INTERVJU/INTERVIEW

注:以下は私、ゆずるが訳したものです。誤訳、意訳等はご容赦ください。



Dejan Stankovic

"Vecernoj Novosti" 10/11/2007

(右足首の捻挫について)進展はあるけれど、まだ腫れが引かないし、シューズを履くこともできない。 完全にドクターの言いつけを守って、少しのウェイト・トレーニングとプールでのウォーキングをしている。 来週にはトレーニングのリズムを強めることができるよう願っている。
僕の義務は代表のトレーニングの始まりに参加して、キャプテンとして予選を戦うチームとともにあることだ。
(カザフスタン戦は)僕がピッチで走るチャンスはとても少ない。でも、マラカナでのポーランド戦に間に合うことができればと思っている。 オーストリアとスイスへの旅立ちのための決戦になってほしい。もしかしたら、ベルギーが僕達を助けてくれるかもしれないが、 それに関わらず、僕達の課題はこの2試合を勝ち点6で終わることだ。



"Fudbalski Savez Srbije" 29/10/2007

・カンピオナート・セリエAパレルモ戦での負傷について

シャワーの後で自分の足を見た時、嫌な感じがした。こんなに腫れたのは今まで見たことがなかったんだ! 痛みは物凄かったし、骨に打撃があったかもしれないという恐怖も大きかった。 最初の検査結果(骨折はなく、右足首の捻挫)を聞いたときは、胸のつかえがおりたよ。 現時点ではそれが一番大事だったし、できる限りの良い報せだった。

今はまず安静にすること。家に帰って、こんな自分を見るのは辛いよ。僕はスポーツ選手なのに、 これはまったくスポーツ的状態じゃない。それでも、僕は十分強くなって、これに打ち勝つつもりだ。できるだけ…。

(EURO予選を目前に控え、復帰の時期は)
もし4週間の休みが必要なら、3週間で終えるようなんでもやる。もし3週間の安静が必要だと言うのなら、2週間半で復帰してみせる。 もし10日で充分なら、せめて9日で終えてみせるよ!





以前のインタヴュー 2007.7〜2007.82007.4〜2007.62007.1〜2007.3
2006.10〜2006.122006.7〜2006.92006.4〜2006.52006.1〜2006.3
2005.10〜2005.122005.8〜2005.92005.4〜2005.62005.1〜2005.3
2004.11〜2004.122004.9〜2004.102004.7〜2004.82004.5〜2004.62004.3〜2004.42004.1〜2004.2
2003.7〜2003.122003.1〜2003.52002.7〜2002.112001〜2002.42000

Back