!」が。
急いで特性オマルに座らせてみたが、やっぱかけ声だけで身はなし。へばりついてるのも何なので、けっとの大世話をし始めた。
と、なんか異臭。
ゆめも「でたー」と。
出たか!
でかした!
覗いてみると、オマルの底に丸々と太った元気な子が!
しかも、予想通りに枝豆だらけの特大ウンチ!
ここで一抹の不安がよぎったのだが、とりあえずはゆめを寝かせ、その後にウンチの処理へ。
ここで、さっきの不安が的中した。
流れない。
でかすぎるのだ。
これは困った。
既に1回流してひっかかり、便器の中は次である程度水が抜けなければ絶対にあふれ出てしまうほどになっている。
思案した。前回のように手を突っ込んで握りつぶすか?
いや、なんか今回は気が引けた。いくら愛するゆめのためとはいえ、立て続けに2回もウンチを握りたくはない。
困りながら見渡すと、便器の傍らに便器ブラシが。
はたと膝を打ち、今回はこのブラシでやっつけることにした。

詳細は省くが、なんとかなった。
日頃からもう少しマグネシウムを飲ませ、少しでも出やすいようにしようとあらためて決意した午後11時だ。

ダメダメ管理人登場 09/2/21 (度)
うわー。
なんかこっちは全然更新してない。
いかんなあ。


久しぶりに掲示板を覗いたら、たくさん書き込みしてあって、しかもレスまできちんと付けてくれてあったりして、びくり!
びっくりじゃなくて、びくりね。
俺、管理人なのになあ、何にも管理してないなあ。
みいんなありがとうね。

何で管理してないかというと、俺のパソコンからではアクセスできないからなのだ!
なぜか掲示板に書き込みが出来ない。
いつからだろうか、たぶん今年に入ってからだと思う。
管理人は不在だったりROM専だったりしますが、是非交流板として活用してください。
って、掲示板自体がゆきぽんからの借り物何だけんど。。。

ちなみに、筋ジス会ボラブログの方は結構頻繁に更新してます。なにしろきちんと更新しないと肝心のボラ関係の人が見なくなっちゃうしね。
我が家の様子は、今はたぶんあちらのほうが手に取るようにわかるので、お時間あれば覗いてください。

まめ 09/2/9 (月)
「いたい~」
痛いと叫ぶゆめ。
でも、どこかが痛い場合ばかりではない。
かゆいときも『痛い』という。
あまりに痛がるから何事かと思うと、蚊に刺されてたりする。

何ともわかりにくいことこの上ない。

「てぇーいたい~」
今度は手が痛い。そう叫ぶゆめ。
でも実は、痛いわけではない。
手をテーブルの上にあげてくれとか、欲しいもののそばに手を持っていってくれとか、そういう意味のことを、彼女はすべて『痛い』で表現する。

何ともわかりにくいことこの上ない。


先ほど、ご飯のあとで仰向けにごろんしながら、しきりに「てぇーいたい~!」と叫んでいたゆめ。痛いわけではないと思うし。
試しに手を肘のあたりで支えてみると、顔をポリポリかき始めた。
顔がかゆかったみたいだ。
わかりにくいちゅーの!

自分で顔をかくことすら出来なくなったゆめ。
久しぶりにかわいそうって思った。
たった数センチも持ち上がらなくなっちゃったか…筋肉になる食べ物を摂らなきゃいかんな。
血や肉になる食い物…肉!そういやー、この頃やたらと肉を食いたがるなあ。
以前はまめを食いたがっていた。枝豆は、ゆめの大好物だが、この頃はあまり食卓に登らない。
枝豆に含まれる糖質は、グリコーゲンとなって筋肉の栄養となる。タンパク質は、筋肉を作る元となる。ビタミン類も筋肉によい。
やっぱゆめの枝豆好きは、体が自然と筋肉によい食べ物を欲していた結果だったんじゃないかなあ。

よし!明日はファーマーズマーケットで枝豆を探そう。
明日の晩ご飯は、炊き込みご飯に塩ゆで枝豆と、枝豆サラダに、枝豆の味噌汁。たったが好きだからウインナーも付けるか。