MEMORANDUM

2000.12〜2001.6

 
01/06/29
経営危機に揺れるフィオレンティーナのチェッキ・ゴーリ会長は、決定と言われたデキとアンデションの移籍は白紙に戻したと語った。
01/06/29
続投が決定したズヴェズダのムスリン監督だが、同チームのドルリッチにはスペインのサラゴサ、ピャノヴィッチにはトルコのフェネルバフチェからオファーが来ている模様。
キリンカップで日本滞在中のユーゴリーグ得点王、OFKのディヴィッチには、イスラエルのマカビィ・テルアヴィヴ移籍が報じられていたが、スペインへの移籍の可能性もあるらしい。
01/06/24
マルセイユ退団が決定的なヨヴァン・スタンコヴィッチに、アトレティコ・デ・マドリー移籍の噂。セルタのジョロヴィッチは、同地方のライバル、デポルティボ・デ・ラ・コルーニャ移籍か?と言われている。
01/06/23
Jリーグのクラブからオファーがある、ズヴェズダの監督スラヴォリュブ・ムスリン氏が来日。磐田X福岡を観戦した。
01/06/20
ミハがトリチェッリとのトレードで、フィオレンティーナに移籍決定と報じられている。
01/06/09
ケジャがベオグラードのセルビア大聖堂(Saborna crkva)にて、エミリヤさんと挙式。Cestitam! 6日のフェロー諸島戦のハットトリックは「未来の妻、エミリヤに捧げる」とのこと。

Keza i Emilija
01/06/09
ダルコにバレンシアからオファーがあった模様。
01/06/08
FSJのブラトヴィッチ事務総長は、キリンカップでのピクシーの参加は確実と語った。
01/06/07
6−0で大勝したフェロー諸島戦の1点目はサヴォの得点となったが、それについてサヴォは「僕はボールに触っていない。あれはスタンコヴィッチのゴール」と語っている。
デキは「ミロシェヴィッチはボールに触っていないと認めているけど、誰がゴールしたかは重要ではない。これは僕達にとって、特に僕にとって重要な試合だった。 なぜなら、僕はめったにプレイしない、3人のディフェンシブ・ハーフの前にいるオフェンシブ・ハーフのポジションをやったからね。」とコメント。
01/05/31
ヨヴァン・スタンコヴィッチが、マルセイユ退団を希望している。自身と家族がフランスよりもスペインに馴染んでいること、マルセイユ入団を勧めたクレメンテ監督が解任されたことが理由。
01/05/31
ゼムンにあるトレーニングセンター"パルティザン・テレオプティク"で代表合宿の中、デキが移籍について語る。
「フィオレンティーナは僕にとって、新たな挑戦だ。新しいクラブ、新しい街と友達・・・。僕は正しい選択をしたと思うよ。」
01/05/29
フィオレンティーナは同じくラツィオから、シモーネ・インザーギとミハの獲得も狙っている。ミハにはチェコ代表のレプカとトレードという話も。 また、ガラタサライに対し、ジャルデウとページャのトレードを申し入れたが拒否された。
01/05/28
フィオレンティーナはデキの移籍に1000万ポンド(約17億円)で合意したと、「onefootball.com」が報じた。 フィオのマネージング・ディレクター、スコンチェルティ氏は、月曜日に契約が確実になるだろうと明らかにした。
01/05/26
左腿の負傷で全治2週間、今季絶望と言われているダルコだが、スペインの「MARCA」紙に今シーズン限りでユヴェントゥスを退団する可能性が高いと明かした。スペインのクラブへの移籍が噂されているが、イタリアに残る可能性もあるらしい。
ダルコのコメント:「ユーヴェの幹部からは、良いオファーがあれば、移籍してもいいと言われている。ユーヴェはすばらしいクラブで、素晴らしい選手達がいるが、27歳でベンチに座っていることはできない。」
01/05/25
ピクシーが「Sportska centrala」で自身の引退について語る。
−別れは3回になる。名古屋での最後の試合は、ホームの観客の前での7月14日の広島戦。それは素晴らしいものになるだろう。公式に、クラブでの最後の試合は、7月21日の東京でのヴェルディ戦。 クラブは秋に、名古屋での引退試合を準備したいと思っている。

