MEMORANDUM

2002.1〜5

02/05/03
ミレに女児(デキには姪)が誕生。クララと命名。Cestatimo!
02/04/30
ミレのトッテナム・ホットスパー移籍が正式に発表された。4年契約でサイン。ミレは27日のハイドゥク・クーラ戦で退場になったが、それがズヴェズダでの最後の試合になった。

ミレのコメント:とても嬉しい。トッテナムのような名声、伝統のあるクラブと契約できたことは誇りに思う。ロンドンに来る前から、クラブについては知っていた。ゴラン・ブニェヴチェヴィッチは僕の親友だから。 ゴランとは毎日話をした。クラブのこと、プレイヤーたち、グレン・ホドル、イングランド・・・。彼はロンドンは素晴らしい街だと言っていたけれど、僕にもそれが本当だとわかったよ。
ズヴェズダでは、僕の人生で最も素晴らしい時を過ごした。僕はそこで有名になり、数々の国内タイトルを獲得した。
02/04/19
親善試合スロヴェニアvsチュニジアを、トッテナムのグレン・ホドル監督が観戦していたことに関して、ミレが語る。

僕も、観客席にホドルがいることは聞いた。試合の後で、皆がそれについて話していたからね。 彼が僕を見るために来たのかは、100%確実とは言えないが、前からそのこと(ホドルがミレに興味がある)については書かれているし、そうなんだと思う。 一つだけ確実なことは、僕はトッテナムとは何もサインをしていない、ということだ。
02/04/18
スメデレヴォで行われたリトアニア戦について、ピクシーが語る。

とても嬉しいし、満足している。 私達の若い選手のプレイに、プラーヴィのユニフォームにふさわしいプレイに、勝利に、サシャ・イリッチとボヤン・ブルノヴィッチの初ゴールに。 (注:イリッチは実は4ゴール目)
若手達はチャンスを与えられ、ベストのスタイルで、未来は彼らの手の中にあると知らしめた。
スタジアムを埋め尽くし、代表を心から励ましてくれたスメデレヴォの人々に対しても、喜びを感じている。 彼らの素晴らしい運営にも感謝している。機会があれば、プラーヴィは再びスメデレヴォでプレイするだろう。
02/04/12
ボルトン移籍の噂について、ミハが語る。

具体的な話は私のところには届いていない。ボルトンに対しては、なんの興味もない。
ローマはとても居心地が良いし、キャリアを終えたらローマに住むつもりだ。だが、まだ引退するつもりはないので、一番良い答えを選びたいと思う。 イタリアに残るか、短い期間他の国に行くか、シーズン終了後にわかるだろう。

17日のリトアニア戦については

プラーヴィのユニフォームは、私にとって特別なものだ。必要とされる限りは、着続けるだろう。しかし、今回の親善試合は欠場する。 その頃に、私の妻のアリアンナが出産の予定だから。これで4人目だが、また息子なら、結果は2−2(娘2人−息子2人)の同点になるよ。
02/04/12
デキにユヴェントゥス移籍の噂。ダーヴィッツとの交換で、すでにクラニョッティ会長とユーヴェのモッジGMが話し合いをもった模様。 今回の移籍話に対して、デキの代理人モラービト氏は、ラツィオのやり方を非難している。
ミレにトリノ移籍の噂も。
02/03/22
移籍の噂について、デキが語る。

すでにローマに4年いるけれど、とても素晴らしいよ。街にも人々にも慣れたし、ラツィオはビッグ・クラブ、離れることなんて本当に考えていない。
(アーセナルとチェルシーからのオファーは)皆と同じように、新聞で知らされた。でも、今のところ具体的な話はない。実は何ヶ月か前に話があって、その時はアーセナルが関心をもっているということだった。
僕自身はラツィオに残りたい。でも、クラブが僕を売りたいというのなら、それは可能だ。
ラツィオとの契約は2006年の夏まであって、もし僕がオファーに満足しないなら、受けなくてもいい。僕はイタリアにいたい。でも、仮定するのはまだ早い。僕の望みはラツィオで良い選手達とプレイし続けること。夏まで、考えるための時間はたくさんあるからね。
02/03/19
デキにアーセナルとチェルシーからオファーがあるという噂。ミレにはW杯後にハンブルガーSV移籍か?という噂。
02/03/08
クラリはPSVを放出される模様。ジュキッチはバレンシアとの契約をもう一年延長するという噂。
02/03/01
やはり赤白の縦縞に戻したズヴェズダ。

