INTERVJU/INTERVIEW

注:以下は私、ゆずるが訳したものです。誤訳、意訳等はご容赦ください。



Dejan Stankovic

"inter.it" 26/09/2009

・チャンピオンズ・リーグ ルビン・カザン戦後のコメント

(バロテッリの)退場についてはコメントは無い。10人になってとても苦労したけれど、この厳しい状況の中、すべては大きな意志と犠牲を表していた。 これは将来にとって良いと思わせるものだ。
難しいスタートの後、正しいリズムを見つけ、試合をコントロールした。そして前半の終わりにはそれを手にしたと感じていただけに残念だ。 引き分けは良い結果ではあるけれど、今は勝利しなければならないホームでの2試合が控えている。



"inter.it" 26/09/2009

・サンプドリア後のコメント

難しいピッチであることはわかっていた。でも、僕達は、特に前半この試合を上手くコントロールした。 剃刀の刃の上での試合だった。僕達は最低限のミスも許されなかったのに、すぐに敵は僕達をそれによって罰した。 今はもうこの敗戦は忘れる。分析する必要は無い。前を見つめるよ。チャンピオンズ・リーグの僕達のグループは楽じゃない。 たとえ最近のリーグ戦で負けていても、多くの問題を作ることのできるチームを相手にする準備をしなくてはならない。
(サンプドリアの選手達のダイブについて) 多分、彼らのゲームは1、2、3回は倒れようと試すものなんだろう。多くのダイブの中で何回かは審判がとってくれるかもしれないからね。 僕達の選手達も、試合の演出家達を助けなくてはいけないようだね。



"inter.it" 23/09/2009

・ナポリ後のコメント

とても上手くいった。試合開始たった5分で2−0でリードして、すべてがより楽になった。
カリアリ戦と変わったことは何か?試合へのアプローチが変わった。インテルには正しい姿勢がある。僕達は高いリズムを保ち、リードしていても、いつでもまったく円滑だ。 後半も僕達は上手にリードを守った。失点は残念だけれど、まあ良いよ。今週のトレーニングは基本的なものだった。 僕達の問題と敵がどこかはわかっていたし、解決しようとした。僕の賛辞はチーム全体に贈るよ。



"inter.it" 20/09/2009

・カリャリ戦後のコメント

美しいサッカーではなく、勝利が重要な試合がある。今日は僕達は皆苦しんだ。ピッチがとても悪かった。前半僕達は全力が出せなかったし、 ゲームをまったくコントロールできなかった。後半は良かったし、状況をひっくり返すこともできた。
今は良い感じだ。僕達は週末であろうと水曜日であろうとプレイする。僕にとっては試合をしている方が良い。
ミリートについてどう思うか?皆のためにピッチでとても良く動いているし、チームをとても助けている。 僕達の誰かが目を上げればいつでもそこに彼がいる。エリア内の暗殺者。とても素晴らしいフォワードだ。



"Fudbalski Savez Srbije" 07/09/2009

・ワールドカップ欧州予選フランス戦前のコメント

1年前に誰かが僕に、今年の9月9日に僕達がワールドカップ予選突破に王手をかけるだろう、しかもそれはベオグラードで、と言ったなら、 僕は冗談だと思っただろう。僕達はこの状況に値するし、僕達のファンの前でのマッチ・ポイントを落としたなら残念なことだ。 それでも、フランス代表が良いチームであることは意識しなければならない。彼らはルーマニア戦で引き分けたけれど、 前半で3−0か3−1でリードする可能性もあった。しかし、それがサッカーだ。クリスティアン(キヴ)と話をした。 引き分けを祝福し、彼に感謝した。彼は僕に、フランス代表は中盤から攻撃まで素晴らしいチームであると警告してくれた。 だから、最も大事なことはプレッシャーと、セルビアを揺るがす熱気から頭を冷やすことだと思っている。



"inter.it" 30/08/2009

・ミラン戦後のコメント

ゴールは嬉しい。でも、なによりチームのパフォーマンスが嬉しい。とても素晴らしかった。 前半のリアクション、1点目のゴール、PKに美しかったマイコンのゴール…。それから僕が最後の仕上げをした。皆にとって忘れられない夜になったね。
ディフェンスの前の僕のポジションは多くの責任があるけれど、多くの喜びもある。集中して、マン・マークしなくてはならないから。 今夜、僕はロナウジーニョを見るという仕事をして、センターバックを助けなくてはならなかった。このポジションでのプレイは良いね。
スナイデルに賞賛を贈るよ。デルビーの前にやって来て、こんなパフォーマンスを披露したんだ。彼の左足にも右足にも、素晴らしい力がある。 そして彼はストライカー、ミッドフィルダー、皆をサポートした。ある選手が質の高さと競争を持ち込むことは、皆にとって良いことだ。 僕達は練習でも試合でもより多くのことをやらなければならないという意味だから。夢のようなチームをもった、会長に僕達は賛辞を贈らなくてはならないね。



