INTERVJU/INTERVIEW

注:以下は私、ゆずるが訳したものです。誤訳、意訳等はご容赦ください。
意味の取れない部分、訳が難しい部分は割愛しています。



Ivica Osim

"Kurir" 17/05/2006

シーズン終了後まもなく、ツルヴェナ・ズヴェズダがスポンサーとの大きな問題を抱えたことに、私は驚いている。 伝えれらるところによれば、彼らはドラガン・ストイコヴィッチ会長を、選手達を安売りし始めたと非難しているとのことだ。 ピクシーはこれまでにゴールキーパーのヴラディミール・ストイコヴィッチとディフェンダーのアレクサンダル・ルコヴィッチを売った。 (訳注:V・ストイコヴィッチはナントへ移籍。ルコヴィッチはウディネーゼへの移籍が決まったといわれている) 彼は素晴らしい仕事をしたと私は断言する。今日、世界最高のゴールキーパーでさえ、ナントからズヴェズダが受ける金額ほどの 移籍を成立させることは難しい。若いストイコヴィッチは良い学校のある素晴らしい環境へ発ち、ダメージはないだろうと確信する。 他方で、ルコヴィッチはウディネで非常に厳しい競争があるだろう。どのように切り抜けるかが問題だ。

多くの人が、来るべきチャンピオンズ・リーグの予備予選のために、ツルヴェノ・ベリはどんなことをしてもチームを守るべきだと考えているが、 ピクシーは熟慮し、すでに代わりの選手を見つけていると私は確信している。マラカナからキープレイヤーは誰一人として出て行かない。 スポンサーやメディア、ファンがどうしてそれほど神経質になるのか、私にはわからない。 ニコラ・ジギッチが去ったとしても、ズヴェズダはまたズヴェズダであろう。

ヴァルテル・ゼンガのありうる離脱は、ツルヴェナ・ズヴェズダの問題を表している。彼は自分の仕事を終えた。 2つのカップをもたらし、かつての欧州王者の監督になり、そして今はそれを金に換えると決めた。 (訳注:ゼンガはカタールのクラブと交渉中との話がある) ズヴェズダのフロントとイタリア人監督が、座って話し合わないのは私には論理的とは思えない。 ゼンガは違うチームでチャンピオンズ・リーグに出たいと思っているのかもしれない。おそらく、苛々したくないのだろう。 選手とチームを作るのは骨の折れる仕事だ。それは一夜にしてできるものではない。出来上がった選手を買うチェルシーやレアル、 マンチェスター・ユナイテッドさえもできないことだ。この15年、私が我々のクラブで仕事をしたいと思わないのは、そうした理由からだ。

もし、アルベルト・ザッケローニとルイス・フェルナンデスがヴァルテル・ゼンガの代わりの候補であるというのが真実なら、 それは良い手だと思う。二人ともビッグ・クラブの仕事に不可欠なカリスマがある。ベオグラードがスポーツを通してヨーロッパと繋がるのは悪いことではない。 すでにローター・マテウス、ヴァルテル・ゼンガ、ユルゲン・レーバーが仕事をし、おそらくそれがセルビアの状況に対する偏見を砕いた。 もっとも、ベオグラードは今もすべてのヨーロッパの国の中で、大きく、モダンな街ではあるが。

セルビア・モンテネグロ代表監督イリヤ・ペトコヴィッチが発表した選手リストには、それほどの驚きはなかった。 私はリエカで素晴らしい守備をしたドラガン・ジリッチか、好調なイヴィツァ・クラリが入ると予想していた。 フォワードは堅実で、若さと経験が合わさり、主な特徴が速さである選手、ジャンプに強い選手がいる。 ディフェンスは堅く、確実で、予選でチームの最高の部分であることを見せた。 ネマーニャ・ヴィディッチ、ムラデン・クルスタイッチ、ゴラン・ガヴランチッチ、イヴィツァ・ドラグティノヴィッチが素晴らしく調和していることは 良く知られている。とくに私を喜ばせたのは、ペトコヴィッチがツルヴェナ・ズヴェズダの若いドゥシャン・バスタを召集したことだ。 彼はそのポジションでヨーロッパ最高の選手のひとりになるだろう。ミッドフィルダーは質の面でDFやFWの後ろにいるが、ペトコヴィッチは 堅実にプレイできるコンビネーションを組み立てることができる。こうして見ると、最後には、ベストの11人を選ぶのが彼にとって簡単ではないことがわかる。 アルゼンチン代表監督ホセ・ペケルマンにとっても似た問題があるだろう。





Back