W杯予選、ロシア、フェロー諸島戦については
−実はサヴィチェヴィッチと話をしたが、ロシア、フェロー諸島戦の出場については話していない。 実際のところ、準備していないし、それについて深く考えてもいない。それに、プレイするための納得できる方法が見出だせない。 プレイしたくないと言うわけではないが、心の準備が出来ていないし、私を召集するつもりなのか、監督委員会に聞くことも考えていない。

キリンカップについては
−それは別の話だ。それは、すでに私のホームだからね。
01/05/23
オビリッチのDFミラン・オブラドヴィッチの、セリエA移籍が噂されている。
同クラブのMFボヤン・フィリポヴィッチは、名古屋グランパスへの移籍が合意に達したと報じられている。ゼネラル・マネージャーのドラギシャ・ビニッチ氏(元名古屋)の判断によるもの。
filipovic

Bojan Filipovic
1976.1.1生
182cm/82 kg
MF
ユース/A代表歴:なし
既婚

01/05/23
代表戦を前に、クルスタイッチとコヴァチェヴィッチが負傷。負傷欠場が予想されたユーゴヴィッチは回復し、27日のインテルXラツィオに出場が可能と言う話も。
01/05/22
フィテッセのGKドラゴスラフ・イェヴリッチが、トルコのベジクタシュへ移籍する可能性が高まっている。すでに火曜日にダウム監督と話し合った模様。 ベジクタシュは、ページャ獲得も狙っている。
01/05/19
ページャがフィオレンティーナを退団することを明らかにした。ギリシャ、トルコからオファーがあるが、スペインに戻ることも有力視されている。
01/05/19
今季限りで現役引退し、代表スタッフに専念する予定のデーヨは、ホームでのラストゲーム、ザルツブルク戦に出場。ラピッド・ウィーンのファンに別れを告げた。
01/05/19
退任するミリャニッチ会長とブラトヴィッチ事務総長の後任として有力視されているドゥシュコ・ビェリツァ、ヴェリボール・ヴァソヴィッチ両氏に対し、ピクシー以下選手達の間から非難の声があがっている。 代表監督委員会の一人、デーヨは「彼らが選ばれたら、辞任する」とコメントしている。選挙は22日を予定している。
01/05/16
デキの移籍に関する話し合いは、両チーム間で合意にいたらなかった。フィオレンティーナ側の、トマシュ・レプカ(チェコ代表)+1000万ドル(約12億円)でトレードのオファーを、ラツィオ側が受け入れなかった模様。
01/05/16
ガラタサライが、エースストライカー、ジャルデウ(元ポルト)のパートナーとして、ドルロヴィッチ獲得に動いているらしい。
01/05/15
これまでの主な移籍の噂
サシャ・イリッチ(パルティザン)・・・ベンフィカ、スポルティング・リスボン、ブレッシャ
ブニェヴチェヴィッチ…スパーズほぼ決定か? ホドル監督とも話し合いをもったらしい。
ヨヴァン・スタンコヴィッチ・・・スタンダール・リエージュ
デキ・スタンコヴィッチ&ミハイロヴィッチ・・・ラツィオのクラニョッティ、フィオレンティーナのチェッキ・ゴーリ両会長が、二人の移籍に関して話し合いを持った模様。
01/05/08
イングランドのトッテナム・ホットスパーが、ズヴェズダのキャプテン、ブニェヴチェヴィッチ獲得に動いているらしい。
01/05/07
マンチーニ引退試合"Mancio Day"が、古巣サンプドリアのスタジアム、ジェノヴァのルイジ・フェラーリスで行われ、99-00ラツィオ優勝メンバーとしてミハとデキが参加した。 対する90-91サンプドリア優勝メンバーを率いていたのはボシュコフ。カタネッツ(スロヴェニア代表監督)、トニーニョ・セレーゾ(鹿島アントラーズ監督)も参加していた。
01/05/06
ロシア戦のため帰ったベオグラードで盗まれた、サヴォのメルセデスジープがイタリアのアンコーナで発見された。もう1台の行方は?
01/04/26
就任後3試合の不甲斐ない結果に、解任の声が高まっているジョリッチ監督だが、本人に辞任の意思は無い模様。
ジョリッチのコメント:「幾人かのプレイヤーは、私が監督である限り、代表で再びプレイすることはないだろう。私は辞任するつもりはない。メディアも、新しいチームを作り上げる困難な仕事がある私を攻撃しないで欲しい」
01/04/26
敗戦に終わったロシア戦の前、スターティングメンバーから外れることが決まったために、ページャはチームを離れた。「Blic」によると息子のルカくんとともに、三菱バジェロに乗ってホテルを去ったらしい。
ページャのコメント:「ジョリッチは早くからプランを私に語るべきだった。そうしたら、わざわざ(ベオグラードに)旅することもなかっただろう。私はフィオレンティーナのベンチに座るだけで沢山だ。私はプレイするために来たのだから」
01/04/23
引退発言を撤回し、代表に招集されたユーガだったが、インテルのチームドクターから靭帯?の負傷により休養が必要と診断され、ミラノに留まることになった。
00/04/21
Deki i Piojo
デキがブーツのメイカーをナイキに変えたらしい。
3月6日のCLアンデルレヒト戦からナイキ製。それ以前はアディダス、ディアドラだったり、ラインを黒く塗りつぶしたブーツ(契約メイカー募集中、の意味)を履いていた。
(個人的にナイキは好きではないのだが〜・・・)