"inter.it" 23/08/2009

・バーリ戦後のコメント

ゴールを決められるまで、僕は疲れは感じなかったし、何よりピッチで楽しんでいたんだ。その後僕達はバランスを失い、より消耗してしまった。 それは自分達のせいで、早くに試合を終わらせるべきだった。僕達は最後までリードを守らなかったし、2点目を失う危険すらあった。 相手のお手柄ではあったけれど、僕達が多くのチャンスを作った試合だった。 ホームの初戦、僕達のファンの前でのデビューの日だったのが残念だけれど、リベンジのミラン戦が控えている。上手くやらなくてはね。



"inter.it" 08/08/2009

・スーペル・コッパ・イタリアーナ、ラツィオ戦後のコメント

インテルはとても素晴らしい試合をした。僕達はこのような形で負けるには絶対に値しない。でも、ミステルやチームメイトが言ったように、カルチョとはそういうもの。 残念ながら ラツィオは運を味方につけた。こうなるのは残念だけれど、シーズンはまだ始まったばかり。インテルは作り上げたものを見せるための時間はある。



"inter.it" 13/07/2009

・気温33度、湿気は少なく、良い天気。総じて、これまでのインテルのプレシーズン・キャンプの場所と状況は変わらないようだけれど…。

そうだね。でも、とても素晴らしいよ。(環境を)変えることは良いことだし、ここでのトレーニングは素晴らしい機会だ。 ロサンジェルスはファンタスティックな環境にある、とても美しい街。正直に言えば、僕達はすでにやる気になっていると言える。

・カルチョ・メルカートに関わる様々な問題はすべてイタリアに置いてきて、ここではとてもリラックスした雰囲気に見える。

でも、メルカートは問題ではないよ。6ヶ月毎の同じストーリーだ。誰かが僕達のチームに来て、トレーニングと、ポジションを争うために準備する。 移籍期間の残りはまだ長い。8月31日まで続く。もし素晴らしいカンピオーネが来るのなら、毎年繰り返しているように、彼らはインテルに歓迎されるだろう。

・君達は到着したばかりだけれど、もうピッチでとてもやる気に満ちていたね。なにか特別なアドバイスを受けた?

すでに去年、ミステル・モウリーニョとのキャンプの初日に、同じリズムでトレーニングした。 無駄にする時間はない。初日であっても30日目のように全力を出さなくてはならないんだ。 今日もそうだったし、昨夜良く眠ったからというのもある。何人かは軽い睡眠剤のおかげだけど、他はそれなしで。

・君は?

寝入るためにドロップを飲んだ。飛行機で眠らずに、そうやって一晩中眠った。

・新しいカンピオーネ達、チアゴ・モッタとミリートをどう思う?

皆が自分の価値を証明する権利があると思っている。ディエゴ(ミリート)とチアゴはとても素晴らしい選手で、彼らがジェノアでプレイしていた時から、彼らのことは好きだった。 彼らは多くの経験があり、プレイしたいという熱意がある。

・チャンピオンズ・リーグについて。モラッティ会長が語った、チャンピオンズ・リーグを獲れなかった時の言い訳はない、との言葉にはどれほど刺激された? スタンコヴィッチの意見では、インテルはヨーロッパのビッグクラブに未だ遠ざかっているのか、それともより近いのか?

その話をするのはまだ早すぎると思う。会長の話が僕達の士気を高めるのは当然のこと。僕達は誰にも劣っていないけれど、技術的な問題の価値については立ち入りたくない。 勝つために努力する。そして、もしそれができれば、とても素晴らしいし、もしできなければ…忍耐あるのみだ。

・リスコーネ・ディ・ブルニコでのキャンプとの違いは何かある?

それほど大きな違いはない。集中力と、苦労と、トレーニングはいつでも同じだから。

・ジョゼ・モウリーニョもいつもと同じ?

そう。同じだ。





以前のインタヴュー 2009.4〜2009.52009.1〜2009.3
2008.11〜2008.122008.8〜2008.102008.1〜2008.5
2007.10〜2007.112007.7〜2007.82007.4〜2007.62007.1〜2007.3
2006.10〜2006.122006.7〜2006.92006.4〜2006.52006.1〜2006.3
2005.10〜2005.122005.8〜2005.92005.4〜2005.62005.1〜2005.3
2004.11〜2004.122004.9〜2004.102004.7〜2004.82004.5〜2004.62004.3〜2004.42004.1〜2004.2
2003.7〜2003.122003.1〜2003.52002.7〜2002.112001〜2002.42000

Back