INTERVJU

注:以下は私、ゆずるが訳したものです。誤訳、意訳等はご容赦ください。



Predrag Mijetovic

"TEMPO" Broj1874 02/06/2004

・いつ現役引退を決めた?

公式に発表したのは数日前だけれど、随分前に決めていた。もっと正確に言うと、昨年レバンテとの契約が切れた時。 1部に昇格できなかったしね。率直に言って、2部でプレイし続ける気はなかったし…。
「遠い」国のクラブから多くのオファーがあった。カタール、中国…。すべて検討して、移籍にかかわる有利なこと、 不利なことを考えた時、家族を連れていけないと決めたんだ。 私達はバレンシアで快適に暮らしているし、下の息子は今はとても良いけれど、昨年は多くの病気による問題を抱えていた。 そのこともあって、すべてのオファーを断ると決めた。

・金銭的に良いオファーでさえ、君を迷わせることはない?

引退を公に発表するのに良い時を待っていただけなんだ。新聞記者からファンまで、多くの人が私に訊いてきたが、 バレンシアで記者会見をするという、正式なやり方で発表したかった。 私は今そこに住んでいるのだから、それは当然のことだ。

・引退後のプランは?

スペインに残って、サッカーに関わるつもり。コーチの仕事については、今のところ考えていない。

・こちらでは何度も、君がサッカー協会の仕事に就くと言われているけれど?

まあ、私達の国では何でも噂になるのが普通だけど…。今はそのことについては考えていない。私はスペインに住むのだから。 協会の仕事に就くのなら、引越しをしなくてはならないだろうし、今は私にそのつもりはない。 しかし、もし必要ならば、いつでも私はあらゆる種類の援助は惜しまないよ。

・具体的に何をするつもり?

長いキャリアと旅の後で、私は少し疲れている。しかし、4〜5年したらもしかしたらコーチの仕事を始めるかもしれない。 今は代理人業など様々な仕事について考えている。

・コーチング・スクールは修了した?

私達の国のコーチング・スクールは修了したが、もう少し勉強する必要がある。 FIFA、UEFAのコースやここスペインのスクールで学ぶかもしれない。

・引退試合のプランは?

なにかやろうとは思っているが、まだ具体的にはなっていない。すべてのクラブは非常に多くの試合をしているから、 開催するのは難しいだろうね。よく考えなくてはならない。もし可能な限りで最高のレベルのものができれば、 私はそれでOKだけど。もし条件が合わず実行できなくても、その時は仕方がない。

・私達の国、スペイン、どちらでやるの?

まだわからない。詳細については考えていないんだ。

・いつか監督を引き受けるとして、私達のクラブは?

すべての監督は、出されたすべてのオファーは考えないといけないからね!

・試合や、サッカーに関わることがなくなって、寂しいと思い始めていない?

今はない。寂しいとは思っていない。私は疲れてしまったんだ。

・ミニサッカーでさえやらない?

たまに。セルビア・モンテネグロに帰った時に、友達とプレイするよ。

・キャリアの中で一番重要だった時を選んで欲しい。

私がプロになった1987年から起こったすべての中に、多くの美しい時があり、もちろん悪い時もあった。 よく考えてみて、最も美しい時は、1998年のチャンピオンズ・リーグ決勝のユヴェントゥス戦でゴールを決めた時。 それは私のキャリアで最も重要な瞬間だったと思う。

・最悪なのは?

答えはおそらく皆知っていると思うけれど、フランス・ワールドカップでのオランダ戦のPK失敗。

・最高のシーズンは?

もちろん、バレンシアでの1995-96シーズン。データを見れば充分だよ。ゴール数、アシスト、評価…。

・どのクラブが最高だった?

すべてのクラブで素晴らしい時を過ごした。ブドゥチノストから始まり、パルティザンでは名声を得て、若いミヤトヴィッチは 世間の注目を浴びるようになった。それからバレンシア、レアル・マドリー、フィオレンティーナではあまりプレイしなかったけれど… 最後にレバンテ、小さなクラブだったけれど、私に多くの物を与えてくれた。

・そのキャリアで、なにか変えたいことはある?

変えたいことなんて何もないよ!




Back