アンデルレヒト戦でのデキ
ナイキのブーツ着用
お隣は"ピオホ"・ロペス

01/04/11
カイザースラウテルンは、コムリェノヴィッチの今シーズン終了後の放出を発表した。移籍先はハンザ・ロシュトクが有力。同クラブのヒュンケル監督とは、デュイスブルク時代に一緒だった。
01/04/09
デキはフィオレンティーナのマンチーニ監督からオファーを受けていることを認めた。また、PSGと契約したという噂は否定。EU外国人枠が撤廃されれば、ラツィオに残る可能性もあると語った。
デキのコメント:「マンチーニの誘いには感謝している。フィオレンティーナはラツィオよりも小さなクラブだが、僕にとって一番大切なのは、スターティングメンバーになること。 僕は世界最強リーグであるイタリアを離れたくない。それに、まだローマにとどまるチャンスもある」
01/04/02
ピクシーが、25日のロシア戦に出場することはないだろうと語った。また、スロヴェニア戦で起きた、ダルコ、デキ、ケジャとジョリッチ監督との衝突について、 自分がその場にいたなら、そのような問題は起こらなかっただろう、とも語った。詳細は後日・・・。(情報提供:ありきちさん Hvala!)
01/04/01
代表選手の主な移籍の噂
ミハイロヴィッチ・・・ペルージャ、フィオレンティーナ、ミドルスブラ、アラベス、パルマからオファー
ミヤトヴィッチ・・・ガラタサライ、フェネルバフチェ(ラパイッチとトレード?)
コヴァチェヴィッチ・・・アーセナル。ヴィエラと交換トレードという話も
ジョロヴィッチ・・・レアル・マドリー。既に話し合いを持ったらしい
ブニェヴチェヴィッチ・・・ペルージャ
ジョルジェヴィッチ・・・ミランが興味をしめしているらしい
01/03/31
デキが今シーズン終了後、ラツィオを離れる可能性が高まっている。移籍先はフィオレンティーナが有力。 27日にデキの代理人モラービト氏が「ゾフが続投なら、スタンコヴィッチはラツィオに残留する」とローマのラジオに語ったばかりだった。
01/03/24
ミハのFKによるゴール後、真っ先に抱きついてきたのは、当然の如くデキであった・・・
しかし、ベンチに下がった選手がピッチに入っていいんかい・・・(汗)