02/02/19
セリエAのキエーヴォと契約した20歳のGKヴォイスラフ・ドラゴヴィッチは、ツルナ・ゴーラ王女でイタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ3世妃だったイェレナ・ペトロヴィッチのひ孫に当たると報じられている。

1982.5.17生 ベオグラード出身
196cm/90kg
経歴:シンジェリッチ−ゼムン−レシュティネ−キエーヴォ
02/02/03
ラツィオXミラン デキの素晴らしいゴールで先制するも、ロスタイムに追いつかれてしまう・・・(涙)。


↑最近はゴール後は、このパフォーマンス

試合後のデキのコメント:信じられない。僕らは試合を支配しながら、2ポイントを失った。とても残念だ。僕のゴールは美しかっただけで、何の役にも立たなかった。 僕らにはたくさんのチャンスがあり、先に試合を決めておくべきだった。このネガティブな時だけれど、チャンピオンズリーグ出場権を賭けて戦わなくてはいけないし、最後まで信じなくてはいけない。
02/02/01
イタリアのボローニャでお披露目のヴラダ・シュミット。
(イタリアではヴラド・・・本名はヴラディミールだけど) 
左サイドバックなので、アイドルはパオロ・マルディーニ。
02/02/01
ズヴェズダのスポーツ・ディレクター、ドゥシャン・サヴィッチは、「アチモヴィッチは今季終了までズヴェズダに残る」と発表。ミレにはトッテナム、ペルージャからオファーが来ている。 FSJも調停に乗り出した、チュカリチキのミランとイヴァンのドゥティッチ兄弟の移籍問題については、彼らは今年の6月に移籍するとした。
02/01/30
カイザースラウテルンに移籍したペリツァは、30日のドイツカップ準々決勝バイエルン・ミュンヒェン戦で、延長戦111分から出場。公式戦デビューを果たした。
02/01/27
スペインに戻ったサヴォとダルコは、共に復帰後ゴールを決めている。サヴォは27日のラージョ・バジェカーノ戦でデビュー。2ゴールを挙げ、勝利に貢献。ちなみにこの日はセルビアの守護聖人・聖サヴァの日で、サヴォのニックネーム「スヴェティ・サヴォ(聖サヴォ)」はこの聖人に因む。
ダルコは19日、2試合目のアラベス戦で初ゴール、しかしチームは敗れた。
二人はほぼ同時期に同じ国のリーグに移籍し、今回またスペインのかつて在籍したクラブに戻った。


ユーゴイングランドスペインイタリアスペイン
サヴォパルティザン
(92-95)
アストン・ヴィラ
(95-98)
レアル・サラゴサ
(98-00)
パルマ
(00-02)
サラゴサ
(02- )
ダルコズヴェズダ
(94-96)
シェフィールド・W
(96)
レアル・ソシエダ
(96-99)
ユヴェントゥス
(99-01)
ラツィオ
(01)
ソシエダ
(01- )
02/01/16
"Daily Soccer"が「サルティドはユーゴ代表ラゼティッチと契約」と報じたが、これはニコラ・ラゼティッチではなく、彼の実弟のジャルコ・ラゼティッチ(19)のこと。 もちろん、弟の方はまだ代表歴はなし。ズヴェズダのユース所属だったらしい。
02/01/12
これまでにあった移籍の話題
ページャ(フィオ)・・・移籍かと言われたエスパニョール側が、噂を否定
サヴォ(パルマ)・・・ベティスが獲得を希望するも、パルマは放出を否定
イヴァン・トミッチ(ローマ)・・・フィオ移籍は拒否。代わりにブレッシャ、ボローニャ、トリノへのレンタル移籍か
ナジ(オビエド/スペイン2部)・・・給料未払いのオビエドに愛想が尽き、古巣パルティザンへの復帰を熱望
コツィッチ(ズヴェズダ)・・・若手の台頭で出番がなく、キプロスのエスコニス・アクナへ移籍
サシャ・ステヴァノヴィッチ(OFK)・・・ディナモ・モスクワのトライアルを受けたが、その後外科手術を受けることを決めた。外国の数チームからオファーがきている模様
02/01/11
ズヴェズダのズラティボルでのキャンプがスタート。26名の選手の中に、移籍が噂されるグロゴヴァツ、アチモヴィッチ両選手も帯同。 ミレは「春までツルヴェノ・ベリ(赤と白=ズヴェズダ)のユニフォームを着ているだろう」と語っている。チームは25日まで当地でトレーニングを行った後、2月までキプロスでキャンプの予定。


Back