Miha
01/03/21
ピクシーが今回のジョリッチの決定について語る。(以下抜粋)

−ベオグラードに行きたかった。スイス戦に向けて、精神的にも肉体的にも準備をしていた。しかし、ジョリッチは他の選手を試したいと私に説明した。 我々には代表としての能力を持った、たくさんの若手・・・デヤン・スタンコヴィッチ、ラゼティッチ、ドゥリャイ、イヴィッチ・・・がいる。

キリンカップについては
−日本の人々は、これ(キリンカップ)が私の代表でのキャリアの確実な最後であること、ジョリッチがこのトーナメントで私をメンバーとみなしていないことに、少し驚いている。 私がメンバーになるかは、監督次第だ。

2002については
−(日本では)スタジアムやすべてのことは完璧だ。明日からでもトーナメントが始められるくらいだ。もし、我々が予選突破できなければ、私はとても悲しむと思うよ。 すでに私は日本のTV局から、コメンテイターとしての具体的なオファーを貰っていて、たぶん、それを受けるつもりだ。

2002に、FSJの会長になっている可能性は?
−わからない。すべてに可能性があるね。
01/03/15
ジョリッチ監督はピクシーを招集しないと、ユーゴの新聞「Glas」が報じた。「Sportki Zurnal」によると、監督はピクシーのフィジカル面を危惧しており、「若返りの時だ」と語ったとも報じている。
01/03/15
ページャが「予選2試合には出ない、とジョリッチに言った」とユーゴの新聞「Glas」が報じた。ジョリッチとの話し合いの中で、彼を監督に選んだ人々、メディア、ファンから、代表の若返りを迫られているのを感じ、 自ら代表の辞退を申し入れたとのこと。所属のフィオレンティーナでプレイしている時間が少ないにもかかわらず、代表に選ばれることは許されないだろう、とも語る。
ページャのコメント:確かに、この2試合は私をメンバーに入れないでくれと監督に言った。もちろん、次の試合で必要とされる限りは、私の代表のキャリアを止めることはない。
01/03/06
ピクシーのコメントは、「ジョリッチとは電話で話をした。私のフォーム、義務、プランなどについて。具体的な話は、月曜日に打ち合わせる。」 7月21日のV東京戦を最後の試合とするが、それまでに行われるW杯予選の試合の準備はしている、とも語る。
01/03/06
初のプレス・カンファレンスを行ったジョリッチ新代表監督だが、30人の候補の中から、3人のGKと18もしくは19人のフィールドプレイヤーを選出する予定と語る。 セリエAでプレイする代表選手とは連絡をすでに取っており、とくにページャにはかなりの信頼を寄せている模様。U-21監督時代にイリッチ、イヴィッチら一部選手と衝突して以来、彼らを召集しなかったことは有名だが、 それについては「過去のこと。誰に対してもチャンスはある」と明言。キャプテンであるピクシーに関しては、「まだ、彼を招集するかは決めていない。連絡をとっていないが、彼の名前は約30人のリストの中には入っている。」と語った。
01/03/04
アジア・カップウィナーズ・カップ準々決勝第1戦、大連実徳とグランパスの試合はスコアレスドロー。大連のミシャ(ミロラド)・コサノヴィッチ監督は、ユーゴ代表のアシスタント・コーチを勤めた人。 ブラジル人選手アジウソンは元ズヴェズダの選手、ズヴェズダから新加入のスルジャン・バイチェティッチの出場はなかった。
ピクシーのコメント:「とても寒く、ピッチもひどかった。コサノヴィッチはフィジカルに優れた、良いチームを持っている。でも、名古屋は"よりサッカーを知っている"チームだ。」
01/03/03
フィオレンティーナの新監督、マンチーニがチームに対し、古巣ラツィオの選手であるデキとシモーネ・インザーギの獲得を要求しているとのこと。 今シーズン終了後になりそうだが、デキを獲得するには多額の移籍金が必要になるので、その場合フィオは誰か選手を売らないといけないらしい。
01/03/02
こむりんことコムリェノヴィッチが結婚していたことが判明。(・・・というか、私が今ごろ知っただけの話)奥さんの名前はイヴァナさん。昨年8月2日には第1子のクセニヤちゃんも誕生している。
01/02/28
ユーゴの新聞に「ミハイロヴィッチがフィオレンティーナに?」の記事。10日に語った「多分、マンチーニと再び仕事をするだろう」との発言を受けてのものだと思われる。 マンチーニは、テリム監督辞任後のフィオレンティーナの監督就任を報じられている。
ミハのコメント:「今はマンチョはレスターでプレイしているが(注:現在は退団している)、来年には監督になっているだろう。その場合は多分、マンチョと再び一緒になるだろう。」
01/02/22
UEFAカップ4回戦第2レグ、パルマXPSVはサヴォの2ゴールを含む3-2でパルマが勝ったものの、第1レグの1-2との合計4-4、アウェイゴール2倍ルールによりPSVが準決勝進出。ケジュマンも1点決めている。写真は試合後、ユニフォームを交換するサヴォとケジャ(かわいい・・・)。


Savo i Keza

この試合の放送予定
Sky-perfecTV!

3/7(水)22:30〜 121ch
3/8(木)9:30〜 121ch
3/11(日)18:30〜 141ch
3/16(金)24:30〜 121ch

01/02/21
チャンピオンズリーグでレアル・マドリーに2-2で引き分けたラツィオは、グループリーグ敗退が決まった。この日、ミハが久しぶりのスタメンだったが、守備的MFとして起用された(81分バローニオと交代)。デキは出場停止。
ミハにまたしても「今シーズン終了後に移籍」の噂。ゾフとの不和が囁かれている。移籍先はスペインが有力。
01/02/21
ケジュマンに対して、バルセロナが獲得を打診している模様。PSVの会長は「安値では売らない」と発言。ケジャのコメントは
「僕の夢のチームはバルセロナだ。もちろん、レアルは偉大なチーム。でも僕にとってはそれはバルサなんだ。友達のドラガン・チリッチ(元バルサ)がクラブや街について話してくれたよ。 僕は(PSVからバルサへ移籍した)ロナウドの後を追うかもしれないけれど、彼とは比べられたくない。僕はロナウドでも、ファン・ニステルローイでもない、僕は"マテヤ・ケジュマン"なんだ。」
ちなみに彼の好きなチームはマンチェスター・ユナイテッド。プレステでもマンUを選んで遊んでいるそうな。オールド・トラフォードでプレイするのが夢・・・は"対戦相手として"もう叶った。
01/02/17
ペリツァはレアルに対して、裁判に臨む構え。アタランタからオファーがあるという話については
「公式にはオファーは貰っていない。前にもイタリアからオファーがあったけれど、今回のアタランタからの話は新聞で知ったんだ。まず具体的なオファーを待って、その時コメントするよ。」
01/02/15
UEFAカップ4回戦、PSVとの試合のため14日にアイントホーフェン入りしたサヴォは、ペトロヴィッチと会う予定とのこと。「ケジュマンとは試合でしか会えないよ。」
01/02/14
ツルナゴーラサッカー協会は、代表監督候補にサヴィチェヴィッチを推しているが、当のデーヨは否定。
01/02/11
ナポリ戦でスタメン、1ゴール決めたダルコだったが、鼻骨骨折で途中交代。13日に手術、14日には練習に参加した。写真はプロテクターを着けて会見に臨むダルコ。

Darko
01/02/10
ミハがユーゴの新聞に、ゾフ監督が就任してからラツィオのスターティングメンバーから外されている現状について語る。また、スペインやイングランドからオファーがあるとも語った。
代表監督候補については
「スラヴォリュブ・ムスリンだ。長く外国で仕事をして、手腕に優れ、ズヴェズダではすでにダブル・クラウンを獲得している。経験もあり、十分若く、長期の方針において良いと思う。 もし、ムスリンがその任を受けなかったら、トゥンバコヴィッチだ。彼も若く、すばらしい監督だ。ただひとつの欠点、パルティザンの監督であることを除いては…」
01/02/09
ピクシーがユーゴの新聞に「7月21日まではサッカー選手。引退後は少し休んで、家族のために過ごしたい」と、代表監督、FSJ(サッカー協会)の会長、ズヴェズダのディレクターのいずれにも、今のところなる予定はないと語る。
01/02/07
ミハがローマのラジオで、ラツィオのスターティングメンバーから外されている現状について不満を明らかにした。
「サッカーを始めた時から、私はいつもスターターだった。こんなに多くベンチにいることは、初めてのことだ。この状況をどうしていいのか、私にはわからない。 しかし、プレイしなくても、前よりもよりハードに練習しているよ。私がスターティングメンバーになる価値のあることを、監督に証明するためにね。」
01/02/04
「代表の新監督には誰を?」というアンケートに対するピクシーの意見
「ペトコヴィッチがこんなに早く去るとは思わなかった。去年の夏には、彼は長期間の契約だと思っていた。彼は勇気ある人間だが、FSJの新しいスタッフについて心配し、協会を去る人々と行動を共にした。
今の最良の決定はリュビシャ・トゥンバコヴィッチだ。年は若いが、プラーヴィを率いるのに充分な経験を身につけている。 もちろん、彼のプランには干渉するつもりはないよ。」
01/01/31
マルセイユに移籍したヨヴァンの写真。(ピクシーもマルセイユの10番だったね…)移籍後すぐにオーセール戦でデビューした。

Jovan
01/01/30
デキがフィオレンティーナ戦で復帰した喜びを語る。この試合では右サイドではなく、ベロンの代わりにセントラルミッドフィールドだったため、自分のやりたいポジションでできて満足だったよう。かなり右サイドでの起用はこたえていたらしい。
01/01/22
ジュキッチが今シーズン限りの引退を発表というニュース。「旅にも、トレーニングにも、家から離れて過ごすのにも疲れた。さよならをいう時が来た。若手にチャンスを与え、身を引く時が」とコメント。 しかし、バレンシアの会長が申し入れた来季のオファーを受け入れたという話なので、当分引退はない様子。
01/01/22
ペリツァが、レアル・マドリーを相手に訴訟を起こすと語った。
00/12/30
デキのインタヴューによると、息子のステファンくんは左利きらしい。「彼もサッカー選手になると思う?」との質問には
「わからない。まだ早いよ。でも、もしこの子がボールと走るようになったら、父親とは違うだろうね。なぜなら、この子は左利きなんだよ」
奥さんのアナさんはサッカー観戦が大好きで、以前から兄弟のミレ(アチモヴィッチ スロヴェニア代表)の試合を見に行っていたのだそう。オリンピコにもデキの試合を見に行っているとか。
12月25日に行われた元チームメイトのドゥディッチの結婚式に、デキとアナさんが新郎のクム(仲人)として、ミレと恋人のレアさんが新婦のクムとして出席の予定だったそうだが、2日前に膝の手術をしたデキは出席できたのだろうか?
追記:ありきちさんからの情報によると、ユーゴの雑誌「TEMPO」にて、結婚式にちゃんと出席し、思いっきりはしゃぐデキの姿が確認されたとの事。クムの責任は果たせたらしい・・・。
00/12/03
デキがブーツのメイカーをディアドラからアディダスに変えた。前節のパルマ戦まではディアドラだったが、3日のレッジーナ戦ではアディダスを履いていた。契約が11月末で切れたのだろうか?(11月29日のコッパ、ウディネーゼ戦は確認できず)ちなみにズヴェズダ時代はアディダスだった。


Back